楽天証券、海外 商品先物取引サービス開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券が10月下旬から海外先物取引のサービスを開始すると発表しました。

海外先物取引とは、海外(米国、シンガポール等)にある取引所に上場している株価指数や工業品、農産物などの先物取引です。

10月下旬以降は、商品先物取引会社の口座を開設していない人でも、楽天証券で海外先物取引口座を開設すれば、とうもろこし・大豆・銀などの商品先物を取引できるようになります。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

海外先物取引サービス開始!取扱本数で圧倒的No.1

経済の国際化、多様化が加速する昨今、日本の投資家においても、より多彩な商品への投資ニーズが高まっております。なかでも、金や原油などの商品市場は、一般的に株式や為替相場との連動性が低いと言われており、株式相場が急落した場合などの代替市場としての役割が期待されています。

このような中で、楽天証券では主要ネット証券で初となる海外先物取引のサービスを10月下旬に開始いたします。従来より取扱っている国内先物・オプション取引、FX、CFDに加え、海外先物取引を取扱うことにより、ネット証券No.1の商品ラインナップでお客様の取引を一層サポートしてまいります。

弊社では、海外先物取引のサービス開始に先立ち、10月2日(土)メンテナンス終了後から海外先物取引専用口座の開設受付を開始いたします。
また、取引ツールである「マーケットスピード」最新バージョン(Ver10.0)の評価版モニターを募集させていただき、サービス開始前にいち早くお客様にご利用いただく予定です。

海外先物取引とは?

海外先物取引とは、海外(米国、シンガポール等)にある取引所に上場している株価指数(Equity Index)や工業品(Energy、Metals)、農産物などの先物取引です。

楽天証券では、CMEが運営するGLOBEX(電子取引)に接続し、「S&P500」や「ダウ30種平均」、世界で最大の流動性を誇る「E-mini S&P500」などの世界を代表する株価指数の先物取引が、24時間リアルタイムで取引できる環境を提供いたします。今回のサービス開始により、すでに取り扱っている大証に上場する「日経225」に加え、CMEおよびSGXに上場する「Nikkei225」の円建て・ドル建て取引の提供をカバーするため、弊社は日経225に連動する先物取引を全て取扱う国内唯一の証券会社となります。

また、米ドル建ての商品については、直接米ドルでの取引が可能なため、取引時の為替リスクを考慮することなく取引ができます。弊社では、10月12日に「夜間為替取引サービス」を開始する予定です。これによって、16時から翌6時(夏時間は翌5時)の時間帯であれば、取引したいタイミングに直ちに為替取引を行うことが可能です。

取扱い予定銘柄(2010年9月30日時点)

銘柄区分 銘柄名 取引所 最低取引単位
(取引価格に対する倍率)
手数料
(1単位あたり)
円建て/ドル建て
Equity Index E-mini S&P 500 (Dollar) CME 50 $9.45 米ドル
E-mini S&P MidCap 400 100 $9.45 米ドル
E-mini S&P SmallCap 600 100 $9.45 米ドル
E-mini NASDAQ-100 20 $9.45 米ドル
E-mini Dow ($5) CBOT 5 $9.45 米ドル
Nikkei225(DOLLAR) CME 5 $9.45 米ドル
Nikkei225(Yen) 500 \840
SGX Nikkei 225 Index Futures SGX 500 \840
Mini SGX Nikkei 225 Index 100 \210
SGX USD Nikkei 225 Index Futures 5 $9.45 米ドル
SGX S&P CNX Nifty Index Futures 2 $9.45 米ドル
SGX MSCI Taiwan Index Futures 100 $9.45 米ドル
Energy Light Sweet Crude Oil (WTI) NYMEX 1,000 $12.60 米ドル
E-mini Light Sweet Crude Oil (WTI) 500 $9.45 米ドル
Henry Hub Natural Gas 10,000 $12.60 米ドル
E-mini Natural Gas (Henry Hub) 2,500 $9.45 米ドル
Metals Gold COMEX 100 $12.60 米ドル
miNY Gold 50 $9.45 米ドル
Silver 5,000 $12.60 米ドル
miNY Silver 2,500 $9.45 米ドル
Copper 25,000 $12.60 米ドル
E-Mini Copper 12,500 $9.45 米ドル
Agriculture Corn CBOT 5,000 $12.60 米ドル
Mini-Sized Corn 1,000 $9.45 米ドル
Wheat 5,000 $12.60 米ドル
Mini-Sized Wheat 1,000 $9.45 米ドル
Soybeans 5,000 $12.60 米ドル
Mini-Sized Soybean 1,000 $9.45 米ドル

海外先物取引をはじめるには

海外先物取引をはじめるには、楽天証券の「総合取引口座」、国内の「先物・オプション取引口座」および「海外先物取引口座」の開設が必要です。

海外先物取引口座のお申込は、10月2日(システムメンテナンス終了後)から受付を開始する予定です(「マーケットスピードVer.10」評価版テストモニターのお申込みを兼ねています)。受付開始まで、もうしばらくお待ちください。


国内の「先物・オプション取引口座」をお持ちでないお客様は、あらかじめ国内の「先物・オプション取引口座」の開設を済ませておきますと、その後のお手続きがスムーズに進みます。

楽天証券の海外先物の魅力と特徴

1・世界の主要な先物取引(株価指数、商品)をカバー

Equity Index(株価指数先物)は、世界でもっとも取引量の多い先物「E-mini S&P500」など、CBOTに上場する1銘柄、CME上場の6銘柄、SGX上場の5銘柄の合計12銘柄を取扱います。またエネルギーに関連では、代表的な原油先物「Light Sweet Crude Oil (WTI) 」などNYMEXに上場する先物を4銘柄(Energy)を取扱うほか、COMEXに上場する金や銀などの工業品(Metals)に関する先物を6銘柄、CBOTに上場するとうもろこしや大豆などの農産物に連動する先物(Agriculture)を6銘柄取扱いいたします。合計28銘柄でスタートし、今後拡充を図ってまいります。

2・世界に上場する日経225先物を全てカバー

すでに取り扱っている大証に上場する「日経225」に加え、CMEに上場する「Nikkei225(ドル・円)」の2銘柄、およびSGXに上場する「SGX Nikkei 225 Index Futures」「Mini SGX Nikkei 225 Index」「SGX USD Nikkei 225 Index」の3銘柄をカバーするため、弊社は日経225に連動する世界の先物取引を全て取扱う証券会社となります。

3・現地通貨で直接の取引が可能になります

海外先物取引は米国株式と同様に米ドルでの取引が可能です(一部円建て商品を除く)。そのため、取引時の為替リスクを考慮することなく取引ができます。また、本サービスの開始に先がけて夜間為替取引サービスを開始いたします。16時から翌6時(夏時間は5時)の時間帯であれば、取引したいタイミングに直ちに為替取引を行い、取引商品の投資資金にすることが可能です。

4・マーケットスピードで、24時間リアルタイムでの取引が可能に

海外先物取引口座を開設なさったお客様には、弊社トレーディング・ツール「マーケットスピード Ver10.0」で、各銘柄の価格をリアルタイムでご覧になれます(口座未開設の方は20分ディレイで表示)。「マーケットスピード」の特長の一つであるテクニカルチャートやコモディティに関するニュース配信もリアルタイムで提供し、板やチャート上からのクイック注文にも対応いたします。

5・業界屈指の格安手数料

円建てで取引できるNikkei225先物(CME・SGXとも)の手数料がミニタイプで210円、ラージタイプで840円、ドル建てで取引できる商品のミニタイプの先物が9.45米ドル、ラージタイプの先物が12.60米ドルと、全ての商品において、個人向けに提供する先物取引を業界最低水準となる手数料で提供いたします(表記は、全て税込)。

6・日本語対応

お客様が海外先物を取引なさる際の取引説明書や取引画面をすべて日本語表記に統一し、お客様がお取引や操作がしやすい環境を実現いたしました。証拠金情報画面では国内先物取引と同様に、受入証拠金率や当社証拠金所要額などをご覧いただけます。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

楽天証券の海外先物取引サービスは、取引説明書や取引画面が全て日本語表記になるということで、日本人にはありがたいですね。

▼関連記事

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

FX会社 & 証券会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

ネット証券、口座開設キャンペーン一覧

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする