日経ヴェリタスにジェイコム男BNFさん関連記事が載りました 【2010年6月20日号】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月20日発売の日経ヴェリタスが、ジェイコム男BNFさんのことを誌面で取り上げています。

日経ヴェリタスの記事は、以前当サイトでもお伝えしましたが、BNF氏が2010年3月31日時点で下記の5社の大株主になっていたという内容です。

以下、日経ヴェリタス119号からの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「株主富豪」目立つネット組、ジェイコム長者は5社で登場。(2010/6/20)

 東京証券取引所が18日発表した「株式分布状況調査」によると、2009年度末の個人投資家の延べ人数は過去最高に近い4479万人だった。

株主総会シーズンに各社が公表する大株主リストなどを、日経ヴェリタス編集部で独自分析したところ、やはり個人投資家の積極的な動きが目立つ。「ジェイコム長者」と呼ばれる個人投資家が3月末時点で工業用ミシンのJUKI(証券コード6440)など計5社の大株主になったことも判明。

著名投資家の竹田和平氏は保有株を買い増した。個人保有の株式の時価でみた富豪ランキングでは、新たな勝者が浮上してきた。

すでに売却の観測も

 上場各社は株主総会の招集通知に3月決算期末時点の大株主(持ち株比率トップ10)リストを掲載する。そうした中、市場で話題となったのがジェイコム長者だ。

  ~~~中略~~~

短期売買を手掛けることでも知られるだけに、すでに売却したとの観測も出るなど憶測は絶えない。ほぼ1年前には、オリックス(8591)の第9位の株主になったことが判明。半年後には大株主リストから姿を消した経緯もある。

「ジェイコム長者」が新規に大株主になった会社

社名(コード) 持ち株数 持ち株比率 株主順位 保有額
JUKI (6440) 550万株 4.3% 2 10億円
蛇の目(6445) 316万株 1.6% 5 2億円
JVCケンウッド(6632) 5300万株 4.9% 2 21億円
河合楽器(7952) 230万株 2.7% 4 5億円
兼松(8020) 515万株 1.2% 7 4億円

社名は一部略称、保有額は3月末時点の株価で算出、持ち株比率は発行済み株式数に占める比率、日経会社情報2010年夏号の株主情報からの作成。

~~~以上、日経ヴェリタスからの抜粋~~~

今回のヴェリタスの記事ですが、残念ながら、BNF氏へのインタビューはありません。

ちなみに、「ジェイコム長者=ジェイコム男BNF氏」です。日経の記者さんは、BNF氏のことをジェイコム長者と表記することが多いです。

なお、日経ヴェリタスを定期購読していない方で、日経ヴェリタスを読みたい方は、amazonで買うのがお手軽です。

Amazonの検索窓で「日経ヴェリタス 2010年6月20日号」などキーワードを打ち込んで検索してみてください。

現在、Amazonはキャンペーン中で、Amazonマーケットプレイス以外での商品は全て送料無料となっています。

※BNF氏について詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

▼関連記事

会社四季報や日経会社情報を無料で読むことができる証券会社

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする