楽天証券が米国株式の注文可能時間を延長

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券が10月1日から米国株式の注文可能時間の延長を実施すると発表しました。

今まではアメリカ株の注文可能時間は「15時00分~翌2時30分」でした。これが10月1日からは下記のようになります。

15時00分~ニューヨーク市場クローズ時まで

<参考>現地取引所取引時間(日本時間)
通 常:23時30分~翌6時00分
夏時間:22時30分~翌5時00分

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

米国株式 取引時間をフルカバー&書籍プレゼントキャンペーン実施のお知らせ

2010年10月1日(金)より、お客様より要望の多かった米国株式の注文可能時間の延長を実施いたします。
今回の時間延長により、ニューヨーク市場の閉場時間までリアルタイムでの取引が可能になります。

また、取引時間の延長を記念して、キャンペーン期間内に米国株式(ETF・ADRを含む)を取引なさったお客様を対象に、ETFのトップブランドである「iシェアーズ」シリーズを運用しているバークレイズグループ(現、ブラックロック・グループ)のラス・ケステリッチ氏が執筆した「ETF投資戦略」(日経BP社)を抽選で100名様にプレゼントいたします。

10/1~ 米国株式の注文可能時間がニューヨーク市場クローズまで延長!

rakutenamericastock.gif

現在の注文受付時間 15時00分~翌2時30分
変更後の注文受付時間

15時00分~ニューヨーク市場クローズ時まで

<参考>現地取引所取引時間(日本時間)
通 常:23時30分~翌6時00分
夏時間:22時30分~翌5時00分

ラス・ケステリッチ著「ETF投資戦略」を抽選で100名様にプレゼント!

不透明な金融マーケットのなかで、リスクとコストを極限まで抑え、着実にリターンを積み上げていくための最強ツール「ETF(上場投資信託)」。その基礎知識と活用ノウハウをこの一冊に凝縮。

ETFのトップブランドである「iシェアーズ」シリーズを運用しているバークレイズグループ(現、ブラックロック・グループ)のラス・ケステリッチ氏が執筆した「ETF投資戦略」(日経BP社)を抽選で100名様にプレゼント。

■著者紹介

ラス・ケステリッチ
RUSS KOESTERICH
ブラックロック マネージング・ディレクター 科学的アクティブ株式運用
インベストメント・ストラテジスト グローバル責任者

2005年バークレイズ・グローバル・インベスターズ入社。米国マーケット・ニュートラル・グループのシニア・ポートフォリオ・マネジャーとして従事した後、インベストメント・ストラテジー・グループの責任者に就任。株式アクティブ戦略全般にわたりプロダクト・マネジメント、及びストラテジストとして、既存顧客、及び新規顧客に対して戦略説明などを担当。2009年ブラックロックとの経営統合後も、引き続き、科学的アクティブ運用プロダクトのインベストメント・ストラテジストの責任者を務める。

彼の業界での経験は、ニューヨークのインスティネット社でリサーチ部門の数々の役職を経験し、米国、欧州に関する投資研究部門の部長を務めたことに始まる。その後、クオンツやトップ・ダウン・アプローチに着目した様々な研究開発部門に従事。直近は、ボストンのステート・ストリート銀行で北米ストラテジストのヘッド、および米国、カナダの株式研究の統括責任者を歴任した。

ブランダイス大学で学士号を、ボストン大学で法学士、コロンビア・ビジネス・スクールでMBAを取得。ウォール・ストリート・ジャーナル誌やニューヨーク・タイムズ紙、AP通信、CNBC、ブルームバーグ・テレビ等へも頻繁に寄稿。

1987年ブランダイス大学(史学)卒業、1990年ボストン大学JD(法学)課程修了、1995年コロンビア大学MBA(経営学修士)修了。

キャンペーン概要

キャンペーンの対象期間

2010年10月4日(月)~2010年11月1日(月)国内約定分

※現地約定日 2010年10月1日(月)~10月29日(金)

プレゼント商品 ラス・ケステリッチ著「ETF投資戦略」を抽選で100名様にプレゼントいたします。
キャンペーン対象者 キャンペーン対象期間内に米国株式を1回以上取引なさったお客様
当選者発表 プレゼントの発送は11月中旬を予定しています。
当選者の発表は、書籍の発送をもって代えさせていただきます。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

楽天証券、iSPEED for iPhone (iPhoneアプリ)を9月16日にリリース

マーケットスピードとは 【株式用語解説】

楽天証券、業種分類スクリーニング機能をリリース

マーケットスピードのフル板、利用料値下げ & 無料条件緩和

ETFとは (株式用語解説)

ETFとインデックス投信の比較表

インデックス投資とは (株式用語解説)

楽天証券、「iシェアーズ MSCI エマージング・アジア・インデックス ETF」の取扱い開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする