楽天証券で51単元以上の空売りが可能になりました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月12日、楽天証券で、51単元以上の信用新規売(空売り)をすることが可能になりました。

10月12日からは、51単元以上の空売りを発注することが可能になっています。ただし、空売り価格規制の確認で、規制に抵触した場合には、金融商品取引所にて注文が受付けられず、エラーとなり注文が失効します。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

51単元(売買単位)以上の信用新規売りがご注文いただけるようになります

2010年10月12日(火)【予定】の約定分より、1回のお取引で51単元以上の信用新規売り注文のうち「空売り規制」に抵触しないご注文を発注いただけるようになります。

ただし、価格規制が適用されるため、金融商品取引所に取り次がれた時点で「空売り価格規制」の確認が行なわれ、規制に抵触しない場合に限り、注文は受付られます。しかしながら、規制に抵触した場合には、金融商品取引所で注文が受付けられず、エラーとなり注文が失効します。

rakutenkarauri51tangen.gif

「空売り価格規制」について

信用新規売り注文(空売り)は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令において「空売り価格規制」が設けられております。具体的には、直近公表価格(取引所発表価格)に対し安い価格(成行を含む)で発注することを禁止しています。 下記の「空売り価格規制」に抵触した場合は、ご注文が失効となりますのでご注意ください。

当日始値決定前(寄付き前) 当日始値決定後(寄付き後)
基準価格以下での空売りを禁止 株価の上昇局面の場合
直近公表価格>直前の異なる公表価格
株価の下落局面の場合
(直近公表価格<直前の異なる公表価格)
直近公表価格未満での空売りを禁止 直近公表価格以下での空売りを禁止

弊社での51単元以上の信用新規売り(空売り)のご注文取り扱い

弊社での51単元以上の信用新規売りのご注文は、下記のお取り扱いとなります。

指値注文 逆指値
注文
逆指値付
通常注文
成行注文
(寄成、引成、
不成を含む)
寄付指値 引け指値
東証 × ×
大証 × × ×
JASDAQ × × ×
ヘラクレス × × ×


ヘラクレス銘柄は、2010年10月12日に市場統合によりJASDAQ銘柄に切り替わる予定です。

※ 51単元以上の信用新規売り注文の訂正は行えません。お手数をお掛けいたしますが、当該注文を取消後、改めてご注文をお願いいたします。
ワンショットコースの手数料をご選択いただいているお客様につきましては、51単元以上の信用新規売り注文が一部約定の状態で当該注文を取消後、改めてご注文が約定した場合には、注文毎に手数料が徴収されますので、予めご注意ください。


信用新規売り注文(50単元以内の取引を含む)は本日中注文のみ可能です。今週中注文は承っておりません。

▼ご注意事項

  • 原則、取引所において「空売り価格規制」のチェックが行われるのは、営業日の8:00から前場取引時間終了時および12:05から後場取引時間終了時です。
  • 逆指値注文につきましては、お客様がご注文を発注なさった時点ではなく、お客様が指定した価格に到達した時点で金融商品取引所にご注文が取り次がれ「空売り価格規制」についての確認が行なわれます。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

なお、私が把握する「空売り規制に抵触しない51単元以上の信用新規売が可能」なネット証券は、下記の7社です。

▼空売り規制に抵触しない 51単元以上の信用新規売が可能なネット証券

  1. 楽天証券
  2. 岡三オンライン証券
  3. アイディーオー証券
  4. クリック証券
  5. マネックス証券
  6. SBI証券
  7. 松井証券

他に「空売り規制に抵触しない51単元以上の信用新規売が可能」なネット証券会社をご存じの方がいましたら、私宛にメールかコメントいただけると幸いです。

▼関連記事

岡三オンライン証券で51単元以上の信用新規売(空売り)が可能に

信用取引 手数料比較表

信用取引とは【株式用語解説】

制度信用取引とは【株式用語解説】

一般信用取引(無期限信用取引)とは【株式用語解説】

信用取引口座開設の際に収入印紙代が無料な証券会社

逆日歩のかからない空売りをする方法

ジェイコム男BNF氏は空売りをやっていない (空売り規制があるため) 【2008.7.9の日経新聞より】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする