期日圧迫とは (株式用語解説 信用取引用語)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期日圧迫 [読み:きじつあっぱく]
祐作:先輩、期日圧迫ってなんですか?
兜:ふむ、期日圧迫とは、信用取引の決済期日近くに出る売りが株価の上昇を抑えたり、下落の圧力になることだな。
祐作:決済期日近くに出る売りが株価の上昇を抑える?
兜:制度信用取引を利用して株式を買った場合、6カ月後の決済期日までに必ず決済しなければいけないだろ。買い方が決済期日が近づくと売り注文をだすから、株価の上昇を抑えることになるわけだ。
 ただし、6カ月期日ぎりぎりで、みんなが売るわけじゃない。また、期日が過ぎる(期日明け)と需給関係が好転すると見込まれるなどの理由から、期日接近をにらんで「期日向かい」の動きが出ることもあるから注意が必要だ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする