6月の株主優待 権利確定銘柄の紹介 マネックス証券のウェブサイトより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券は自社のウェブサイトで、毎月、魅力的な株主優待を実施する会社を紹介しています。

そのページは、株主優待に興味がある個人投資家にとって参考になる情報が載っているので、紹介しておきます↓

6月の株主優待銘柄のご紹介 – マネックス証券

マネックス証券のウェブサイトによると、今月は、下記の銘柄の株主優待がおすすめということです。

証券コード/会社名 株主優待の内容

詳細

株主優待解説ページ

【8165】 千趣会 (東証1部)

お買い物券の進呈(年2回)

千趣会のウェブサイト
【2305】 スタジオアリス (東証1部)

所有株式数100株(1単元)以上保有の株主に対して、四切写真プリント(フレーム付)をお渡しする「株主写真撮影券」(11,000円相当)を、所有株式数に応じて贈呈

スタジオアリスのウェブサイト
【8179】 ロイヤルホールディングス (東証1部) ロイヤルホストなどで使える優待食事券 ロイヤルホールディングスのウェブサイト
【2702】 日本マクドナルドホールディングス (JASDAQ)

マックで使える優待食事券

(ハンバーガー類、サイドメニュー、ドリンクの無料引換券)

日本マクドナルドホールディングス
【2268】 B-R サーティワン アイスクリーム (JASDAQ) アイスクリーム屋の31で使える商品引換券 B-R サーティワンアイスクリーム
【9722】 藤田観光 (東証1部)

ホテル宿泊料50%割引(割引限度額2万円、一部施設は除外日有)

レストラン飲食代20%割引(割引限度額1万円)

「箱根小涌園ユネッサン」・「下田海中水族館」入場料50%割引(1枚につき10名まで)

藤田観光

今月、一番人気がありそうなのは、マクドナルドの株主優待でしょうね。

▼関連記事

「配当・株主優待の権利取り最終日」についての解説

配当・株主優待に関するQ&A

株の配当金の受け取り方法が3種類になりました 【2009年1月より】

逆日歩のかからない空売りをする方法

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする