プロ野球関連銘柄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、WBCで王ジャパンが世界一になったせいで、3月25日のプロ野球パリーグの開幕戦は盛況だったようですね。3球場に昨年の開幕よりも約2万5000人多い10万6692人のファンが詰め掛けたとのことです。
というわけで、野球関連銘柄をピックアップしてみました

■野球関連銘柄
ミズノ・・・スポーツ用品専業大手、オーナー系、ゴルフ・野球のブランド強い。野球用ユニフォーム「WBC日本代表モデル」を作っている。
ゼット・・・スポーツ用品卸大手、野球用品と一部ウエアは自社製品、製造・小売りは子会社化
ゼビオ・・・紳士服からスポーツ用品へ業態転換。大型スポーツ店を展開。ヴィクトリアを子会社化
東京ドーム・・・ドーム球場を所有、子会社で金融、ホテル、遊園地など。
あとは、各プロ野球チームのオーナー関連企業でしょうか。
■セリーグ
巨人(ジャイアンツ)・・・読売新聞は上場していない→日本テレビは上場企業
阪神タイガース・・・阪神電気鉄道
中日ドラゴンズ・・・オーナー=白井文吾氏=中日新聞社会長(非上場)
東京ヤクルトスワローズ・・・ヤクルト
横浜ベイスターズ・・・東京放送 (TBS)
広島カープ・・・親会社なし(独立採算・マツダも株を保有)
■パリーグ
ソフトバンクホークス・・・ソフトバンク
千葉ロッテマリーンズ・・・ロッテ(非上場)
西武ライオンズ・・・西部鉄道グループ・プリンスホテル(非上場)
北海道日本ハムファイターズ・・・日本ハム
オリックス・バファローズ・・・オリックス
東北楽天ゴールデンイーグルス・・・楽天
超大穴銘柄は「日本テレビ」です。2005年は巨人戦の視聴率がずたボロだったため、シーズン終了まで日テレの株価は散々な状況でした。
今年、原監督に率いられた巨人戦の視聴率が回復すれば、日本テレビの株価も回復するかもしれません・・・厳しそうですね。
あと、プロ野球人気が回復すると、一番恩恵を受けるのは阪神電鉄の株を45%以上保有する村上ファンドなのかもしれません。なんだかなあ^ ^;

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする