エンジェル税制とは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジェル税制 [読み:えんじぇるぜいせい] [英語名:Tax system for angel]

祐作:先輩、エンジェル税制ってなんですか?

兜:ふむ、エンジェル税制というと、ベンチャー企業の株式を所有するエンジェル(投資家)に対しての優遇税制のことだな。

祐作:どんな税制ですか?

兜:1997年の税制改正において創設されたんだ。そこでは、株式購入時、売却して利益を得た時、損失を受けた時など、さまざまな面で税の優遇措置が設定された。
さらに、2003年にはエンジェル税制は改正されて、「投資家が、ベンチャー企業の株式を取得した場合、同じ年に他の株の売買益がある場合には、ベンチャー企業株の取得金額をその売却益から控除できる」などの制度がつくられているよ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする