楽天証券、ワンショットコースの株式手数料を値下げ(先月から5回目) SBI証券に対抗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券には、一つの注文の約定代金によって株式手数料が決まる「ワンショットコース」という手数料体系があります。

先月からの楽天証券とSBI証券の手数料値下げ合戦のまとめです↓

7月11日 楽天、ワンショットコースの値下げ発表。SBIより現物株取引の手数料が安くなる。

7月13日 SBI対抗値下げ発表。楽天より安くなる。

7月15日 楽天対抗値下げ発表。SBIと同じになる。

7月16日 SBI再対抗値下げ発表。楽天より安くなる。 

7月17日 楽天再対抗値下げ。SBIより安くなる。

7月21日 SBI再々対抗値下げ発表。楽天より安くなる。

7月28日 楽天再々 対抗値下げ発表。SBIと同じになる

8月3日 SBI、4回目の対抗値下げ発表。楽天より安くなる

8月11日 楽天、5回目の値下げ発表。SBIと同じになる ←今ココ

以下、楽天証券の発表文へのリンクです。

楽天証券からのお知らせ

2009/8/11

国内株式委託手数料再改定のお知らせ ~8月3日実施の新手数料をさらに見直し~ ・・・PDF

8月17日から、楽天証券のワンショットコースの株式手数料は下記のようになります。

▼「ワンショットコース」新旧手数料の比較(税込)

1注文の約定代金 新手数料 8月2日以前の旧手数料
10万円まで 145円/1回 472円/1回
20万円まで 194円/1回
50万円まで 358円/1回
100万円まで 639円/1回 840円/1回
150万円まで 764円/1回 1,050円/1回
3,000万円まで 1,209円/1回 1,575円/1回
3,000万円超 1,277円/1回

また、2009年8月3日から10月30日まで、楽天証券で国内株を取引すると手数料(税抜)の1%分についてポイントがもらえます。ポイントは楽天市場での買い物などに使えます。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~

【特集】国内株式手数料を8月17日からさらに値下げ!

楽天証券では、国内株式手数料「ワンショットコース」の現物取引分を、8月17日約定分から、さらに値下げいたします。

さらに国内株式は手数料(税抜)の1%のポイントバックキャンペーンを実施!貯まったポイントは楽天市場でのお買い物等にお使いいただけます。ますますおトクになった楽天証券で、ぜひお取引をご検討ください!

 → 【8月11日プレスリリース】 国内株式委託手数料再改定のお知らせ(PDF)

▼ 国内株式(現物取引)

▼「ワンショットコース」新旧手数料の比較(税込)

1注文の約定代金 新手数料 現行手数料 旧手数料
10万円まで 145円/1回 147円/1回 472円/1回
20万円まで 194円/1回 196円/1回
50万円まで 358円/1回 362円/1回
100万円まで 639円/1回 647円/1回 840円/1回
150万円まで 764円/1回 774円/1回 1,050円/1回
3,000万円まで 1,209円/1回 1,225円/1回 1,575円/1回
3,000万円超 1,277円/1回 1,294円/1回

▼ポイント1 8月3日に引き続き、さらに値下げ!

10万円以下の約定代金の場合

147円 → 145円

▼ポイント2 手数料1%ポイント還元!

2009年8月から10月までの3カ月間、株式手数料(税抜)の1%ポイントバックを開始いたします。ポイントは手数料コースに関係なくもらえます。

また、現物取引および信用取引ならびにPTS取引(夜間取引)のすべてが対象!貯まったポイントは楽天市場等でのお買い物に使えます!!(下記参照)

■ポイントはネットショッピングに利用可能!

株取引で貯まったポイントは、楽天市場をはじめとする楽天グループでご利用いただけます。

たとえば楽天市場、楽天ブックスでのネットショッピングや、楽天トラベルでの旅行代金に充当していただけます。

日本最大級のインターネット・ショッピングモールを運営する楽天グループだから、1ポイントもムダにすることなく、幅広い用途にお使いいただけます。

   ~~~中略~~~

▼米国株式

▼米国株式・米国ETF・ADR委託手数料

1注文の約定代金 7月31日からの新手数料 7月31日以前の旧手数料

1取引あたり (1000株/口まで)

26.25ドル

※1000株超えは従来どおり、1株ごとに2.1USセント追加

1取引あたり (1000株/口まで)

31.5ドル

※1000株超えは従来どおり、1株ごとに2.1USセント追加

米国株式、海外ETFの取扱い銘柄数でNo.1の楽天証券が、取引手数料でも業界トップクラスの格安手数料を実現いたします。

7月31日現地約定分のお取引から、1取引あたり1,000株(ETFの場合は1,000口)まで、26.25ドルでお取引いただけます。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

楽天証券とSBI証券の手数料値下げ競争は、泥沼化しています。正直言って、私は楽天証券がここまでSBI証券の値下げに追随するとは思いませんでした。

なお、8月17日に楽天証券が株取引手数料を値下げするので、当サイトの「ネット証券 手数料比較表」という記事を、後日、更新する予定です。

▼関連記事

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

SBI証券、スタンダードプランの株式手数料を値下げ 楽天証券に対抗

SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定

楽天FX、5000楽天ポイント プレゼントキャンペーン実施

楽天証券、「マーケットスピードVer.8.0」を7月19日にリリース 楽天FX取引に対応

ETFとは (株式用語解説)

米国株を買えるネット証券3社の比較

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする