カブボードフラッシュがiPhoneやiPadに対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券には「カブボードフラッシュ」というリアルタイム株価自動更新サービスがあります。

カブボードフラッシュとは、リアルタイムストリーミング機能によってユーザーが登録した銘柄の株価情報を一覧かつ自動更新で見ることができるサービスです(18銘柄×5ページで最大90銘柄登録可能)。

また各銘柄の、歩み値、気配値、四本値、売買代金、VWAPなども同一画面内にてすべて自動更新で閲覧可能です。

カブボードフラッシュの利用料は、カブドットコム証券のユーザーなら無料です。

そのカブボードフラッシュですが、iPhone4やiOS4へアップデートされた iPhone または iPadでも動作の確認が取れたとのことです。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

iPhone4(iOS4)/iPadへの対応につきまして – カブドットコム証券

2010/06/25

2010年6月24日(木)に発売が開始されたiPhone4 にて、 当社の iPhone 向け売買画面が正しく動作する事を確認いたしました。

また、従来の iPhone をお使いの方で、 iOS4 へソフトウェアアップデートされた環境においても、正しく動作いたしておりますので、ここにご報告させて頂きます。

■iPhone4、iOS4へアップデート済みのiPhone3G/3GS、iPad をお使いのお客様へ
株価自動更新ツールのカブボードフラッシュについて、 現時点では PC 用サイトのみでの提供とさせて頂いております。 しかしながら、iPhone4、iOS4 へアップデートされた iPhone または iPad をお使いの環境においても、 標準ブラウザとして搭載されている Safari の Cookie 設定を変更する事で、 リアルタイム更新の動作が行われている事を確認しております。

こちらの手順を参考に Cookie の設定を変更したのち、 PC版のお取引サイトへログインして、カブボードフラッシュを起動する事で、自動更新が開始されます。

お客様の環境により「大変申し訳ございません。処理中にエラーが発生しました。~」といった エラーメッセージが表示される事があります。 この場合、先の手順に従い Safari の 「Cookie の削除」を実行した後、電源を入れ直してください。

本件の動作については、3G通信網で安定した通信帯域の確保が難しい事等から、現在は正式サポートではありません。 ご利用になられる場合には、安定した通信状態を確保される等、 利用環境について十分ご注意いただきますようお願い申し上げます。

■iPhone4 への今後の対応について
解像度が高くなり表示出来る情報量が増した iPhone4 に対する当社対応につきまして、 現在、検討を進めているところです。今後のサービス展開にご期待ください。

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

私は「iPhone 3G」を持っているので、iPhoneでカブボードフラッシュを使ってみました。動作確認はとれました。

しかし、ソフトバンクの3G回線を使っているためか、それとも「iPhone 3G」のCPUパワーがイマイチだからか、動作がもっさりしている感じです。気配値の更新のスピードがゆっくりです。

(ちなみにOSのバージョンは、iOS4にしています)

このカブボードフラッシュを高速で使うためには、無線LANを使うか、新しいiPhone4にする必要がありそうです。

▼関連記事

楽天証券、iPhoneとAndroid向けウェブサイトをリリース

松井証券、iPhone向け投資情報アプリ「株touch」をリリース

楽天証券のiSPEEDがiPhoneに対応

楽天証券とカブドットコム証券、iPhone用のトレーディングツールをリリース

SBI証券の携帯向け株取引サイトがiPhoneに対応

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年7月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする