SBI証券、「EXPRESS口座開設」サービス開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月23日、SBI証券が「EXPRESS口座開設」サービスを開始しました。

特定口座ではなく、一般口座で株取引をしたい場合、従来の口座開設手続きに比べ、株取引を早いタイミングで始められます。

また、従来の口座開設では、口座開設申込書の書類のやりとりが完了しないと、「リアルタイムの株価」や「会社四季報」などの投資情報を見ることができませんでした。

「EXPRESS口座開設」を使うと、インターネットから口座開設を申し込んだ後、初回ログインを行い、初期設定を行った段階で、投資情報を閲覧できるようになります。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

株式会社SBI証券

「EXPRESS口座開設」サービス開始のお知らせ
~インターネット上だけで即日口座開設・最短翌営業日から取引が可能に!~

平成23年5月23日

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:井土太良、以下「当社」という。)は、平成23年5月23日より、インターネット上だけで口座開設が行える「EXPRESS口座開設」サービスを開始することとなりましたのでお知らせいたします。

このたびの「EXPRESS口座開設」サービスは、従来口座開設手続きで必要であった口座開設申込書の記入・郵送及び本人確認書類の提出(郵送)手続きが不要となります(※1)。インターネット上でお申込み手続きが完結し、本人限定受取郵便で本人確認を行いますので、お取引までの期間が大幅に短縮されることとなります。お申込みいただいた当日に口座開設が完了し、最短で口座開設お申込み日の翌営業日からお取引が可能になります(※2)。

また、口座開設後の初回ログイン時に初期設定を行うことで、すぐにログイン後画面の株価やニュース等の情報閲覧や、信用取引口座、外国為替保証金取引(FX)口座、先物・オプション取引口座、CFD取引口座の開設のお申込みが可能になり、最短で現物株式等と同様、口座開設お申込み日の翌営業日からお取引が可能になります。

「EXPRESS口座開設」の流れ

パソコンから、当社WEBサイトにアクセスいただき、口座開設画面から「EXPRESS口座開設」をご選択ください。

  1. EXPRESS口座開設申込フォームより口座開設をお申込み・・・お申込み日
  2. 初回ログインを行い、初期設定(必要情報の入力)し各種情報の閲覧が可能に!・・・お申込み日
  3. 口座開設手続完了のご案内を受け取る(本人限定受取郵便)・・・最短翌営業日
  4. 「本人限定受取郵便の受取認証登録」画面にて必要項目を入力・・・最短翌営業日
  5. お取引スタート・・・最短翌営業日

当社はこれまでも口座開設時のお申し込み方法として、WEBサイトでのお申込み時の入力項目を簡素化した「かんたん口座開設」や、全国の支店や一部金融商品仲介業者の店舗で即日に口座開設・お取引が可能な「即時口座開設」などのサービスを提供するなど、様々なお申込み方法をご用意してまいりました。このたびの「EXPRESS口座開設」のサービス開始により、支店がお近くにない場合や日中はお忙しくてご来店できない場合でも、すぐに口座開設が完了いたしますので、より多くのお客様のニーズにお応えすることが可能になります。

当社は今後も、「顧客中心主義」の経営理念のもと、個人投資家の皆様へ最適な投資環境を提供できるようサービスの拡充に努めてまいる所存です。

※1 特定口座開設や印鑑届出書のご提出の際には、本人確認書類の提出・郵送が必要となります。

※2 毎営業日午後3時30分までにお申込みいただき、当社審査が完了した場合に限ります。また、特定口座の開設には、本「EXPRESS口座開設」のお申込み後、別途書面によるお手続きが必要となります。なお、未成年のお客様や法人のお客様は本サービスをご利用いただけません。

「EXPRESS口座開設」の流れ

パソコンから、当社WEBサイトにアクセスいただき、口座開設画面から「EXPRESS口座開設」をご選択ください。

  1. EXPRESS口座開設申込フォームより口座開設をお申込み・・・お申込み日
  2. 初回ログインを行い、初期設定(必要情報の入力)し各種情報の閲覧が可能に!・・・お申込み日
  3. 口座開設手続完了のご案内を受け取る(本人限定受取郵便)・・・最短翌営業日
  4. 「本人限定受取郵便の受取認証登録」画面にて必要項目を入力・・・最短翌営業日
  5. お取引スタート・・・最短翌営業日

↑これの「2」の工程まで済ますと、「リアルタイムの株価」や「会社四季報」などの投資情報を見ることが可能になります。

また、一般口座で株取引をしたい人は、「4」の工程まで済ました後、証券口座に入金をすると、株取引を開始できます。

一般口座で株取引をしたい人は、「印鑑届出書」と「本人確認書類のコピー」の郵送は、株取引を開始した後からでもOKです。

しかし、特定口座で株取引をしたい人は、「4」の工程まで済ました後、「特定口座申込書(兼包括告知書兼印鑑届出書)」と「本人確認書類のコピー」をSBI証券に郵送し、それらがSBI証券に届いた後、株取引が始められるようになります。特定口座開設には、書類の返送から約3営業日程度の時間がかかるそうです。

「EXPRESS口座開設」は今までもあった「かんたん口座開設」に比べて、判りにくい部分が多いので、不明点がある人は、SBI証券に電話して問い合わせるのがよいでしょう。以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です↓

◎ インターネットサービスのお客様のサービス・お取引に関するご質問 – SBI証券

カスタマーサービスセンター

0120-104-214 (トーシニイーヨ)

携帯電話・PHSからは03-5562-7530をご利用ください(番号を変更させていただきました)。
年末年始を除く平日8:00~18:00

▼関連記事

リアルタイム・トレーディングツールHYPER SBIの無料利用条件が緩和

HYPER SBIとは【株式用語解説】

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

FX会社 & 証券会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

ネット証券、口座開設キャンペーン一覧

信用取引 手数料比較表

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする