カブドットコム証券、制度信用取引の買方金利を引き下げ。 大口顧客の金利優遇制度も導入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.20 Last Update!

カブドットコム証券制度信用取引の通常の買方金利を、2012年8月1日に引き下げました。

制度信用取引の通常の買方金利は、3.07%(年率)から2.98%(年率)に下がっています。

また、カブドットコム証券における信用取引の大口顧客は、2012年8月から制度信用取引も一般信用取引も両方、買方金利が優遇されています。「大口顧客・優遇金利制度」が導入されているわけです。

▼2012年12月20日追記 : 2013年1月10日から信用ゴールドプランの適用条件が緩和となります。

現在、「信用取引で前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金合計が5億円以上」のユーザーが、ゴールドプランの適用者となっています。しかし、2012年1月からは4億円以上のユーザーが、ゴールドプラン適用となります。

▼「信用ゴールドプラン」 【改定後】 2013年1月10日(木)から適用

「前1ヶ月の 建玉残高」 または 「新規建約定代金」が合計4億円以上のユーザーは、信用ゴールドプランが摘要され、金利が一般ユーザーより0.3%優遇されます↓

<信用ゴールドプラン>
前1ヶ月の 建玉残高 または 新規建約定代金合計※
4億円以上の場合
手数料0円【無料】
買方金利: 制度信用2.68%、一般信用3.30%
(0.3%優遇)

▼2012年10月25日追記 : 2012年11月1日から信用プラチナプランの金利がさらに安くなります。

▼2012年11月1日から摘要の新しい金利 「信用プラチナプラン」

「前1ヶ月の 建玉残高」 または 「新規建約定代金」が合計30億円以上のユーザーは、信用プラチナプランが摘要され、金利が一般ユーザーより0.92%優遇されます↓

<信用プラチナプラン>
前1ヶ月の 建玉残高 または 新規建約定代金合計※
30億円以上の場合
手数料0円【無料】
買方金利: 制度信用2.06%、一般信用2.68%
(0.92%優遇)

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~

2012年7月18日

●制度信用金利を引下げ

2012年8月1日(水)以降、制度信用金利を3.07%(年率)から2.98%(年率)に一律引き下げます。

変更前
制度信用買方金利(通常) 3.07%

 ↓

変更後
制度信用買方金利(通常) 2.98%

~~以下、カブドットコム証券の別ページから抜粋~~

2012年12月19日

信用取引の一ヵ月間手数料無料・金利優遇条件を20%緩和
~ 前日取引・前1ヶ月取引基準を併用しお取引内容に問わず無料とするのはカブドットコム証券だけ ~

カブドットコム証券株式会社は、2013年1月10日(木)(予定)から、信用取引の1ヶ月間手数料無料・金利優遇(0.3%)プラン(ゴールドプラン)の適用条件を大幅に緩和します。現在、前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金合計が5億円以上のお客さまに適用していますが、この条件を20%引き下げ、前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金合計が4億円以上のお客さまに適用範囲を拡大してまいります。

カブドットコム証券株式会社では2008年10月から前営業日の「建玉残高」または「新規建約定代金」に応じて、信用取引手数料を最大無料とする手数料体系を導入し、信用取引の手数料無料化を推進してまいりました。さらに2012年8月に1ヶ月間の手数料無料プラン(プラチナ/ゴールドプラン)を導入するなど信用取引の低コスト化に向け、今後とも更なるサービス改善に努めてまいります。

また、2013年1月1日より金融商品取引法第161条の2に規定する取引及びその保証金に関する内閣府令の一部改正により、信用取引に係る委託保証金の計算方法等が変更となります。この変更は、信用取引を利用されるお客さまの資金効率の大幅アップにつながるもので、株式取引の活性化につながるものと期待されております。

●信用手数料1ヵ月間無料・優遇金利適用条件を緩和。

前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金に応じ、信用手数料を1ヵ月間無料とし信用取引の買方金利を優遇する大口取引向けプラン「信用ゴールドプラン」の適用条件を引き下げます。

【改定前】

<信用ゴールドプラン>
前1ヶ月の 建玉残高 または 新規建約定代金合計※
5億円以上の場合
手数料0円【無料】
買方金利: 制度信用2.68%、一般信用3.30%

 ↓

【改定後】 2013年1月10日(木)から適用

(新)<信用ゴールドプラン>
前1ヶ月の 建玉残高 または 新規建約定代金合計※
4億円以上の場合
手数料0円【無料】
買方金利: 制度信用2.68%、一般信用3.30%

※その他、当社が定めたお客さまに上記手数料・金利を適用いたします(詳しくは当社お客様サポートセンターまでお問い合わせください)。

※前1ヶ月の建玉残高…判定期間最終日(前月20日・休業日の場合は繰り上げ) (約定日ベース)に返済されていない建玉総額です。

※前1ヶ月の新規建約定代金合計…判定期間開始日(前々月21日)~終了日(前月20日)(約定日ベース)までの新規建約定代金(売建・買建、内出来を含む)の合計です。

※金利優遇対象となる建玉は適用期間に受渡ベースで保有されている建玉です(日計り分を含む)。

※適用期間当月1日の午前6:00以降に発注いただいたご注文が手数料無料対象となります。

※強制返済時の手数料には、手数料割引率が適用されません。

 ~~中略~~

●カブドットコム証券の信用取引手数料体系・買方金利優遇プラン~信用プラチナプラン、信用ゴールドプラン

前営業日の新規建約定代金、建玉残高を基準とする手数料無料条件に加えて、前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金が4億円以上のお客さまの信用取引手数料を当月1ヶ月間無料となります。

前営業日の建玉残高

または前営業日の新規建て約定代金合計※

前1ヶ月の建玉残高

または新規建約定代金合計

0円以上
3,000万円未満
3,000万円以上
5,000万円未満
5,000万円以上
6,000万円未満
6,000万円以上 <ゴールド
プラン>
4億円以上
<プラチナプラン>
30億円以上
50万円以下 483円 458円 338円 0円/無料 手数料0円/無料

買方金利
0.3%優遇
手数料0円/無料

買方金利
0.92%優遇
100万円以下 798円 758円 558円
200万円以下 987円 937円 690円
500万円以下 1,155円 1,097円 808円
500万円超~ 1,260円 1,197円 882円

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

カブドットコム証券が信用取引の大口顧客の買方金利を改定したので、後日、当サイトの下記の二つの記事を更新する予定です。

ちなみに、下記の3社も今年から、信用取引の大口顧客の優遇金利を導入しています。

3社の大口顧客の金利引き下げについて詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

▼関連記事

信用取引 手数料比較表

一日定額制 「信用取引 手数料比較表」

信用取引とは【株式用語解説】

制度信用取引とは【株式用語解説】

一般信用取引(無期限信用取引)とは【株式用語解説】

GMOクリック証券、株式の現物取引の手数料を値下げ

楽天証券、株取引の新手数料体系「超割コース」を12月に開始。 大口顧客の手数料を割引

SBI証券、スタンダードプランの株式手数料を値下げ

信用取引口座開設の際に収入印紙代が無料な証券会社

逆日歩のかからない空売りをする方法

カブドットコム証券、「一般信用(売短)」の貸株料を3.9%に引き下げ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする