大和証券の「株walk」のAndroid版を使った感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大和証券にはスマートフォン用の株式取引アプリである「株walk」があります。株waklはAndroid版と、iPhone版があります。

私はソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia GX SO-04D」というAndroid携帯を持っているので、「株walk」のAndroid版を、この携帯にインストールして実際に使ってみました。

「株walk」は日経225先物取引には対応していませんが、株取引を行うことができます。現物株取引信用取引の両方に対応しています。

「株walk」には最短2秒間隔の株価自動更新機能が備わっています。

また、個別銘柄の詳細情報(株価・板情報・チャート・信用情報)や各種ランキングの確認ができます。

そして、下記のニュースを閲覧することが可能です。

  1. 日経QUICKニュース (略称NQN)
  2. 株式新聞速報ニュース
  3. 東洋経済新報社が配信するニュース
  4. IGM社 「Informa Global Markets (Japan) インフォーマ グローバル マーケット ジャパン」が配信するマーケットウォッチ・ニュース

なお、「株walk」の利用料金は無料となっています。

「株walk」の長所と短所

▼「株walk」の長所

  1. 最短2秒ごとに自動更新される板情報(気配値)を見ることが可能
  2. 株式新聞速報ニュースや日経QUICKニュースといった株式関連情報を見ることが可能。
  3. 逆指値注文が利用可能
  4. パソコンで大和証券のウェブサイトにログインしながら、同時に株walkを使用することが可能

▼「株walk」の短所

  1. 板発注機能はない

以下、大和証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

携帯電話・スマートフォン>Androidアプリ「株walk」 – 大和証券

「株walk」は、国内株式取引専用のスマートフォンアプリです。

現物株式や信用取引サービスに加え、リアルタイム株価などのマーケット情報もお客さまのお手元でカンタンに操作できます。
Android端末/iPhoneでご利用いただけます。

daiwasec_kabuwalk_02.gif

daiwasec_kabuwalk_03.gif

アプリ名 : 株walk
利用料金 : 無料

【Android版】 対応OS : Android2.1以上

※タブレット端末は対象外です。

【iPhone版】

対応OS : iOS5~iOS7

対応機種 : iPhone4S~iPhone5S/C

なお、iPadにおいても、以下の端末でご利用いただけます。
iPad2、iPad(第3世代および第4世代)、iPad Air、iPad mini、iPad mini Retina

●ログイン前 提供サービス

メニュー名 サービス名
マーケット 指標※1
ランキング※1
個別銘柄※1
ニュース※1 ※2
為替※1
登録銘柄※1

※1 最低20分遅れのデータとなります。

※2 ヘッドラインのみ閲覧可能です。ニュース本文の閲覧はログインが必要となります。

●ログイン後 提供サービス

メニュー名 サービス名
マーケット 指標※1
ランキング※1
個別銘柄※1
ニュース※1 ※2
為替※1
登録銘柄※1
取引
(国内株式)
(国内株式) 国内現物株式
信用取引サービス※1
注文・約定照会
(訂正・取消)
株式残高※2 現物残高
信用残高
余力情報
お知らせ等 お知らせBOX
お知らせ(取引に関するお知らせ)※3
お知らせ(新商品・新サービス等)

※1 「信用取引サービス」は「ダイワ・ダイレクト」コースのお客様専用サービスです。なお、別途「信用取引サービス」の口座開設の申込みが必要となります。

※2 入出金・信用取引サービスの現金保証金振替はそれぞれオンライントレード(パソコン・モバイル)でご利用ください。

※3 国内株式に関する情報を登録します。それ以外の商品についてはパソコンサイトをご確認ください。

●画面イメージ

(1)マーケット
各国の指標や為替を一覧・詳細で確認でき、その表示順や表示の有無を設定することも可能です。

また、個別銘柄の詳細情報(株価・板情報・チャート・ニュース・信用情報)や各種ランキングの確認ができます。なお、各種ニュースも随時配信されます。

daiwasec_kabuwalk_04.gif

(2)登録銘柄
個別銘柄を最大100銘柄登録し、時価や騰落率を閲覧できます。

また、オンライントレード(パソコン)に登録済みの銘柄リストを取得することや、「株walk」に登録した銘柄リストをオンライントレード(パソコン)に反映することも可能です。

daiwasec_kabuwalk_05.gif

(3)取引
国内株式の現物取引・信用取引サービスのお取引が可能です。また注文・約定照会から注文の訂正・取消も行うことができます。

※単元株のお取引のみとなります。

※「信用取引サービス」は「ダイワ・ダイレクト」コースのお客様専用サービスです。なお、別途「信用取引サービス」の口座開設の申込みが必要となります。

daiwasec_kabuwalk_06.gif

(4)株式残高
国内株式の残高や買付余力、また信用取引サービスの建株や委託保証金率を確認することができます。

daiwasec_kabuwalk_07.gif

(5)お知らせ等
お取引に関わる大切なお知らせや、おすすめ情報の確認ができます。

また「株walk」でログインした状態であれば、オンライントレード(パソコン・モバイル)に、再度ログインすることなくアクセスできます。

daiwasec_kabuwalk_08.gif

詳しくは大和証券ホームページ(パソコン)をご覧ください。

~~以上、大和証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

▼iPhone用のトレードツール

▼Android用のトレードツール

▼iPhoneとAndroidの両方に対応したトレードツール

▼iPad用のトレードツール

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする