ネット証券大手7社の株式売買代金と口座開設純増数の比較 2013年5月分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトでは毎月、ネット証券大手7社の売買代金を比較しています。各社のユーザーの株式売買代金を見れば、どこの証券会社に勢いがあるのか判断ができると思います。

以下、2013年5月分のネット証券各社の売買代金の比較です。

▼2013年5月 ネット証券各社の「月間株式売買代金」の比較

(億円未満切り捨て)

会社名
月間株式売買代金
現物取引信用取引
月間株式売買代金 (前年同月比)※
増減率
(前年同月比)
SBI証券

18兆3107億円

+15兆7115億円

+604.4%

楽天証券

8兆2525億円

+7兆0930億円

+611.7%

松井証券
5兆8568億円

+5兆2992億円

+950.3%

GMOクリック証券
4兆2074億円
+3兆5295億円
+520.6%
カブドットコム証券
4兆0718億円
+3兆4965億円
+607.8%
マネックス証券
3兆7584億円

+3兆2491億円

+637.9%
岡三オンライン証券
2兆0760億円

+1兆5985億円

+334.8%
合計
46兆5338億円

※2013年5月の営業日は21日で、2012年5月の営業日も21日でした。

▼2013年5月 ネット証券各社の「一日あたり株式売買代金」の比較

(億円未満切り捨て)

会社名

一日あたりの株式売買代金
現物取引信用取引

一日あたりの株式売買代金
(前年同月比)
増減率
(前年同月比)
SBI証券

8719億円

+7481億円
+604.4%
楽天証券
3929億円
+3377億円
+611.7%
松井証券
2788億円
+2523億円
+950.3%
GMOクリック証券
2003億円

+1680億円

+520.6%
カブドットコム証券
1938億円

+1665億円

+607.8%
マネックス証券
1789億円

+1547億円

+637.9%

岡三オンライン証券
988億円
+761億円
+334.8%
合計
2兆2158億円

ちなみに、ネット証券大手の新規口座開設状況(2013年5月分)の順位表も、作成しました↓

▼ネット証券4社 新規口座開設状況 2013年5月分

順位 証券会社名

証券口座純増数

証券累計口座数 店頭FX口座純増数 店頭FX累計口座数
カブドットコム証券 +8,261
(前月比+1440)

825,151

+1,758 53,408
松井証券 +8,126
(前月比+1693

885,111

+477

71,640

GMOクリック証券

+6.112
(前月比+1239)

176,802 +7,376 295,734
岡三オンライン証券 +2,273
(前月比+743)
77,681
非公開
非公開
番外 楽天証券 2012年6月からデータ非公開
非公開
非公開
非公開
番外 SBI証券

2011年8月から詳細な数値は非公開

月次は非公開。詳細な数値も非公開

(SBI証券の発表によると2013年3月末時点で260万口座)

非公開
非公開
番外 マネックス証券

2011年から口座数の開示の基準が変わったため計測不能※

863,547※

※稼動口座の数値です

2011年から口座数の開示の基準が変わったため計測不能※

66,314※

※稼動口座の数値です

合計 24,772 1,964,745

比較表のデータは、各証券会社の開示情報から取得。比較表の作成者は当サイト管理人。

メモ

2013年5月は、日経平均株価が13,860円から13,774円に横ばいに推移しました。また、東証マザーズ指数も874から886に横ばいに推移しました。

月末の株価指数の結果だけ見ると、横ばいに推移したように見えますが、日経平均が5月23日にいったん最高値15,942円をつけてから、月末に13,774円まで下落したので、値動きが激しい一ヶ月となりました。

高値のときに利益確定売りが多かったですし、株価急落時の狼狽売りや「追証売り」が多発しました。 逆に株価急落時に「安値を拾っておこう」という いわゆる押し目買いも多かったため、5月は株式市場全体の売買が非常に活発でした。

取引が活発だったため、インターネット証券大手7社の5月の株式売買代金は、合計で46兆5338億円となり過去最高を記録しました。

 ▼参考記事 日経新聞電子版より抜粋

ネット証券、5月の株式売買代金最高に 個人が積極的

2013/6/6 2:00
日本経済新聞 電子版

 インターネット証券大手7社の5月の株式売買代金は、前月比3割増の46兆円と2カ月連続で過去最高となった。5月下旬以降、株式相場が乱高下する中でも、積極的に売買する個人投資家の姿が浮き彫りとなった。

 SBI、楽天、松井、マネックスなど大手7社の速報値を集計した。最大手のSBI証券では5月の売買代金が4月比30%増の18兆円になり、月間の売買代金として過去最高だった。

 特に1100円超下げた23日は…

▼関連記事

ネット証券の株式売買代金と口座開設純増数の比較 バックナンバー

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

信用取引 手数料比較表

一日定額制 「信用取引 手数料比較表」

信用取引の金利比較表 (制度信用取引版)

信用取引の金利の安さランキング (一般信用取引版)

株取引の手数料無料サービスがある証券会社 【取引し放題】

ネット証券、口座開設キャンペーンのまとめ 【期間限定】

大手ネット証券の口座開設で得られる特典一覧 【常時】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする