信用取引口座開設の際に収入印紙代が無料な証券会社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009.6.12 Last Update!

信用取引の口座開設の際に、収入印紙代が無料な証券会社をピックアップしました。下記の証券会社9社です。

会社名 口座設定約諾書の電子化
楽天証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
マネックス証券
ジョインベスト証券
SBI証券
松井証券
クリック証券
オリックス証券 ×

信用取引の口座設定約諾書が電子化されている証券会社は、ウェブサイトで手続きすることにより信用取引口座の開設が可能です。信用取引の口座を開設する際、口座設定約諾書に手書きで記入をし、郵送する作業が必要ありません。

なお、上記の証券会社はいずれも口座開設費と口座維持費が無料です。

▼以下、各証券会社のウェブサイトからの抜粋です。

  1. マネックス証券・・・2008年12月12日(金)から、「信用取引」、「先物・オプション取引」のお申込方法が、ウェブ上で完結!最短でお申込の翌々営業日から、お取引可能になりました。

    「信用取引」、「先物・オプション」の新規口座開設がウェブ上の手続きだけで可能になりました。今までのような郵送による書類のやり取りはもう不要!

  2. ジョインベスト証券・・・2008年6月13日(金)夕刻より、「信用取引」、「先物・オプション取引」の口座開設に係る口座設定約諾書を電子化し、従来の約諾書の書面(郵送)による受け入れから電磁的方法による受け入れ(ウェブサイトからの内容のご確認・ご同意)へ変更いたします。

    ■ 口座開設に必要な書類の郵送手続きが不要に!
    ■ お申込みから最短2日後にお取引可能になります!

    今回の電子化により、「信用取引」、「先物・オプション取引」の口座開設がすべてウェブサイト上で完結し、最短2日(※)で開設可能となります。また、信用取引口座開設の際に必要であった収入印紙(4,000円)が電子化により不要となります。

  3. 楽天証券・・・楽天証券株式会社は、2008年6月28日(土)から、従来書面でのお手続きを必要としていた信用取引の口座開設および先物・オプション取引の口座開設について、口座開設時の「口座設定約諾書」の電子化サービスを開始することとなりました。
    今回の電子化に伴いまして、「口座設定約諾書」の差入れについては書面の授受が不要となりました。
  4. オリックス証券・・・「信用取引口座設定約諾書」への印紙の貼付は不要です。お客さまにかわり当社が印紙代4,000円を負担いたします。
  5. 松井証券・・・松井証券では、6月6日(土)のシステムメンテナンス後より、「信用取引」「先物・オプション取引」の追加口座開設時などに郵送で行っていた「口座設定約諾書」の差入れ手続きを電子化します。
  6. カブドットコム証券・・・カブドットコム証券株式会社は、2008年4月18日(金)から、信用取引口座開設時や先物・オプション口座開設時に書面で差入れていただいていた口座設定約諾書を電子化し、電磁的方式による差入れ方式に変更いたします。
  7. この口座設定約諾書の電子化対応により、当社に証券取引口座をお持ちであれば、WEB審査によって最短即日で信用取引や先物・オプション取引の口座開設、取引開始が可能となります。審査は原則24時間365日受け付けております。また、信用取引口座開設時に必要であった4,000円の印紙税も電子化により不要となります。

  8. クリック証券・・・クリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:高島 秀行 以下、クリック証券)は、2008年4月28日より信用取引口座および先物・オプション取引口座開設時に書面の郵送により差入れていただいていた約諾書を電子化いたしました。
     これに伴い、信用取引口座開設時の収入印紙が不要となりましたのでお知らせいたします。
  9. SBI証券・・・株式会社SBI証券(本社:東京都港区 代表取締役執行役員社長:井土太良)は、2008年8月5日(予定)より、信用取引、先物・オプション取引における新規口座開設時の「口座設定約諾書」の差入れの電子化対応を実施することとなりましたのでお知らせいたします。当社WEBサイト上にてお申込みの手続きが完了する等、口座開設手続きに関して、以下のとおり大幅に利便性が向上します。

    ・従来日数がかかっていた口座開設が最短お申込み日の翌営業日から可能
    ・郵送による約諾書提出などのやりとりが不要
    ・約諾書に貼付していいただいていた4,000円の収入印紙が不要

  10. 平素より岡三オンライン証券をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。2008年5月30日18:00頃より、信用取引口座設定約諾書の受入を、郵送による方法から、Webサイトによる方法(電磁的方法)に変更いたします。今回の変更に伴い信用取引の口座開設が、Webサイトにおいて完結することとなり、最短でお申込の翌営業日からお取引が可能となります。

▼関連記事

楽天証券、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 口座開設で書類のやり取りが不要に

カブドットコム、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 4000円の印紙税が不要に

ジョインベスト証券、信用取引口座開設にかかる収入印紙代4000円分を同社が負担

マネックス証券が信用口座開設時の収入印紙代を無料化

松井証券が信用口座開設時の収入印紙代を無料化

オリックス証券が信用口座開設時の収入印紙代を無料化

クリック証券、信用取引・日経225先物取引の口座開設約諾書を電子化 4000円の印紙税が不要に

SBI証券、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 口座開設で書類のやり取りが不要に

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする