カブドットコム証券、日経平均やTOPIXなどに連動するETF 3銘柄の手数料を無料化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券が6月18日から、日経平均やTOPIXなどに連動するETF 3銘柄の手数料を無料化すると発表しました。

手数料が無料になるETFは下記の3銘柄です。

ファンド名 コード 取引所 投信会社 売買単位 手数料
MAXIS トピックス・コア30上場投信 1344 東証 三菱UFJ投信 10株 無料
TOPIX Core 30に連動する投資成果を目的とするETF
MAXIS 日経225上場投信 1346 大証 三菱UFJ投信 1株 無料
日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目的とするETF
MAXIS トピックス上場投信 1348 東証 三菱UFJ投信 10株 無料
東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果を目的とするETF

カブドットコム証券の証券取引口座を使えば、上記のETFの売買手数料が無料となります。現物取引、kabu.comPTS(私設市場)、信用取引のどの取引でも手数料無料です。

なぜ、手数料が無料になるかというと、カブドットコム証券が三菱UFJフィナンシャル・グループの一員だからです。

上記のETFを運営しているのは三菱UFJ投信という会社です。同じ三菱UFJフィナンシャル・グループだから、カブドットコムにおいて売買手数料が無料にできるわけですね。

これらのETFがたくさん売れれば、三菱UFJ投信が信託報酬で利益が出る。その利益の一部が、カブドットコム証券に流れるという仕組みでしょう。

これまで当サイトでは、ETFを買うには、松井証券が「約定代金10万円以下で手数料が21円」となっており安いと紹介してきました。今後は、カブドットコム証券で、日経平均やTOPIXに連動するETFを買うのもよいかもしれません。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2010年6月17日

「フリーETF(特定のETFの売買手数料を無料とするサービス)」の提供開始
~ 三菱UFJ投信「MAXIS」シリーズのETF3銘柄の売買手数料を無料化 ~

カブドットコム証券株式会社は、2010年6月18日(金)予定から、特定のETF(上場投信)の売買手数料を無料とするサービス「フリーETF」(サービス名称)の提供を開始します。

サービス当初の「フリーETF」の対象ETFは、三菱UFJ投信の「MAXIS」シリーズ3銘柄とし、現物取引、kabu.comPTS(私設市場)、信用取引における売買手数料を、お取引チャネルに関わらず無料とします。

● 「フリーETF」サービス概要

サービス名称 フリーETF (手数料無料のETF)
対象銘柄 当社が定めるETF(上場投信)
取引形態 現物取引、kabu.comPTS(私設市場)、信用取引
手数料(税込) 無料 (取引チャネル、注文方法に関わらず)

・フリーETFの開始により、対象の上場投信は手数料コストを考慮せずに取引可能となります。

<上場投信の主な特徴>
・同種の株価指数等に連動するインデックスファンドと比べて、一般的に信託報酬等のコストが安い。
・代表的な株価指数等に連動するETF(上場投信)が対象であり、わかりやすく分散投資できる。
・株式と同じく市場で時価を見ながら機動的に売買できる。自動売買も活用できる。
・インデックスファンドと同様に、多数の銘柄に投資することにより、個別銘柄にかかるリスクを分散できる。

● 「フリーETF」対象銘柄

ファンド名 コード 取引所 投信会社 売買単位 手数料
MAXIS トピックス・コア30上場投信 1344 東証 三菱UFJ投信 10株 無料
TOPIX Core 30に連動する投資成果を目的とするETF
MAXIS 日経225上場投信 1346 大証 三菱UFJ投信 1株 無料
日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目的とするETF
MAXIS トピックス上場投信 1348 東証 三菱UFJ投信 10株 無料
東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果を目的とするETF

国内のみならず、エマージングを含めた海外の多様な資産への投資機会を提供するなど、投資家のニーズにあった商品ラインナップを目指し、今後も拡大して参ります。

● 「フリーETF」専用ホームページを新設

当社は、この「フリーETF」サービスの提供を通じて、様々な投資家のニーズにマッチする利便性の高い金融商品であるETF(上場投信)を、幅広いお客様に知っていただけるよう、サービス開始にあわせて「フリーETF」専用のホームページを新設いたします。

● 「フリーETF」関連会社フロー図

フリーETF

当社は、この「フリーETF」サービスの提供を通じて、様々な投資家のニーズにマッチする利便性の高い金融商品であるETF(上場投信)を、幅広いお客様に知っていただけるよう、サービス開始にあわせて「フリーETF」専用のホームページを新設いたします。

● 「モルガン・スタンレーMUFG証券」と 「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」がマーケットメイク。
この「フリーETF」3銘柄につきましては、「モルガン・スタンレーMUFG証券」と「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」がマーケットメイクを行い、流動性の向上に貢献していただきます。

● 三菱東京UFJ銀行などの金融商品仲介口座でのETF取引拡大期待
主要指標連動を目指して運用されるETF(上場投信)は値動きなどもわかりやすく、株式投資初心者からベテランまで幅広いお客さまにお取引していただける商品です。金融商品仲介業務提携先での取引拡大も期待しております。

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

フリーETFは、「国内のみならず、エマージングを含めた海外の多様な資産への投資機会を提供するなど、投資家のニーズにあった商品ラインナップを目指し、今後も拡大して参ります。」ということです。

今後、カブドットコム証券で新たな「手数料無料ETF」が誕生することに期待したいと思います。

▼関連記事

ETFとは (株式用語解説)

ネット証券 手数料比較表

インデックス投資とは (株式用語解説)

ETFとインデックス投信の比較表

信用取引とは (株式用語解説 信用取引用語)

PTSとは (株式用語解説)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする