マネックス証券、外貨建てMMF買付時スプレッド実質無料キャンペーンを実施中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券では現在、「外貨建てMMF買付時スプレッド実質無料プログラム」キャンペーンを実施しています。今のところキャンペーンの締切日は決まっていません。

マネックス証券の証券総合取引口座を開設し、日本円で「外貨建てMMF」を買い付けると、買付時にかかった為替手数料が全額キャッシュバックとなります。

口座開設翌月末までに買い付けした「外貨建てMMF」について、買付時にかかった為替手数料相当額(スプレッド)が全額キャッシュバックとなります。

外貨建てMMFとは【解説】

外貨MMFは、海外の投資信託会社によって外貨で運用される公社債投資信託です。

外貨MMFは投資信託の一種なわけですが、格付けの高い債券やコマーシャル・ペーパーなどで運用されるため、安全性や安定性は高く、元本保証ではありませんが現地通貨での元本割れはまずありません。

現地通貨での元本割れのリスクがまずない代わりに、金利は低めに設定されています。

外貨MMFは外貨預金に似ていますが、外貨預金にはないメリットもあります↓

▼外貨MMFのメリット一覧

  1. 外貨MMFは、外貨預金より為替手数料が安い
  2. 外貨MMFは分別管理の対象となるため、万一、証券会社が破綻した場合でも、個人投資家の外貨建てMMFは保全される。外貨預金は預金保険の対象外のため、資産保護はなし。

これら外貨MMFのメリットに対して、外貨預金のメリットは海外への送金ができることです。預金という形のために海外の銀行口座への送金ができるので、海外旅行へ行ったときなどに現地で外貨を引きおろすことができて便利になります。

もともと、外貨預金より、外貨MMFの方が為替手数料が安いわけですが、今回のマネックス証券のキャンペーンを利用すれば、外貨MMFの為替手数料が片道分無料になり、通常よりお得です。

以下、マネックス証券のキャンペーンページからの抜粋です。

~~~

【新規口座開設のお客様限定】

外貨建てMMF買付時スプレッド実質無料プログラム

monex_gaika_mmf_camp_2016_001.gif

※ 以下、「為替手数料」といいます。

「外貨投資をはじめたい」という方にオススメの外貨建てMMF。マネックス証券では、米ドル、豪ドルの2通貨を、それぞれ1,000円からお取引いただけます。

新規に口座開設いただいたお客さま限定で、最大2ヶ月間外貨建てMMFの買付時為替手数料を全額キャッシュバック!はじめての外貨投資に、ぜひご検討ください。

monex_gaika_mmf_camp_2016_002l.gif

■ 外貨建てMMFの売買時にかかる手数料

米ドル 豪ドル
申込手数料 無料 無料
本プログラム適用時の買付時
為替手数料
(通常)
25銭 →実質0銭
(通常)
70銭 →実質0銭
解約手数料 無料 無料

※ 売却時の為替手数料(米ドルMMF:25銭、豪ドルMMF:70銭)については、引下げの対象とはなりません。

※ 保有期間中の費用として、投資信託という性質上、運用期間中は管理報酬などがかかります。これらは間接的な費用として、ファンドから支払われます。(お客さまが別途支払うことはありません。)

※ 「仲値」と「ご購入/ご売却為替レート」との差額が売買時の為替手数料に相当します。

※ 外貨建てMMF買付時に為替手数料がかからないお取引(外貨決済でのお取引)については、キャッシュバックの対象外です。

 ~~中略~~

▼プログラム詳細

1. 対象 マネックス証券の証券総合取引口座をご開設いただき、外貨MMFをお買付けいただいたお客さま
2. 内容

口座開設翌月末までにお買付けいただいた外貨建てMMFについて、買付時にかかった為替手数料相当額(スプレッド)を全額キャッシュバックいたします。

※ 外貨建てMMF買付時に為替手数料がかからないお取引(外貨決済でのお取引)については、キャッシュバックの対象外です。

3. 対象商品 外貨建てMMF(米ドル、豪ドル)
4.キャッシュバック時期 口座開設いただいた月の翌々月中旬

~~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

マネックス証券、「米国株 手数料キャッシュバック キャンペーン」実施中

マネックス証券、米国株取引の手数料を改定

マネックス証券の米国株取引ツール「トレードステーション」を使った感想

マネックス証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

マネックス、米国株取引において「ECN(電子取引所)配信のリアルタイム株価」を導入

マネックス証券、米国株取引にツイン指値注文と連続注文を導入

マネックス証券、「米国株四半期速報」をリリース

マネックス証券、外国株取引口座と証券総合取引口座間の米ドルの振替機能を導入

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする