大証、日経225先物取引の昼休みを廃止

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪証券取引所が2011年2月14日から、新しいデリバティブ売買システムである「J-GATE」をスタートさせます。

J-GATE導入に伴い、「日経225先物や日経225miniの取引」の昼休みが廃止となります。2月14日から日経225先物や日経225miniの日中の取引時間は9:00~15:10です。

夜間取引(イブニング・セッション)は、16:30~23:25となります。

以下、大阪証券取引所のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

取引時間の変更 | 大阪証券取引所

日本の株式市場の昼休み時間帯における経済情勢・他のアジア市場の動向等に対応したヘッジ取引等のニーズ拡大を踏まえて,先物・オプション取引における午前立会と午後立会の間の時間帯(場間)を廃止するなど,取引時間を一部変更します。

また,当社は,平成22年7月20日に株価指数先物・オプション取引のイブニング・セッション取引時間を午後11時30分まで延長しましたが,J-GATEの稼働以降,さらなる取引時間の延長を検討して参る予定です。

1.見直しのポイント

午前立会と午後立会の場間(昼休み)を廃止し,日中は「1場制」にします。

緊急取引証拠金の発動は,午前11時時点の先物価格に基づき判定します。

現物売買は,現行どおり,昼休みがあります。

取引終了時の取引方法の変更に伴い,取引終了時の板寄せ前に,5分間注文受付時間(プレ・クロージング)を設けます。

プレ・クロージングは,取引開始時の板寄せ前に設けている注文受付時間(プレ・オープニング)と同様,注文のみを受け付け,マッチングを行わない時間帯です。

取引終了時の取引方法の変更の詳細は,「板寄せによる約定値段の決定方法の見直し」をご覧ください。

またプレ・クロージングを設けることを踏まえて,日中立会終了時刻を全商品午後3時15分に統一します。

日中立会に関しては,東証現物市場の午後立会が終了する午後3時以降,投資家がポジション調整等を行う時間帯として,現行と同程度のザラバ取引の時間を設ける必要があるため,全商品の日中立会終了時刻を現行の日経300先物取引のものにあわせることとしたものです。

イブニング・セッションは,ザラバ取引の時間を5分間短縮し,現行通り,午後11時30分を取引終了時刻としています。

2.J-GATE稼働時からの先物・オプション取引のタイムスケジュール

J-GATE稼働時からの先物・オプション取引のタイムスケジュールは,次のとおりになります。

▼タイムスケジュールのイメージ図

↓クリックで拡大可能

ose20110117.gif

タイムスケジュールの解説

日中立会 イブニング 概要
オープニング
オークション
8:00~9:00 16:15~16:30 注文のみを受け付けてマッチングを行わない(プレ・オープニング)。
9:00 16:30 板寄せ方式によるマッチングを行う(取引が成立しなければ,ザラバに移行)。
レギュラー
セッション
(ザラバ)
9:00~15:10 16:30~23:25 現行と同じザラバ方式による取引が原則(取引の一時中断又は停止を行った場合は,板寄せ方式により取引再開)。
クロージング
オークション
15:10~15:15 23:25~23:30 注文のみを受け付けてマッチングを行わない(プレ・クロージング)。
15:15 23:30 板寄せ方式によるマッチングを行う(取引が成立しなくても,現行どおり)。

(*)個別証券オプション取引はイブニング・セッションの対象外です(現行と同じです)。

現行の先物・オプション取引のタイムスケジュールについては,「立会時間」及び「イブニング・セッション」のコーナーをご覧ください。

~~~以上、大証のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

大証が日経225先物の夜間取引時間を延長か?

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする