サイバーコミュニケーションズ(cci)の株価が急落 不透明取引発覚で社長が辞任

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月10日、サイバー・コミュニケーションズの株価が前日比-29,000円(-7.77%)と急落しました。
5月9日、新井敏夫社長が子会社株などの取引で不透明な利益4億2000万円を得ていたため辞任したからです。
サイバーコミュニケーションズのウェブサイトに不正取引に関する発表文のPDFがあったので、それを読んでみましたが、今回の不正取引は監査委員会が見つけたとのことです。
今回のようなニュースを聞くと、ライブドアショック以降、監査は厳しくなっているのかなという気がします。新興市場の企業で決算を厳格にやったところ、下方修正になったという銘柄も散見されますし。
中央青山監査法人のような大手すら甘い監査をしていたのですが、今までの反動が今年になって表面化してきているのかもしれません。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする