「マーケットスピードVer9.0」のフル板を使った感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年1月4日から、東証の新売買システム「アローヘッド」が稼働を開始しました。アローヘッドですが、今のところ大きなシステム障害が発生せず、無難なスタートとなっています。

上記リンク先の記事でもお伝えしましたが、アローヘッドでは2009年までの旧システムに比べ、株価・気配情報等の情報配信時間が高速化されています。さらに、個人投資家に通常配信される板情報(気配値)は上下5本から8本に増えました。

そして、1月4日から、このアローヘッドに対応した楽天証券マーケットスピードver9.0が使えるようになっています。

ver9.0ではマーケットスピードの通常の利用料金とは別に月額2100円を払うことで、8本を超える全ての板情報を見ることが可能になります。この全ての板情報のことを「フル板」と呼びます。

では、早速ですが、「通常の板情報」と「フル板情報」の違いを画像で見てみましょう。以下の画像は、私が1月4日に、楽天証券のマーケットスピードを稼働させ、パソコンの画面を取り込んだものです↓

▼2010年1月4日 9時26分時点におけるマーケットスピードの通常の板情報

↓クリックで拡大可能

9時27分時点での日本航空株の通常の板情報

▼2010年1月4日 9時16分時点におけるマーケットスピードのフル板情報

↓クリックで拡大

9時16分時点のソフトバンクのフル板情報

▼アローヘッドを見ての感想 箇条書き

1月4日にアローヘッドの値動きを見て、私が感じたことを箇条書きします↓

▼【9984】ソフトバンクの値動きを見ての感想

  • 【9984】ソフトバンクは、取引開始直後(AM9:00)に取引開始直後にはすぐ寄った(売買が成立した)。
  • ソフトバンク株は取引スピードが、思ったより早くない。私の反射神経でもスキャルピング※ができるかもしれない。
  • ソフトバンク株は取引スピードが変わったことよりも、呼値が変わったことの方が重要かも。気配値が1円刻みになったので、フル板でないと上の方の気配値や下の方の気配値が見えない。

   ※スキャルピング・・・デイトレードの中でも僅かな利幅を狙って、短時間で売買を繰り返す手法のこと。明確な定義はありませんが、1、2ティックで利益確定をするようなトレードスタイルのこと。

▼【9205】日本航空の値動きを見ての感想

  • 【9205】日本航空は1月4日の午前中に、東証一部で一番値動きが激しかった銘柄である。東証一部で売買代金と売買高が両方とも一位だった。午前中の売買代金=15,213,528,000円、売買高=169,658,000株。
  • 午前9時20分に最初の売買が成立したのですが、そこから9時40分頃までの売買のスピードは本当にすごかった。「市況情報フル板」を見ていると、株価情報配信による画面の点滅が激しすぎて目が痛くなるほどです。そのスピードはドラゴンボールZで例えると、スーパーサイヤ人同士の戦いを見ているような速さです。
  • 1月4日の午前中の日本航空株のような売買スピードだと、私の反射神経と決断力ではスキャルピングは無理。

▼マーケットスピードの「通常板情報」と「フル板情報」のスピードの違い

  • 同じマーケットスピードでも「通常の市況情報(板情報)」と「市況情報フル板」の値動きのスピードが違う。通常の「市況情報」は日本航空株でも大証と同じくらいのスピードで板情報が表示される。通常の「市況情報」は9時20分から40分の間に、日本航空株の値動きを見ていても目が痛くならなかった。
  • おそらく、通常の板しか見ていない人は「アローヘッドのスピードってこんなもの?」と拍子抜けしているのではないか。
  • しかし、実際はフル板のスピードで売買が成立しているわけです。この情報格差はデイトレーダーにとって重要かもしれない。

▼備考

  • 東証マザーズで1月4日の午前中の売買代金が1位だったサイバーエージェントはなかなか値動きが早かった。日本航空株ほどではないものの、ソフトバンク株よりはかなり速いスピードで画面がちかちか点滅しており、売買が活況なことを示していた。1月4日の午前中のような売買スピードだと、私の反射神経ではスキャ(スキャルピングを行うこと)は厳しい。
  • ちなみに、サイバーエージェント株の午前中の売買代金は5,714,099,000円、売買高は34,664株。

ただ、1月4日の前場は、多くの証券会社が自己売買を見送っていたらしいので、今後、証券会社が本格的に売買を再開すると状況はまた変わってきそうです。機関投資家が本格的にシステムトレードを再開すれば、ソフトバンク株などの売買高も増えるかもしれません。

なお、マーケットスピードでフル板の動作が重い人は、パソコン本体を「CPU=Core 2 Duo以上」「メモリ2GB以上」「PCI Express x16規格のグラフィックボード搭載」の三つの用件を満たしたものに変えれば大丈夫だと思います。それで駄目なら、ネット回線の速度が遅いか、ソフトウェアやOSの問題が発生していると考える必要が出てくるでしょう。

▼私のデスクトップパソコンの構成
OS:windows7 professional 64bit
マザーボード:GIGABYTE GA-G33M-DS2R G33チップセット
CPU:インテル Core2Duo E8400 3.0GHz
メモリー:DDR2 8ギガバイト (2GB×4枚)
メインドライブ:SSDSA2MH080G1(80GBのSSD)
データドライブ1:HDS722020ALA330(2TBのHDD)
データドライブ2:HDS722020ALA330(2TBのHDD)
光学ドライブ:BR-H816FBS-BK(Blu-ray)
グラフィックボード:H467QS512P
メインディスプレイ:至って普通の三菱17インチのスクエアタイプ液晶(RDT1714VM)
サブディスプレイ:21.5インチワイドの液晶(PTFBGF-22W)

ちなみに、マーケットスピードver9.0は windows7 pro 64bit で動いていますが、挙動が不審になるときがあるので、「64bitのwindows+マーケットスピード」の組み合わせはおすすめしません。楽天証券も「マーケットスピードは、Windows x64Edition(64ビット版)には対応しておりません」と公式発表しています。

▼私のネット環境

niftyの「イー・アクセス 12Mコース」を利用。実測は約6Mbps。無線LANは使用しておらず、モデムからパソコンまでは有線LAN接続。

▼参考画像

↓9時14分時点での日本航空株のフル板 (売買成立前) クリックで拡大可能

9時14分時点での日本航空株のフル板

↑「買い気配」も「売り気配」も全て表示されているので、すごい情報量です。

↓9時20分時点での日本航空株のフル板 寄り付き直後(売買成立直後) クリックで拡大可能

9時20分時点の日本航空のフル板情報

↓9時29分時点での私のパソコンのCPU使用率  クリックで拡大可能

9時29分時点の日本航空のフル板

↑画面右側のタコメーターみたいな画像がCPU使用率を表しています。マーケットスピードver9で、リアルタイムのフル板情報を見ている状態のCPU使用率の画像をキャプチャしました。

CPUのコアが二つあるのですが、片方のコアの使用率が16%、もう片方が19%となっています。私のパソコンではフル板を見ていても動作は軽快です。

↓9時36分時点での日本航空株のティックチャート  クリックで拡大可能

日本航空のティックチャート2010年1月4日

▼関連記事

マーケットスピード、利用料値下げ&無料利用条件が緩和

FX会社 & 証券会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

楽天証券、ワンショットコースの株式手数料を 値下げ SBI証券に対抗

カブドットコム証券、東証のarrowheadに対応 フル板ツールは2010年春リリース

マネックス、「フル板情報ツール」をリリース 東証のarrowheadに対応

マネックスの「フル板情報ツール」の使い方の解説

野村ジョイの「ジョイ・エクスプレス」が東証のアローヘッドに対応

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする