ついに「ファーストガンダム」がDVD化 バンダイビジュアルと創通エージェンシーの株価に注目か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月7日、バンダイビジュアルが初代「機動戦士ガンダム」テレビシリーズ全43話をDVD化した「機動戦士ガンダムDVD-BOX」を発売すると発表しました。
全2巻で、1巻を12月22日に、2巻を来年1月26日に発売します。1巻は3万7800円(税込み)、2巻は3万1500円とかなりの高額商品なので、バンダイビジュアルの株価にもインパクトがありそうです。
なお、ファーストガンダムDVD化にともない創通エージェンシーの株価も気になるところです。
創通エージェンシーは広告代理店であり、バンダイナムコホールディングスの持分法適用会社にあたります。アニメ番組企画・制作のメディア事業とアニメの版権事業を行っています。
「機動戦士ガンダム」の著作権はバンダイナムコグループにあると思われがちですが、100%子会社であるサンライズ自体を除いてバンダイナムコグループは一切の権利を所持していません。「ガンダム」や「ガンプラ」の商標権は創通エージェンシーが所有しています。
ところで、バンダイビジュアルの発表によると、ファーストガンダムDVD発売に先駆けて2006年7月からDVDレンタルも開始するそうです。
DVDレンタルを先に始めた方が、DVDの売上が伸びるんですかね?DVDを売ってから、レンタルをスタートさせた方がいいような気がするのですが。素人考えなのかな。
■参考
以下、バンダイヴィジュアルの「ファーストガンダムDVD化に関する発表文」からの抜粋です。

1
各 位
<速 報> 2006 年4 月7日
伝説のTVアニメシリーズ「機動戦士ガンダム」がついにDVDで登場
『機動戦士ガンダムDVD-BOX』(全2巻)発売決定!
第1 巻を2006 年12 月22 日、第2 巻を2007 年1 月26 日に発売
DVDレンタルは2006 年7 月からスタート
バンダイビジュアル株式会社
住所:東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル16F
社長:川城和実 資本金:21 億8250 万円
(東証1部 4325)
バンダイビジュアル株式会社は、1979年から翌1980年にかけてテレビシリーズ
として放送され、後のアニメ作品に大きな影響を与えたリアルロボットアニメの金字塔
『機動戦士ガンダム』(全43話)を初めてDVD化し、全2巻の「機動戦士ガンダムD
VD-BOX」(第1巻:37,800円、第2巻:31,500円/税込)として初回
限定生産で発売いたします。第1 巻は2006年12月22日、第2巻は2007年1月
26日に発売となります。
販売ルートは、全国の家電量販店の映像ソフト売場、CDショップ、アニメ専門店の映
像ソフトコーナー等です。
また、「機動戦士ガンダムDVD-BOX」の発売に先駆け、2006年7月から、
DVDレンタルもスタートします。
「ガンダム」シリーズは、毎年、当社売上の20~40%を占めている主力作品です。
2007年2月期には、「機動戦士ガンダムDVD-BOX」を含む「ガンダム」シリー
ズ全体で80億円以上の売上を見込んでいます。
■「機動戦士ガンダムDVD-BOX」について
1979年4月7日から放送されたTV シリーズ全43話を、11枚のDVDに収録
し、全2巻の初回限定生産DVD-BOXとして発売します。第1巻は、第1~24話ま
でを収録したDVD6枚組、第2巻は第25~43話までを収録したDVD5枚組みとな
ります。
また、「機動戦士ガンダムDVD-BOX」の発売を盛り上げていくために、2006
年9月14日までに店頭でDVD-BOX第1巻を予約していただくと、特製アクション
モデル「1/200 RX-78 GUNDAM Limited Version」(非売品)が付いてくる先行予約特典
キャンペーンを実施します。
この他にも、販売促進のための様々な施策を随時実施していく予定です。
2
■『機動戦士ガンダム』とは
1979年4月~1980年1月にかけてテレビシリーズとして放送されたアニメ『機
動戦士ガンダム』(日本サンライズ=現・(株)サンライズ制作)は、富野由悠季監督の
代表作で、その後27年にわたってシリーズ展開されている「ガンダム」シリーズの原点
となる作品です。同作品は、それまでの勧善懲悪のロボットヒーローアニメとは一線を画
し、戦争という極限状態に身を置くこととなった主人公・アムロの心情や、リアリティー
のある世界観、緻密なSF設定、深みのある人物描写などが当時の高校生や大学生を中心
とした層に衝撃を与えました。その後、再放送を経て人気が加速していき、ついに劇場版
三部作として公開され一大ブームを巻き起こしました。その後も、テレビアニメシリーズ
11作品、映画14作品、OVA(オリジナルビデオアニメーション)シリーズ6作品が
制作され、放送開始から27年経った現在、親子2世代のファンも誕生しています。
2002年には、TVシリーズ『機動戦士ガンダムSEED』が、“21世紀のファー
ストガンダム”として制作・放送され、従来の10代~30代の男性ファンに加え女性や
小学生にまでファン層が拡大し大ヒットを記録。続編にあたるTVシリーズ『機動戦士ガ
ンダムSEED DESTINY』(2004年10月~2005年9月放送)も前作を
上回るヒットとなり、新たなガンダムブームを巻き起こしました。
2005年には、富野由悠季監督により、TVシリーズ第2作目の『機動戦士Zガンダ
ム』が劇場三部作として再構成され公開(第1部2005年5月公開、第2部2005年
10月公開、第3部2006年3月公開)、大ヒットとなりました。
バンダイビジュアル(株)は、1988年からこれらガンダムシリーズのビデオ、レー
ザーディスク、DVDを発売しており、2006年3月までの累計出荷数は1200万枚
本を突破しています。
■「ガンダム」シリーズ一覧
<TVシリーズ>
『機動戦士ガンダム』(1979~80年)
『機動戦士Zガンダム』(1985~86年)
『機動戦士ガンダムZZ』(1986~87年)
『機動戦士Vガンダム』(1993~94年)
『機動武闘伝Gガンダム』(1994~95年)
『新機動戦記ガンダムW』(1995~96年)
『機動新世紀ガンダムX』(1996年)
『∀ガンダム』(1999~2000年)
『機動戦士ガンダムSEED』(2002~03年)
『SDガンダムフォース』(2004年)
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(2004年~05年)
3
<劇場作品>
『機動戦士ガンダムⅠ』(1981年3月)
『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』(1981年7月)
『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』(1982年3月)
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年3月)
『元祖SDガンダム』(1988年3月)
『機動戦士ガンダムF91』(1991年3月)
『機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光』(1992年8 月)
『新機動戦記ガンダムW Endless Walts 特別篇』(1998年8月)
『機動戦士ガンダム/第08MS小隊 ミラーズ・リポート』(1998年8月)
『∀ガンダムⅠ 地球光』(2002年3月)
『∀ガンダムⅡ 月光蝶』(2002年3月)
『機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-』(2005年5月)
『機動戦士ZガンダムⅡ -恋人たち-』(2005年10月)
『機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-』(2006年3月)
<OVA>
『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(1989年)
『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』(1991年)
『機動戦士ガンダム/第08MS小隊』(1996年)
『新機動戦記ガンダムW Endless Walts』(1997年)
『機動戦士ガンダムMSイグルー -1年戦争秘録-』(2004年)(※ガンダムミュ
ージアム限定上映)
『機動戦士ガンダムMSイグルー -黙示録0079-』(2006年)
<商 品 概 要>
「機動戦士ガンダムDVD-BOX」1、2
(全2巻・初回限定生産商品)
メディア :DVD
発 売 日 :【第1巻】2006年12月22日
【第2巻】2007年1月26日
希望小売価格:【第1巻】37,800円(税込)、【第2巻】31,500円(税込)
収録時間 :【第1巻】約600分(第1~24話を6枚のDVD に収録)
【第2巻】約475分(第25~43話を5枚のDVD に収録)
スペック :ドルビーデジタル(モノラル)/片面2 層
* 上記以外のスペックの詳細は、確定しだい順次公表していきます。
* DVDの単品(全11 巻)は2007年2月23日発売予定です。
* DVDレンタルは2006 年7 月からスタートします。
4
<『機動戦士ガンダム』>(C)創通エージェンシー・サンライズ
【報道関係の方からのお問い合わせ先】 【商品に関するお問い合わせ先】
バンダイビジュアル(株)社長室 バンダイビジュアル(株)
企業広報担当 元洲
もとす
または松尾
まつお
まで
お客様センターまで
TEL 03-6252-3377 TEL 03-5828-7582
FAX 03-6252-3378

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする