リアルタイム株価自動更新「カブボードフラッシュ」がリニューアル、スマホでも利用可能に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券が 2012年10月25日に無料リアルタイム株価自動更新サービス「カブボードフラッシュ」をリニューアルすると発表しました。

新しいカブボードフラッシュは銘柄登録数が90から180銘柄に増えます。

また、文字サイズを3サイズから選択できるようになります。

そして、iPhoneやAndroidのスマートフォンで利用できるスマート版の「カブボードフラッシュ」 「先物ボードフラッシュ」 「OPボードフラッシュ」もリリースされます。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~

2012年10月18日

人気No.1無料リアルタイム株価自動更新「カブボードフラッシュ」リニューアル
~ 登録銘柄数を180銘柄に倍増、テーマ色変更や銘柄位置変更機能等を追加、スマートフォンでもご利用可能 ~

カブドットコム証券株式会社は、2012年10月25日(木)夕刻(予定)に、当社で人気No.1の無料リアルタイム株価自動更新サービス「カブボードフラッシュ」「カブ板ボードフラッシュ」「カブボードフラッシュ90(カブボードフラッシュ180)」「カブボードチャート」「先物OPボードフラッシュ」等のフラッシュサービスをリニューアルいたします。

新しい「カブボードフラッシュ」は、従来の登録銘柄数の二倍である180銘柄の登録が可能になり、テーマ色の変更や、登録銘柄位置変更機能、文字サイズ変更機能等、従来の「カブボードフラッシュ」には無かった便利な機能が加わります。また、ブラウザのみで稼動し、iPhoneやAndroidのスマートフォンに最適化したスマート版の提供も開始いたします。

● 「カブボードフラッシュ」リニューアルのポイント

カブボードフラッシュは、当社でご提供している投資情報ツールの中でも、過不足ないシンプルな機能と便利さで、 長年多くのお客さまにご愛顧いただいております。今回のリニューアルでは、従来の表示や操作性を引き継ぎつつも、以下のとおり機能が向上します。

旧・カブボードフラッシュ 新・カブボードフラッシュ
銘柄登録数 90銘柄 180銘柄
銘柄登録/削除 別画面に遷移して登録/削除 カブボードフラッシュ内で登録/削除
銘柄位置変更 不可 カブボードフラッシュ内でドラッグ&ドロップにより位置変更が可能
指数表示 日経平均、TOPIX、日経JQ 日経平均、TOPIX、ドル/円・ユーロ/円為替レート*
文字サイズの変更 不可 可(3サイズから選択)
テーマ色の変更 不可 ボード部、枠組み部で設定可能
カブボードチャートでは、チャートカラーを設定可能
売買連携等リンクボタンの
表示有無設定
不可

*大証FXのBID

旧・先物OPボードフラッシュ 新・先物OPボードフラッシュ
文字サイズの変更 不可 可(3サイズから選択)
テーマ色の変更 不可 ボード部、枠組み部で設定可能
日経平均オプション
表示項目
理論値、デルタ、ガンマ、セータ、ベガの表示を追加

●開発へのこだわり/スマートフォンに最適化したスマート版もご提供

現在のWebアプリケーションではHTML5技術などを利用した高い表現力、優れたユーザービリティを備えたリッチなアプリケーションが台頭しています。

このような背景を受け、新しいフラッシュサービスでは通信部にAjax、画面実装にはHTML/CSS・JavaScriptのみを使用して開発を行いました。

これにより、新しいフラッシュサービスは、追加のプログラムのインストールを不要とし、ブラウザのみで稼動します。さらに、iPhoneやAndroidのスマートフォンに最適化したスマート版の「カブボードフラッシュ」「先物ボードフラッシュ」「OPボードフラッシュ」もご利用いただけます。

kabu_board_flash_20121018_01.jpg

kabu_board_flash_20121018_02.jpg

● フラッシュサービスの主な提供機能
カブボードフラッシュ / カブ板ボードフラッシュ / カブボードフラッシュ180 / カブボードチャート

対象商品 国内株式(東京、大阪、JASDAQ、名古屋、福岡、札幌)
対象指数 日経平均、日経300、日経500、日経JQ、日経平均VI、TOPIX、TOPIX Core30、東証指数大型、東証指数中型、東証指数小型、東証REIT指数、東証2部指数、東証マザーズ指数、大証250(1部)、大証300(1部)、大証40(2部)、JASDAQ INDEX、J-Stock Index、JQ IDX S、JQ IDX G、NYダウ
登録銘柄数 180銘柄
板フラッシュ 現在値、4本値、VWAP、出来高、前日比、騰落率、前日終値、売買代金、年初来高値、年初来安値、歩み値、複数気配(8本)

カブボードフラッシュ
ボード(18銘柄)×10ボード 現在値、4本値、出来高、前日比、騰落率、気配

kabu_board_flash_20121018_03.jpg

文字サイズ、フラッシュの有無、リンクボタンの表示有無を設定できます。

kabu_board_flash_20121018_04.png

kabu_board_flash_20121018_05.png

kabu_board_flash_20121018_06.png

ボード部は4種類から、枠組み部は6色から選択できます。

<色設定例>
オフホワイト×ピンク

kabu_board_flash_20121018_06b.jpg

ブラック×ベーシック

kabu_board_flash_20121018_07.jpg

▼カブ板ボードフラッシュ
ボード(9銘柄)×20ボード 現在値、4本値、出来高、前日比、騰落率、複数気配(5本)

kabu_board_flash_20121018_08.jpg

▼カブボードフラッシュ180
ボード(90銘柄)×2ボード
ボード(180銘柄)×1ボード
現在値、前日比

kabu_board_flash_20121018_09.jpg

▼カブボードチャート
ボード(18銘柄)×10ボード
1分ライン 期間1日の1分ラインチャート
5分ライン 期間1日の5分ラインチャート
日足 期間2ヶ月の日足、5日移動平均線、25日移動平均線
週足 期間6ヶ月の週足、13週移動平均線、26週移動平均線
月足 期間1年の月足、12ヶ月移動平均線、24ヶ月移動平均線

kabu_board_flash_20121018_10.jpg

▼先物OPボードフラッシュ

対象商品 日経平均先物、日経225mini先物、TOPIX先物、ミニTOPIX先物、TOPIX Core30先物、東証REIT指数先物、大証NYダウ先物、日経平均VI先物(全限月) 日経平均オプション(直近4限月)
ボード 先物情報は、現在値、前日比、騰落率
オプション情報は、現在値、4本値、出来高、前日比、気配、理論値、デルタ、ガンマ、IV、セータ、ベガ
板フラッシュ 現在値、4本値、VWAP、出来高、前日比、騰落率、前日終値、建玉、上場来高値、上場来安値、歩み値、複数気配(10本)

kabu_board_flash_20121018_11.jpg

◆ 動作環境(PC版)

対応OSブラウザ

・Microsoft Windows XP以上

・Microsoft Internet Explorer 7以上 (Internet Explorer最新版を推奨)

・Firefox最新版

CPU

XPの場合 : Pentium 4 プロセッサ以上

上記以外 : OSに必要なハードウェアの推奨最小要件以上(Core 2 Duoプロセッサ以上)

メモリ

XPの場合 : 1024MB以上

上記以外 : OSに必要なハードウェアの推奨最小要件以上(1GB以上)

ディスプレイ

画面解像度 : 1280×1024ピクセル以上

色 : 「True Color(32ビット)」を推奨

*推奨フォントサイズは以下の通り
Windows XP : 「通常のサイズ(96 DPI)」
Windows Vista : 「既定のスケール(96DPI)」
Windows 7 : 「96ピクセル/インチ」

※ フラッシュサービスは当社に口座をご開設いただいているお客さまに【無料】でご利用いただけるサービスです。ただし、らくらく電子交付(報告書等)未契約のお客さまはご利用いただけません。また、「先物OPボードフラッシュ」は、先物オプション取引口座をご開設いただいているお客さまのみご利用いただけます。

※ 従来のフラッシュサービスは、2012年11月22日(木)でサービスを終了する予定です。また、カバワラボードフラッシュは同日をもってサービスを終了いたします。

※ 上記環境を満たしている場合でも、表示画面の種類や数、その対象銘柄により、快適にご利用いただけないことがございます。

~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

カブドットコム証券のメリットとは

カブドットコム証券、「一般信用(売短)」の貸株料を3.9%に引き下げ

カブドットコム証券、制度信用取引の買方金利を引き下げ。 大口顧客の金利優遇制度も導入

カブドットコム証券、「ウルトラチャート」の無料提供を開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする