「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」が2011年11月4日に上場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友アセットマネジメント株式会社が運用する「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」というETFが、2011年11月4日に、東京証券取引所に新規上場します。証券コードは1562です。

「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」が価格連動を目指すTOPIXアジア関連株指数は、TOPIX 500構成銘柄の中から、アジア地域で積極的に事業展開を行う国内主要上場企業25社の株式により構成される指数です。

「TOPIXアジア関連株指数」は、下記の25銘柄で構成されています。

銘柄コード 銘柄名
1605 国際石油開発帝石
3402 東レ
4901 富士フイルムホールディングス
5201 旭硝子
5401 新日本製鐵
5713 住友金属鉱山
5802 住友電気工業
6273 SMC
6301 小松製作所
6367 ダイキン工業
6501 日立製作所
6502 東芝
6594 日本電産
6645 オムロン
6752 パナソニック
6762 TDK
6954 ファナック
6963 ローム
6981 村田製作所
6988 日東電工
7267 本田技研工業
7269 スズキ
7272 ヤマハ発動機
7751 キヤノン
8035 東京エレクトロン

というわけで、個人投資家が「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」というETFを買うと、上記の25銘柄に広く分散投資することができます。アジア地域で積極的に事業展開を行う会社に分散投資できるわけです。

「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」の信託報酬は、下記のようになっています。以下、三井住友アセットマネジメントのウェブサイトからの抜粋です。

運用管理報酬

信託報酬

以下の1)および2)を合計した額とし、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日と各計算期末または信託終了のときに、信託財産中から支払われます。

1)ファンドの純資産総額に年0.42%(税抜き0.4%)以内の率を乗じた額

2)株式の貸付けの指図を行った場合は、その品貸料に0.525(税抜き0.5)以内を乗じて得た額

※2011年10月17日現在における上記1)および2)の率、委託会社と受託会社の配分は以下の通りです。(今後、変更される場合があります。)

合計 委託会社 受託会社
1)の率

年0.42%

(税抜き0.4%)

年0.3675%

(税抜き0.35%)

年0.0525%

(税抜き0.05%)

2)の率

0.525

(税抜き0.5)

0.2625

(税抜き0.25)

0.2625

(税抜き0.25)

なお、今回、新規に上場する「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」は、上場日の2011年11月4日に貸借銘柄に選定される予定となっています。

貸借銘柄になると、信用取引信用買い空売りもできるようになります。

というわけで、上記25銘柄の全体的な業績がよくなると思う方は、「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」を買えばいいですし、逆に業績が悪くなると考える方は空売りすることも可能です。

「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」について、より詳しく知りたい方は、下記リンク先の三井住友アセットマネジメントのウェブサイトをクリックしてください。

「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」の新規設定について

2011年10月17日

三井住友アセットマネジメント株式会社(代表取締役社長:前田良治)は、上場投資信託(ETF)「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」を11月2日に新規に設定します。弊社では初めてのETFの設定となり、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。)への上場は11月4日を予定しております。

「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」は「TOPIXアジア関連株指数」への連動を目指します。「TOPIXアジア関連株指数」は、東京証券取引所が2011年10月11日から算出・公表している株価指数で、TOPIX500算出対象を母集団とし、アジア・オセアニア地域における売上高比率の高い日本企業の中から、東京証券取引所が選定した時価総額の大きい25銘柄で構成されています。

アジア・オセアニア地域は今後も高い経済成長が見込まれており、日本経済とも密接な関係があります。「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」は、アジア・オセアニア地域の経済成長の恩恵を享受することが可能な、アジア・オセアニア地域の売上高比率の高い日本株式で構成されます。上場日以降、「YOURMIRAI アジア関連日本株指数上場投信」は全国の証券会社を通じて東京証券取引所での売買が可能であり、投資家のみなさまには日本株式を通じてアジア・オセアニア地域の経済成長の恩恵をご享受いただく機会としてご活用いただきたいと考えております。

弊社は、今後とも、投資家のみなさまの資産運用に貢献するべく、更なる運用能力の向上に努め、お客さまニーズに合致した商品を積極的に開発してまいる所存です。

*「YOURMIRAI(ユアミライ)」は弊社が運用するETFのブランド名です。「お客さま第一主義」の経営理念を“一番大切なのは『あなたの未来』です”のメッセージを通じてお伝えしています。「YOURMIRAI」には、お客さまの明るい未来に貢献したい私たちの思いを込めました。

TOPIXアジア関連株指数とは

TOPIXアジア関連株指数は、TOPIX500算出対象を母集団とし、時価総額、アジア・オセアニア地域における海外売上高状況等を基に、東京証券取引所が選定した銘柄を算出対象とします。算出対象銘柄は25銘柄とし、2011年10月7日の指数値を基準値1,000ポイントとして、東京証券取引所が算出・公表します。

算出式: TOPIXアジア関連株指数=算出時の指数用時価総額÷基準時価総額×1,000

各銘柄の指数用時価総額は、各銘柄の指数用株式数(各銘柄の指数用上場株式数に各銘柄のキャップ調整後浮動株比率を乗じたもの)に、各銘柄の株価を乗じて算出します。

 ~~~以下、略~~~

▼関連記事

ETFとは (株式用語解説)

インデックスファンドとは (株式用語解説)

インデックス投資とは (株式用語解説)

ETFとインデックス投信の比較表

ETNとは 【株式用語解説】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする