トップ > 株式用語解説 > 委託保証金維持率とは (株式用語解説)

2012年05月29日

委託保証金維持率とは (株式用語解説)

    このエントリーを含むはてなブックマーク 

委託保証金維持率 [読み:いたくほしょうきんいじりつ]

 

祐作:先輩、委託保証金維持率ってなんですか?

兜:ふむ、委託保証金維持率とは、投資家が信用取引を行うときにおける委託保証金(証券会社に預ける保証金)」の「約定価額」に対する割合のことだな。

祐作:ちょっと難しいですね。

 

兜:では、具体的に委託保証金維持率をはじきだす計算式を示そうか。

委託保証金維持率=(委託保証金−建て玉評価損)÷建て玉総額

とこうなっている。自分の口座を見て、この式に「委託保証金」「建て玉評価損」「建て玉総額」を当てはめてみればいいのさ。

祐作:やってみます。

 

兜:で、この委託保証金維持率がなんで重要かというと、最低保証金維持率を切ると、証券会社に追加で保証金をおさめないといけなくなるんだ。いわゆる「追い証(オイショウ)」というやつだな。

最低保証金維持率は一般的に20%か25%とする証券会社が多い。 ここでは20%で考えてみよう。

祐作:20%ですか。

 

兜:例えば66万円の委託保証金が口座にあって、200万円の建て玉がある場合、その建て玉に26万円の評価損が出た時がちょうど保証金維持率が30%ということになる。計算式をみてくれ。

(66万円−26万円)÷200万円=20%←20%ぎりぎりで追い証になっていない状況

 

これが27万円の評価損になると保証金維持率は19.5%で最低保証金維持率20%を割り込んでしまう。

(66万円−27万円)÷200万円=19.5%←つまり、ここで追証が必要となる。

 

信用取引を利用している投資家は、追証が発生したと連絡を受けたら、通常、2営業日後の正午までに不足金を、証券取引口座に入金しなければならない。

 

祐作:にゅ、入金できないとどうなるんですか?

兜:証券会社が建玉を強制的に反対売買を行って決済してしまうことになるぞ。つまり損失を確定させられるわけだ。だから委託保証金維持率が25%を割らないように、常日頃から気を付けてな。

 

祐作:わかりました。つまり、追い証とは「証券会社から信用取引ユーザーに送られる担保が足りなくなったんでお金をくださいという案内」ですね。

兜:そういうことだな。信用取引は一言で言うと「借金取引」だから、十分な担保がないと取引ができなくなるわけだ。

ちなみに委託保証金維持率は「委託保証金率」や「必要委託保証金率」とも呼ばれることがあるから、覚えておくといいさ。

 

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2014年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また2015年1月31日まで、口座開設と株取引で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています(締切間近)

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2014年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大25000円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金シェアナンバー1の会社となっています。株式の売買手数料が安く、取り扱っている金融商品の種類が豊富な証券会社です。特にETFの取扱いの数が多い。
     2015年2月1日まで、口座開設と入金で現金2000円をプレゼントするキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・現金3000円または書籍プレゼントキャンペーンを実施中です。現金プレゼントは2014年12月31日まで。詳細はこちら
     IPOが単純明快な公平抽選ですので、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。逆指値ツイン指値が使えるのでサラリーマンにおすすめ。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料となっています。2015年2月27日まで口座開設を入金で現金3000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら
     また、通常1社につき税抜で200円かかる「会社四季報 最新銘柄レポート」を無料で読むことができます。

  • フィデリティ証券・・・投資信託が専門の証券会社です。投資信託に興味がある個人投資家に向いています。フィデリティ投信の投資信託を安い手数料で買うことが可能です。詳細はこちら。NISA口座を開設すると、NISA口座における投資信託の買付手数料がずっと無料となる

  • GMOクリック証券・・・日経225先物の手数料が260円(税抜)、日経225miniの手数料が37円(税抜)となっており業界最安値水準です。また、FXのスプレッドもかなりの安さです。スーパーはっちゅう君というトレーディングツールの利用料が無料。

  • 安藤証券・・・日経225先物の手数料が1枚あたり240円(税抜)で業界最安値です。株取引の手数料もかなり安くなっています。

  • カブドットコム証券・・・逆指値、±指値、W指値など多彩な注文機能が使えます。IPOは単純明快な公平抽選。発注方法が充実しているのでサラリーマンにおすすめ。新規口座を開設するとkabuステーションというトレーディングツールが利用申込の翌々月第1営業日まで無料。

  •  

    ※上記の証券会社9社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

posted by 兜達也(かぶと たつや) at 21:48 | Comment(0) | 株式用語解説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▼コメントについての注意点のご案内

※宣伝コメントが多くなってきたので、コメントは承認制にしました。私が承認したもののみ表示されます。

※宣伝コメントを避けるために「禁止ワード」を設定しております(例:無料動画)。

※コメントをしたのに何日たっても表示されない場合、禁止ワードにひっかかった可能性があります。

※『匿名』『名無しさん』のコメントは削除させていただく場合がありますので、ご了承ください。