「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」を使った感想 【レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年3月25日、岡三オンライン証券iPad向けの日経225先物取引アプリ「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」をリリースしました。

「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」は日経225先物取引において、「通常」、「通常(SO)」、「逆指値注文」、「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDO注文」などPCと同等の注文機能を搭載しています。 そして、ニュース閲覧機能やチャート閲覧機能が備わっています。利用料金は無料となっています。

▼関連記事

  1. 岡三ネットトレーダースマホFのiPhone版を使った感想 【レビュー】
  2. 岡三ネットトレーダースマホFのAndroid版を使った感想 【レビュー】
  3. 岡三株スマホを使った感想 【レビュー】

私は岡三オンライン証券の口座を開設しており、第3世代のiPadを持っているので、「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」を実際に使ってみました。

以下、「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」についてのレビューです。

▼岡三ネットトレーダースマホF for iPadを使った感想 【レビュー】

岡三ネットトレーダースマホF for iPadの長所

▼岡三ネットトレーダースマホF for iPadの長所

  1. リアルタイムで自動更新される日経225先物の板情報(気配値)を見ることが可能
  2. ロイター・ニュース」や「時事通信社」といったニュース配信会社から配信される株式関連情報を見ることが可能。
  3. 「通常」、「通常(SO)」、「逆指値注文」、「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDO注文」などPCと同等の注文機能を搭載している
  4. 日経225先物取引のナイト・セッションに対応している
  5. 第3世代以降のiPadに搭載されている高解像度ディスプレイ(Retinaディスプレイ)に対応しているので、画面が綺麗で見やすい

▼岡三ネットトレーダースマホF for iPadの短所

  • 縦画面(縦置き)に非対応 – 楽天証券のiSPEED for iPadは、iPadを90度回転させて縦画面でも利用できるが、「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」は縦画面に対応していない模様

ちなみに、岡三オンライン証券のスマートフォン用株取引アプリの「岡三株スマホ」は、逆指値注文やOCO注文などの特殊注文は利用できません。また、板発注もできません。

それに対して、日経225先物取引アプリの岡三ネットトレーダースマホF for iPadは、OCO注文などの特殊注文が使えます。 というわけで、「岡三株スマホ」より「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」の方が、かなり出来映えがよい印象です。

以下、「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」の画面になります。

岡三ネットトレーダースマホF for iPadの画面

まず岡三ネットトレーダースマホF for iPadのアプリを起動し、ログインをすると下記の画面が表示されます。

↓クリックで拡大可能

okasan_smartphone_F_iPad_001.PNG

↓「四方に広がる矢印マークのアイコン」をタップすることで、株式市場関連のニュースを見ることが可能です。 これは「ニュース一覧」の画面です。クリックで拡大可能

okasan_smartphone_F_iPad_002.PNG

↓「ニュース一覧」の画面で、各ニュースのタイトルをタップすると、ニュースの詳細を閲覧できます。これはロイター・ニュースの画面です。また、時事通信社のニュースを読むことも可能となっています

okasan_smartphone_F_iPad_003.PNG

↓アイコンをタップすることで、日経225の先物価格の一覧表を見ることもできます

okasan_smartphone_F_iPad_004.PNG

↓画面上部にある「My銘柄」というアイコンをタップすると、小型の板情報と、小型のチャートを両方見ることが可能です

okasan_smartphone_F_iPad_005.PNG

↓日経225先物の板(気配値)が表示されている画面です。気配値が上下に10本表示されています

okasan_smartphone_F_iPad_006.PNG

↓日経225先物の大きめのチャートを見ることも可能です。クリックで拡大可能

okasan_smartphone_F_iPad_007.PNG

↓注文画面はこんな感じになっています。このアプリは、「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDO注文」などの特殊注文を使うことが可能です。

okasan_smartphone_F_iPad_008.PNG

↓画面上部にある「歯車マーク」のアイコンをタップすることで、アプリの設定画面を開けます。ここで発注の設定などを細かく行うことが可能です。

 設定画面その1

okasan_smartphone_F_iPad_009.PNG

設定画面その2

okasan_smartphone_F_iPad_010.PNG

設定画面その3

okasan_smartphone_F_iPad_011.PNG

以上が筆者による「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」の解説です。

また、岡三オンライン証券は、このアプリのリリースを記念して「iPadで先オプキャンペーン」を2013年4月1日から実施します。

2013年4月1日から4月30日の日中大引けまでの期間、「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」から発注(新規・決済)して、約定した日経225先物、日経225mini、日経225オプションの取引について手数料相当額の50%がキャッシュバックされます(ただし、上限1万円)。

以下、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

業界初!先物・オプション取引専用アプリ「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」を提供開始【PDF】

okasan_smartphoneF_iPad_20130321_001.jpg

岡三ネットトレーダースマホF for iPad

特徴

「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」は、岡三ネットトレーダーシリーズとほぼ同等の機能を搭載した「岡三ネットトレーダースマホF」の機能をタブレットで実現しました。特に、タブレットの大画面と使い勝手の良さを最大限に生かした業界初の先物・OP取引専用のiPadアプリです。

画面構成は、インデックスやニュース、お知らせなどの全体が把握できる「ホーム画面」と価格や板、チャートなどが表示される「my銘柄」に加え、自由にレイアウト可能な「myレイアウト」を3つもご用意しました。チャートは、大画面で見やすく、豊富なテクニカルや足種を搭載し、相場のトレンド分析を強力にサポートします。

▼見やすく使いやすいタブレットの大画面

見やすく使いやすいタブレットの大画面と使い勝手を最大限に追求しました。先物・オプション取引のために、もう、PCを立ち上げる必要はありません。

okasan_smartphoneF_iPad_20130321_002.jpg

▼注文画面はワンタッチで起動

どの画面からも注文画面は瞬時に起動可能です。メニューの注文ボタンを押せば、画面の右側に注文画面が立ち上がります。また、「通常」、「通常(SO)」、「OCO」、「IFD」、「IFDO」などPCと同等の多彩な注文機能を搭載しているため、どこでも安心してお取引いただけます。

okasan_smartphoneF_iPad_20130321_003.jpg

▼画面を自由にカスタマイズ

画面構成は、インデックスやニュース、お知らせなどの全体が把握できる「ホーム画面」と価格や板、チャートなどが表示される「my銘柄」に加え、自由にレイアウト可能な「myレイアウト」を3つもご用意しました。「myレイアウト」では様々の大きさの画面に好きな情報を登録できます。

okasan_smartphoneF_iPad_20130321_004.jpg

▼見やすいボード画面

ボード画面(主要指標および日経225先物、日経225先物mini、OPセンシティブティ、OP権利行使価格リスト)は基本的に画面の左に常駐しています。従って、必要な価格情報は常時監視可能です。また、ボード画面はタブレットの全画面を使ったボード大画面にすることもできます。

okasan_smartphoneF_iPad_20130321_005.jpg

▼リアルタイムニュース

お客さまに定評のある「ロイターニュース」や「時事通信」をタブレットにも配信いたします。最新マーケット情報が簡単に確認できます。

okasan_smartphoneF_iPad_20130321_006.jpg

▼多彩なチャート機能

TOPIXやJASDAQなど、他の指数と比較してチャートを描画する比較チャート機能を搭載。リアルタイムのチャート描画にくわえ、18種類の豊富なテクニカル指標がチャート分析を強力にサポートします。また、テクニカル指標のパラメータも体感的に変更できます。

okasan_smartphoneF_iPad_20130321_007.jpg

▼便利な「セット注文」、「一般設定画面」でらくらく取引!

オプション投資家に評判のセット注文は、3銘柄を1セットとして同時ウォッチが可能。同じセットに登場した銘柄の合計デルタを自動計算するなど、リスク管理にも優れた機能を発揮します。一般設定画面では、注文種別や注文数量、注文増減倍数の変更などを保存することができます。

okasan_smartphoneF_iPad_20130321_008.jpg

~~以上、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

▼iPhone用のトレードツール

▼Android用のトレードツール

▼iPad用のトレードツール

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする