日経225ミニを一枚売りました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日(7月18日)、大阪証券取引所で日経225miniの取引が始まりましたので、私も取引に参加してみました。

 取引経過:07/18 [10:43]に1枚14,590円で売建→07/18終値14,400円

今のところ、190円分勝っています。日経225miniの最低取引単位(1枚)は、日経平均株価(日経225)の100倍ですから、現時点での含み益は、190×100=19000円ということになります。

しかし、実は私、今日は他にある現物株を478000円で買いまして、その株は475000円まで値下がりしています。「日経225miniの含み益」と「現物株の含み損」を合算すると16000円の含み益ということになります。

現物株のリスクヘッジとして日経225miniの空売りをしたわけですが、日経平均株価の下げが早すぎたため日経225miniの方で含み益が出ました。理想的には、現物株を買わなければよかったわけですが、まあそれは贅沢というものですね。

日経225miniの取引ですが、株の信用取引に比べ仕組みは単純に感じます。

株の信用取引は、空売りの際に、以下の四つの面倒な要素があります。

・空売り可能な貸借銘柄を覚えないといけない。
逆日歩に気をつけないといけない。
・貸借銘柄でもいきなり証券会社から「売り禁止銘柄」に指定されることがある。
貸株料を取られる。

日経225miniや日経225先物取引には、この辺りの煩わしさがないのはいいと思います。特に金利や貸株料を取られないのはいいですね。

ただ、日経225miniは一回の取引の枚数を多くすると、株の信用取引以上の超ハイリスクハイリターン取引が可能になるので、これには注意が必要です。また、日経225miniは取引に期限があり塩漬けが不可能なため、損切りができない性格の方は手を出すべきではないでしょう。

▼日経225ミニの手数料比較表を作成しましたので、ぜひクリックしてご覧下さい。

日経225mini手数料比較表

▼当サイト関連記事

日経225ミニの取引を始めるまでの手順

日経225ミニを一枚売りました

日経225miniとは (初心者向けの解説)

先物取引とは

株価指数とは

日経225先物取引とは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年3月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする