ライブドア証券 プレミアムトレードパスの販売終了を発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブドア証券の3ヶ月間手数料無料のサービス「プレミアムトレードパス」は2006年6月30日(金)を最終日として終了と発表されました。
プレミアムトレードパスはネット証券では、他に例のない手数料完全定額サービスであり、多くのデイトレーダーから愛されてきました。ライブドア証券の看板サービスです。
これが終了となると、デイトレーダーの方の多くが、他の証券会社に口座を変えることとなるでしょう。
そこで、プレパスの代用になりそうな。手数料準定額制のある証券会社をピックアップしてみました。
丸三証券
口座開設後、2ケ月間は手数料無料。
コスモ証券
一ケ月に取引50回まで10500円コースと
一ケ月に100回まで21000円コースあり。
東洋証券
一ケ月に60回まで10500円のコースあり。ただし、約定金額の合計が1億5千万円までと定められている。
SMBCフレンド証券
一ケ月に10回まで3150円コース、
一ヶ月に30回まで6300円コース、
一ヶ月に60回まで10500円コースあり。
売買回数の多いデイトレーダーの方でコスモ証券を選ぶ人が多くなりそうですね。コスモ証券の株価に注目してみましょうか(笑)
■参考

ライブドア証券 プレミアムトレードパス販売終了のお知らせ
プレミアムトレードパス販売終了のお知らせ
常日頃お引き立て頂きまして誠にありがとうございます。
ご利用いただいて参りました3ヶ月間手数料無料のサービス「プレミアムトレードパス」
は2006年6月30日(金)を最終日として終了いたします。
最終販売分2006年4月~6月利用分の申込み受付最終日は3月26日となりますので
ご了承ください。
なお、現在ご利用いただいておりますお客様につきましては、自動継続は以下の通り
となります。
  現  在         自動継続最終         販売無し
2006年1月~3月 ⇒ 2006年4月~6月 ⇒× 2006年7月~ 9月
2006年2月~4月 ⇒ 2006年5月~6月 ⇒× 2006年8月~10月
  自動継続停止申込 2006年4月 7日終了
  自動継続引落開始 2006年4月10日開始
  自動継続引落金額  2ヶ月分37,800円
2006年3月~5月 ⇒ 2006年6月    ⇒× 2006年9月~11月
  自動継続停止申込 2006年5月12日終了
  自動継続引落開始 2006年5月15日開始
  自動継続引落金額  1ヶ月分18,900円
2006年4月~6月              ⇒× 2006年7月~ 9月
※7月以降の信用建玉の返済は手数料が掛かります。
6月末終了以前の建玉の返済は、7月以降は通常手数料(525円/注文約定毎)
が掛かります。
◆プレミアムトレードパス終了に伴うQ&A
Q:サービスの終了日はいつですか?
A:本年6月末を持ちましてプレミアムトレードパスの全てのサービスを終了させていただきます。
Q:現在、プレミアムトレードパスを利用していますがどのような形になるのですか?
A:今ご利用いただいているお客様につきましては、6月末を終了とする自動継続契約
となります。
1-3月ご利用の方で56,700円引き落とし済みの方は4-6月まで自動継続とな
ります。2-4月ご利用の方は4月10日以降に37,800円を引き落としし、
5-6月まで自動継続となります。3-5月ご利用の方は5月15日以降に18,900円
を引き落としし、6月まで自動継続となります。                                  
自動継続のキャンセルをご希望の場合には、2-4月ご利用の方は4月7日までに、
3-5月ご利用の方は5月12日までにキャンセルをお申し出ください。なお、自動継続
料金引き落とし後のキャンセルはお受けできませんのでご了承願います。
    
Q:既に、5-7月、6-8月を申し込んでいますがどうなりますか?
A:6月末を持ちましてサービスを終了いたします。
6月末までのサービスをご希望の場合、5-7月の方は5-6月の37,800円分、
6-8月の方は6月の18,900円分のみ引き落とし致します。5-7月、6-8月分を
既に引き落とし済みのお客様につきましては、7月以降の料金を順次返金いたします。
Q:3月26日を過ぎた場合、申込みは可能ですか?
A:インターネットからのお申込みは3月26日(日)、電話による申込みは3月24日
(金)午後6時を持ってい終了いたします。期日終了後の受付は原則としてお受け
できません。
Q:プレミアムトレード利用期間中の信用の建玉が残った場合7月以降手数料は
どうなりますか?
A:7月以降は通常通りの注文約定毎に手数料(525円)が掛かりますので
ご了承願います。
2006年03月14日 15:00:00

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする