LBOとノンリコースローンについて (softbankのvodafone買収に関連して)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクがボーダフォン日本法人買収で英本社と合意しましたね。
ボーダフォンの買収に必要な資金は総額1兆7500億円になります。しかし、1兆7500億円のうち、今回の買収劇でソフトバンク本体が新たに抱えるリスクマネーは2000億円で済みます。
なぜ、こんなことができるかというと、ノンリコースローンを適用したレバレッジド・バイ・アウト(LBO)という金融手法を使うからとのこと。
私、下記のリンク先のニュースを読んで、ノンリコースローンという資金調達手法を初めて知りました。
 ソフトバンクの持ち出しは2000億円 巨額資金の仕組みは
ノンリコースローンに関する解説がかなり詳しく書かれているので、おすすめの記事です。レバレジッドバイアウト(LBO)についても解説があります。
しかし、世の中には金融工学を駆使して、すごい仕組みを作る人がいるものですね。LBOという手法がなければ、今のソフトバンクの財務状況では、ボーダフォンの買収はできませんもの。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする