日経225ミニの取引を始めるまでの手順

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼日経225ミニの取引を始めるまでの手順
1・日経225miniを取り扱っている証券会社に口座を開設する
2・証券口座が開設できたら「日経225先物取引口座」を開設する※
3・日経225先物取引口座に入金する
4・日経225miniに注文を入れる (終)

 ※トレイダーズ証券はデリバティブ専門の証券会社なので、最初から「日経225先物取引口座」を開設することができます。

▼私の日経225mini取引までの実例

本日(7月18日)、大阪証券取引所で日経225miniの取引が始まりましたので、私も取引に参加してみました。

証券会社は松井証券を使いました。

私の場合、松井証券の証券口座を2005年から持ってまして、今月の初めに新たに「先物オプション取引口座」を開設しました。

まず、7月2日に松井証券のウェブサイトにログインし「口座管理」の「各種口座開設状況」の画面から、先物・オプション取引口座の開設希望を出しました。その際、先物取引に関する知識を確認する質問が10件ほどありました。

「先物オプション取引口座開設申込書」を送ってもらうには、質問に回答しなければなりません。

質問に答え操作を終えること数日、松井証券から下記のような連絡が届きました。

■掲載日時 07/06 14:00
お申込みいただいた先物・オプション取引口座開設の審査が終了しました。
当社よりお客様の登録住所へ「先物・オプション取引口座設定約諾書」を送付します。内容を確認後、必要箇所にご署名のうえ、ご返送ください。
※「オプション買取引口座」、「先物・オプション取引口座」ともに、「先物・オプション取引口座設定約諾書」を送付します。

「審査が終了しました」と書かれていたんですが、電話での審査はありませんでした。ネットでの質問にきちんと答えていれば、それで問題ないようです。

私の家は、東京から700kmほど離れた地方都市にありますが、「先物・オプション取引口座設定約諾書兼同意書」に署名・捺印し7月9日にポストに投函したところ、7月13日には「先物オプション取引口座」の開設が完了していました。

先週末に入金を済ませ、今日(7月18日)、日経225miniの取引を行うことができました。1枚新規売りです。今のところ、まだ反対売買はしていません。まあ、練習なので負けてもしょうがないかと思っています。

見た感じ、日経225miniの値動きは、日経225先物の値動きを追いかけているようです。ちなみに、「日経225mini 06年09月」ものの出来高は7月18日の前場だけで10819枚ありましたので、流動性はかなりあると思います。今後もこれくらい出来高があればいいんですが・・・。

▼日経225ミニの手数料比較表を作成しましたので、興味がある方はクリックしてください。

日経225mini手数料比較表

▼当サイト関連記事

日経225ミニを一枚売りました

日経225miniとは (初心者向けの解説)

先物取引とは

株価指数とは

日経225先物取引とは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年2月28日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする