SBI証券、スタンダードプランの株式手数料を値下げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【以下の内容は、2012年11月9日現在の情報です】

SBI証券には、一つの注文の約定代金によって株式手数料が決まる「スタンダードプラン」という手数料体系があります。

2012年11月30日から、SBI証券がこのスタンダードプランの株式取引手数料を値下げすると発表しました。

11月30日から、SBI証券のスタンダードプランの現物取引の株式手数料は、下記のようになります。

▼「スタンダードプラン」新旧手数料の比較(税込)














































1注文の約定代金

新手数料

11月30日までの手数料

10万円以下の場合

145円

145円

10万円を超え 20万円以下の場合

194円

194円

20万円を超え 50万円以下の場合

285円

358円

50万円を超え 100万円以下の場合

511円

639円

100万円を超え 150万円以下の場合

611円

764円

150万円を超え 3,000万円以下の場合

967円

1,209円

3,000万円超の場合

1,021円

1,277円

↑黄色をつけた部分が、今回の改定で値下がりする価格帯になります。

また、11月30日からスタンダードプランにおける信用取引では、約定代金50万円以上の注文の手数料が400円から378円に値下がりします。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

株式会社SBI証券

全てのお客様が対象!国内株式取引手数料を大幅引下げ!

SBIsec_standard_plan_nesage_20121108_01.gif

2012/11/30約定分より、国内株式のインターネット取引(現物・信用)手数料の、1注文の約定代金に応じて手数料が決まる「スタンダードプラン」を、最大20%引下げいたします!

新手数料が適用となるための信用建玉残高等の預り残高や売買代金等の取引条件は一切なく、当社のスタンダードプランをご利用の全てのお客様が対象です!この機会に、お得なSBI証券をぜひご利用ください!

新株式手数料体系

▼現物取引(スタンダードプラン)

約定代金50万円以上の全ての手数料を引下げいたします。

SBIsec_standard_plan_nesage_20121108_03.gif

▼信用取引(スタンダードプラン)

約定代金50万円以上の全ての手数料を引下げいたします。

SBIsec_standard_plan_nesage_20121108_04.gif

▼PTS取引

約定代金50万円以上の全ての手数料を約20%引下げいたします。

SBIsec_standard_plan_nesage_20121108_05.gif

※2012/11/30約定分より適用
※全て税込みの手数料となります。
※インターネットコースのお客様が対象となります。(インターネット・モバイル端末・IVRシステム取引)

主要ネット証券※1の国内株式手数料比較

1注文の約定代金に応じてかかる手数料の比較です。約定代金30万円以上は主要ネット証券※1№1の安さ!

SBIsec_standard_plan_nesage_20121108_06.gif

※1 「主要ネット証券」とはSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指しますが、松井証券は1注文の約定代金に応じてかかる手数料体系がないため掲載しておりません。(2012/11/8現在)

※2 楽天証券の超割コース(プラチナ)は2012年12月より適用予定。1ヶ月の投信平均残高500万円以上、信用建玉平均残高1,500万円以上、信用新規建約定金額合計5億円以上のいずれかを達成する必要があります。(2012/11/8現在)

主要ネット証券(※1)のアクティブプラン現物取引手数料比較

1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「アクティブプラン」も、業界最低水準!

SBIsec_standard_plan_nesage_20121108_07.gif

2012/11/8現在 SBI証券調べ

※1 「主要ネット証券」とはSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指しますが、カブドットコム証券は1日の約定代金合計額に応じてかかる手数料体系がないため掲載しておりません。(2012/11/8現在)

~~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~~

ちなみに、今回のSBI証券の株式手数料値下げは、楽天証券による大口顧客の手数料割引の導入に対する対抗措置と思われます。

今月のSBI証券の値下げと楽天証券の値下げですが、内容に違いがあります。楽天証券で値下げの恩恵を受けたい場合は「投資信託を100万円以上保有する」などの条件が必要です。

SBI証券の値下げは特に条件はなく、SBI証券のスタンダードプランを利用しているユーザーは、全員値下げが摘要されます。

なお、2012年11月30日にSBI証券が株取引手数料を値下げするので、後日、当サイトの「ネット証券 手数料比較表」と「信用取引 手数料比較表」いう記事を更新する予定です。

▼関連記事

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

信用取引 手数料比較表

一日定額制 「信用取引 手数料比較表」

信用取引の金利比較表 (制度信用取引版)

信用取引の金利の安さランキング (一般信用取引版)

SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする