楽天市場の店舗から個人情報流出 Winny経由か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月31日、楽天が楽天市場および楽天フリマに出店している2店舗から、個人情報を含む注文確認メールなど合計463件が流出したことを確認したと発表しました。以下、楽天のウェブサイトからの抜粋です。

「ミキインテリア」(楽天市場)および「風林火山」(楽天フリマ)の注文確認メール等463件の流出についてのお知らせ

楽天市場出店店舗の「ミキインテリア」(運営:佐賀県佐賀市 ミキインテリア)および楽天フリマ出店店舗の「風林火山」運営:千葉県市川市 有限会社ニュートラル)において、個人情報を含む注文確認メール等が流出したことを確認致しました。当該店舗が使用するパソコンがウィルスに感染し「Winny」を通じて流出した可能性が高いと考えられます。
なお、詳細は以下の通りとなっております。

■ミキインテリア
 ・件数     174名分
 ・対象期間  2005年5月から2005年9月のお取引の一部
 ・内容     注文確認メール(注文者氏名、フリガナ、住所、電話番号、emailアドレス、
          購入商品、送付先等)
          商品に関するお問合せメール(お客様がお問い合わせ時にご入力された
          お名前、emailアドレス、お問い合わせ内容)
※なお、クレジットカードに関する情報は一切含まれておりません。

■風林火山
 ・件数      289名分
 ・対象期間  2005年3月から2006年2月のお取引の一部
 ・内容     受注確認メール(注文者氏名、住所、電話番号、emailアドレス、
          購入商品等)
          商品受注通知メール(同上)
          お取引に関連して店舗から注文者へ送信したメール、(同上)
          店舗が注文者から受信したメール(同上)
※なお、クレジットカードに関する情報は一切含まれておりません。

上記対象のお客様には、当該店舗でご利用になったメールアドレス宛に別途ご連絡を差し上げております。連絡のないお客様は今回流出の対象外となります。

また、弊社はこれまで、「Winnyなどファイル交換ソフトの利用禁止」や「有償ウィルス対策ソフト利用」を楽天市場および楽天フリマの全店舗に対して促しておりましたが、この度、出店店舗からお客様の情報が流出したことは誠に残念であり、重大なものと受け止めております。

今回の件を受け、弊社は出店店舗に対し、改めて注意喚起を行うとともに個人情報保護の徹底や情報管理の支援を更に強化してまいります。

弊社では楽天市場カード決済代行あんしんサービスおよびR-Card Plusの導入により、クレジットカード情報が出店店舗に表示されない万全の体制を整備しております。なお、今後もWinny等による情報流出が確認された場合には、速やかに情報開示してまいります。


以上

2006年7月31日
楽天株式会社

楽天市場は店子が10000以上も入っているショッピングモールなので、店舗の中には上記のようなセキュリティ意識の低いところもあります。これは数の問題でどうしようもないでしょう。

さて、今回の個人情報流出問題は、取引時間中には楽天の方から発表されていたのですが、今日の楽天の株価は-800円(-1.47%)とほとんど下がりませんでしたね。

先日、KDDIのプロバイダー「DION」のユーザー情報約400万人分が外部流出しましたが、そのときもほとんど株価は下がりませんでした。

クレジットカード情報の大量流出でもしなければ、誰も驚かない世の中になってしまったのでしょう。

▼関連リンク
顧客情報400万件流出でもKDDIの株価は強い?

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする