松井証券でシステム障害が発生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月25日の前場、松井証券でシステム障害が発生しました。以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

▼第一報

【不具合のご連絡】発注処理の一部遅延について

■掲載日時 07/25 09:00
現在、次の状況が確認されています。
お客様にはご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。

現在、各取引所への発注処理を行っています。
なお、寄付に間にあわなかった注文については、
精査を行い、約定等の処理を行います。
※発注処理が完了するまで、訂正、取消を行うことができません。
ご了承ください。

■システム障害時専用フリーコール
0120-811-406

▼続報

2006年07月25日

不具合復旧のお知らせ


7月25日(火)08:00~09:26頃まで、発注処理の一部遅延が確認されました。

お客様にはご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。発注処理遅延中にネットストックで受付けた注文については、市場での取引を照合し、約定内容が正常でないと当社が判断した場合、当社が責任を持って処理いたします。発生日 2006年7月25日(火)

概要 

発注処理が一部遅延していました。発注処理遅延中の注文については、精査を行い、約定等の処理を行います。
対応状況 現在、復旧しています。


この度は、お客様に多大なるご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。重ねてお詫び申し上げます。

ご不明な点は、松井証券顧客サポートまでお問い合わせください。

▼備考

■システム障害時の対応について
1. システム障害の定義

システム障害とは、お客様がネットストックシステムを通じてご注文いただけない状態で、かつネットストックシステムに明らかな不具合があると当社が判断した場合、また、お客様のパソコン、回線の不具合が原因でない場合をいいます。

2.システム障害発生の連絡について

システム障害が確認され、インターネット経由での取引に支障をきたした場合、当社ホームページ-【ニュース】および会員画面内上部【ホーム】-【お知らせ】に、システム障害のお知らせを掲載します。
このお知らせは、システム障害が起こっていることを迅速にご連絡することを主旨としています。掲載時には障害の詳細が把握できていないことが予想されます。詳細については、確認が取れ次第、随時ご連絡します。

3. システム障害時の受注体制

システム障害により、インターネット経由での取引に支障をきたした場合、 国内株取引とオプション取引に関しては 「システム障害時専用フリーコール」で注文を承ります。 その他の商品に関しては 、障害時においても電話による受注体制を用意していません。
注文の円滑な執行のため、障害時には「システム障害時専用フリーコール」以外では電話による注文は受付けできません。通常時に、電話による注文を受付けている「サポートフリーコール」では注文を受付けることはできませんのでご注意ください。
「システム障害時専用フリーコール」で受付けた注文の手数料については、インターネット経由注文時の手数料(ボックスレート)を適用します。システム障害時専用フリーコール 0120-811-406
注文以外のお問い合わせはサポートフリーコールにお願いします。
※システム障害時専用フリーコールは障害時のみご利用いただけます。
サポートフリーコール 0120-953-006 (03-5216-8628)
受付時間:平日08:30~17:00
一般的なお問合わせ等はこちらにお願いします。
※システム障害時はサポートフリーコールでは注文を承ることができませんので、ご注意ください。
お客様相談室 0120-953-606 (03-5216-0607)
受付時間:平日08:30~17:00
取引についての相談、取引内容についてご不明な点の照会にご利用ください。
※お客様相談室では注文を承ることができませんので、ご注意ください。


4. システム障害発生以前に受付けたお客様からの注文について

システム障害発生以前にネットストックで受付けた注文については、市場での取引を照合し、約定内容が正常でないと当社が判断した場合、当社が責任を持って処理いたします。

約定内容が正常でないと当社が判断した場合、当社がシステム障害のために執行できなかったものとして、お客様の発注時間(ネットストックの受付時間)から判断し、当然に約定すべき値段で過誤処理を行います。過誤処理の方法には約定を付ける方法と、差額金を入金する方法があります。過誤処理を行う場合、監督官庁、取引所等にその旨を届け出ています。

※ 約定を付ける方法とは、システム障害により、お客様から委託された注文を、取引所の市場によって執行することができなかった場合、自己(松井証券)がその相手方となって市場外で注文を成立させる方法です。約定を付ける際は、取引所が定めるところにより、あらかじめ取引所の承認を受け、当該承認にかかる有価証券の売付、買付を、取引所が適正と認める値段により、注文を成立させます。

※ 差額金を入金する方法とは、本来の委託注文を執行することで生じる売買代金と、システム障害により、誤って約定してしまった売買代金の差額(証券会社が負担)を、お客様の口座で清算する方法です。

その他ご不明な点がありましたら、障害時の取扱い(Q&A)にてご確認ください。

▼ヤフーの掲示板でも騒ぎになりました。

トラブル発生!!!

松井証券はシステム障害の少ない証券会社だったので残念に思います。私は松井証券で日経225miniの取引をしているので人事ではありませんし。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年6月30日まで口座開設とFX取引で、現金3000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする