ゼンテック・テクノロジー・ジャパンの株価が急上昇 (ワンセグ関連銘柄)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月28日、ゼンテック・テクノロジー・ジャパンの株価が前日比+49,000円(+7.49%)の上昇となりました。同社はいわゆる「ワンセグ関連銘柄」です。
4月1日にワンセグ放送が開始されるので、ゼンテックにも注目が集まってきたようです。ワンセグ関連銘柄には下記のような企業があります。
■1セグ関連銘柄の一覧
コネクトテクノロジーズ・・・携帯電話向けに特化したソフト開発会社。インデックスの研究開発部門として発足。
インデックス・・・携帯電話向けコンテンツ配信起点にシステム開発など展開。
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン・・・デジタル家電等の組み込みソフト開発、無線通信などネットワークにも進出。
テクノマセマティカル・・・独自開発の技術による画像・音声処理向けソフト・ハードウエアの開発。
ナノメディア・・・携帯電話向けエンタメコンテンツ配信、電子番組ガイドも。
ACCESS(アクセス)・・・情報機器向けソフト開発会社。携帯電話用閲覧ソフト(ブラウザ)が稼ぎ手。
ピクセラ・・・画像圧縮や周辺機器制御ソフト等PCやAV得意。
28日は、ゼンテックの他にもインデックスやテクノマセティカルの株価が急騰しました。しかし、3ケ月チャートを見ると、どの銘柄もパフォーマンスは大したことはありませんね。新興市場の銘柄が多いので、未だにライブドアショックのダメージを引きずっているようです。
■ワンセグ・・・別名 : 1セグメント放送, 1セグ放送, 1 segment broadcasting
ワンセグとは、2006年4月1日に放送が開始される「携帯向けの地上デジタルテレビ放送サービス」です。もともと技術的名称として1セグメント放送と呼ばれていたましたが、地上デジタル放送推進協会によって2005年9月にワンセグという名称が決定されました。
ワンセグ放送は、3大都市圏と他13の県から開始される予定です。放送エリア内で、ワンセグ放送対応端末を持っていれば、従来のテレビのように、誰もが無料で視聴する事ができます。電波による放送なので、「ワンセグ」対応の携帯電話で見ても、パケット通信料などは不要です。
これまでもテレビ受信できる携帯電話はありましたが、ワンセグはデジタル放送であるため、移動中や屋外でもクリアな映像の受信が可能になると見られ、受信時の電力消費も少なくて済みます。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする