7月18日にカブドットコム証券でシステム障害が発生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月18日にカブドットコム証券
でシステム障害が発生しました。以下、カブドットコム証券の会員用ウェブサイトのログイン後の画面からの抜粋です。

お詫び 07/19(水)
7/18システム障害について [重要]

7/18(火)発生いたしましたシステム障害の影響により、お客様の円滑なお取引機会を損なう事態を招きましたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。これまでの調査結果に基づきまして、障害の原因及び対策について取りまとめいたしましたのでご報告させていただきます。

■経緯
7/18(火) 14:30頃より、注文/約定結果の反映、及び、入金、保証金/証拠金振り替えの反映が遅延いたしました。注文/約定結果の反映につきましては、15:20頃より順次、結果の反映を行い、15:52頃、総てのご注文の反映処理が終了いたしました。
また、入金、及び、保証金/証拠金振り替えの反映につきましても、15:40頃終了いたしました。

なお、7/18(火)の受注内容および執行結果については、弊社SLAサービスに基づき、当該のお客様へは7/18(火) 22:35頃にご案内させていただきましたので、7/20(木)午前9時までにご回答いただけますようお願い申し上げます。

◎精査のご案内は「サポート」メニューの「精査に関するご案内」から詳細をご報告させて頂いております。弊社でご提示差し上げた内容について承認頂けたお客様より順次、値合金処理(差額のお支払い)等事後処理をさせていただきます。

弊社では、受注状況等総て正確に把握しており、原状回復に向けて最大限の努力を持って対応して参ります。

■原因・対策
本障害は、当社バックオフィス(勘定系)データベースサーバにおける、データ更新履歴(ログ)を格納する領域の不足により、発生いたしました。7/15(土)は連休を利用したデータベースの最適化処理を実施致しておりました。最適化処理自体は正常終了し、データベース全体のデータ領域の使用量は10%削減され、良好な結果となりました。しかしながら、この最適化処理での事後処理にて、その結果のログは削除されるべきでしたが、設定不備により、そのログを全て残すような設定となっておりました。最適化処理後の確認においては、データベースに対する動作チェック、CPU負荷などの確認作業を行い、正常に検索、更新処理が行われておりましたが、その状態のまま7/18(火)のオンラインを迎えたところ、14:30頃までの時間において、残りのログ領域が消費され、14:30頃、ログ領域が一杯となり、データベースの書き込み障害が発生し、約定等の取引所からの電文が反映できない状況となりました。

14:30頃、勘定系アプリケーションからのエラーを検出し、直ちに調査を開始いたしました。勘定系データベースに対しては正しく検索が行えていた事から、勘定系アプリケーションに問題があると想定し、勘定系アプリケーションサーバの従系機への切り替えを行う等の対策を行いました。しかし当該対策では改善せず、15:10頃、データベース本体のログ領域が一杯である事を検知し、休日の最適化処理のログを削除する対応を行いました。15:20頃に、反映遅延していた14:30からの約定データを順次反映させ、15:52に全ての反映処理を終了致しました。

本障害の根本原因となった臨時作業における設定不備および、障害からの復旧に時間を要してしまった点につきまして、以下の内容の対策を行ってまいります。
 ・7/18(火)、予防保守のため、すべてのハードウェアの総点検を行い、データ容量、ネットワークを含めたシステム全体の動作状況確認を実施致しました
 ・本年8月末迄に、勘定系データベースの空き領域や異常値を検出するための、専用監視ツールの導入を行います。
 ・本年9月中に、ISO9001・ISMSに基づいた第三者機関による外部監査を実施し、改めて品質管理の強化を図ります。


この度は、大変ご迷惑ご心配をお掛けし誠に申し訳ございません。重ねてお詫び申し上げます。
今回の障害に対する一連の対策を通じて、御客様の信頼を一日も早く回復できるよう、全力を尽くしてまいりますので、今後ともご指導、ご愛顧のほど何卒よろしくお願いいたします。

ヤフー掲示板で大騒ぎになっているかと思ったんですが、思ったほどでもないですね。

大引け20分前←ヤフー掲示板カブドットコム証券スレッドへのリンク

カブドットコム証券には、「SLA(サービス品質保証制度)※」があるからでしょうか。

 ※SLA(サービス品質保証制度)・・・5分を超えて注文処理が遅延した場合には、仮に遅延がなかった場合に約定したであろう最良価格と比較し、顧客に不利な場合にはその差額を返却する制度。

他の大手証券会社で障害が起こったら、ヤフー掲示板の該当証券会社のスレッドが大荒れするんですけどね。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする