EPSとは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EPS [読み:イーピーエス] [英語名:Earnings Per Share]
祐作:先輩、EPSってなんですか?
兜:ふむ、EPSというと企業分析で用いられる株価指標の一種で「1株当たりの純利益」のことだな。「一株当たり利益」「一株当たり投機利益」「一株益」ともいうぞ。
祐作:いろんな呼び方があるんですね。
兜:そうだな。で、EPSなんだけど、決算における純利益を、そのときの発行済み株式数で割ったものだ。計算式は下記のようになる。
 EPS = 当期純利益/発行済株数
当然ながらEPSが高いほど、収益率も高い。業績をみるときの指標としては、最も単純でわかいやすい指標だな。ちなみに、EPSはPERを算出する際に用いられる重要な指標だから、EPSの概念はよく理解しておいた方がいい。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする