楽天証券、大口顧客の現物株取引の手数料を値下げ【超割コース】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51

昨日、当サイトで「楽天証券、超割コースの株取引手数料を値下げ」という記事を配信しました。

2017年12月25日から楽天証券が株取引の手数料を値下げします。上記リンク先の記事では、通常の顧客向けの手数料について解説をしました。

この記事では、楽天証券の大口顧客向けの手数料改定についてお伝えします。

楽天証券の顧客で超割コースの手数料を選んでいる人は下記の条件を満たすと、三ヶ月間、大口優遇を受けることが可能となっています。大口優遇の人は、通常の顧客より手数料が割引になります。

▼大口優遇達成条件

さて、ここからが今日の本題なのですが、大口優遇の顧客も、2017年12月25日から現物株取引の手数料が一部値下げなります。

1注文の約定代金が10万円以下の場合、取引手数料が無料となります。

また、1注文の約定代金が10万円超~20万円以下の場合、従来の手数料は180円(税抜)ですが、12月25日からは100円(税抜)に値下げとなります。

12月25日以降の「超割コース・大口顧客向け・現物株取引手数料」の詳細は、下記の表のようになっています。

■現物取引手数料

取引金額
旧手数料
新手数料
新設 5万円まで 90円(97円) 0円
値下げ 10万円まで 90円(97円) 0円
値下げ 20万円まで 180円(194円) 100円(108円)
50万円まで 238円(257円) 238円(257円)
100万円まで 426円(460円) 426円(460円)
150万円まで 509円(549円) 509円(549円)
3,000万円まで 806円(870円) 806円(870円)
3,000万円超 851円(919円) 851円(919円)

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

業界屈指の格安手数料をあなたに!
超割コースの国内株式手数料大幅値下げ!

2017年11月21日

 ~~前略~~

超割コースの大口優遇がさらにパワーアップ!
10万円以下の現物取引手数料0円に!

超割コース大口優遇の判定条件をのいずれかを達成すると適用されます。これまでの信用取引手数料0円に加え、10万円以下の現物取引手数料も0円になります。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。

■現物取引手数料

取引金額
旧手数料
新手数料
新設 5万円まで 90円(97円) 0円
値下げ 10万円まで 90円(97円) 0円
値下げ 20万円まで 180円(194円) 100円(108円)
50万円まで 238円(257円) 238円(257円)
100万円まで 426円(460円) 426円(460円)
150万円まで 509円(549円) 509円(549円)
3,000万円まで 806円(870円) 806円(870円)
3,000万円超 851円(919円) 851円(919円)

■信用取引手数料

取引金額
手数料
約定金額にかかわらず
0円

~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、楽天証券が2017年12月25日から株式手数料を値下げするので、後日、当サイトの「ネット証券 手数料比較表」と「信用取引 手数料比較表」という記事を更新する予定です。

▼関連記事

楽天証券、いちにち定額コースの手数料を値下げ。10万円まで取引が無料

楽天証券、米国株式の取引手数料を値下げ【2017年9月25日より】

米国株の取引ができるネット証券3社の比較

楽天証券が株の夜間取引を再開予定【2018年度】

楽天証券がSOR注文を導入【2017年12月23日より】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする