ライブドア株上場廃止 整理ポストへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月13日、東証がライブドア株の上場廃止を決定しました。ライブドアとライブドアマーケティングの株式は4月14日付で上場廃止となります。それまで、整理ポストに割り当てられます。
以下、東証のウェブサイトからの抜粋です。

整理ポスト割当て-(株)ライブドア-
当取引所は、 株式会社ライブドア 株式(マザーズ) について、以下のとおり整理ポストに割り当てることとしましたので、お知らせします。
1. 上場廃止、整理ポスト割当て
(1) 銘柄
株式会社ライブドア 株式
(コード4753)
(2) 整理ポスト割当期間
平成18年3月14日(火)から平成18年4月13日(木)まで
(3) 上場廃止日
平成18年4月14日(金)
(注)速やかに上場廃止すべき事情が発生した場合は、上記整理ポスト割 当期間及び上場廃止日を変更することがある。
(4) 上場廃止理由
株券上場廃止基準第2条の2第1項第5号の規定により適用される同基準第2条第1項第11号(上場会社が有価証券報告書等に「虚偽記載」を行い、かつ、その影響が重大であると当取引所が認めた場合)及び第18号(公益又は投資者保護のため上場廃止を適当と認めた場合)に該当すると認めたため
(注)(株)ライブドア及び同社元代表取締役等5名が、証券取引法違反(虚偽記載)の嫌疑で証券取引等監視委員会により告発された件で、同社は、平成16年9月期連結財務諸表について、経常損失を計上すべきところを多額の経常利益を意図的かつ組織的に計上したものとされている。これは、その金額において重大であり、投資者の投資判断にとって重要な情報を故意に偽った点で悪質であり、これを組織的に行った点で上場会社としての適格性を強く疑わざるを得ないものである。
また、同社及び同社元代表取締役等4名が、証券取引法違反(偽計取引及び風説の流布)の嫌疑で同委員会により告発され、東京地方検察庁により起訴された件で、同社は、子会社等と共謀の上、自らの利得を企図して、子会社の株価に影響を及ぼす等の目的で虚偽の事実を公表し、あるいは公表すべき事実を公表しなかったとされている。さらに、同社の平成18年9月期第1四半期に係る四半期財務諸表等については、監査法人は意見表明の手続が実施できなかったとして結論を表明していないうえ、同社株式については、開示注意銘柄への指定を行っているものの、未だ重要な会社情報についての開示が十分になされたとは到底いえない状況である。
こうした状況は、投資者の証券市場に対する信頼を著しく毀損するものであると認められる。
2. 代用有価証券からの除外
同社株式は、 平成18年3月14日(火)以降 、次の各代用有価証券から除外されます。

信用取引及び発行日決済取引の委託保証金

発行日決済取引の売買証拠金

取引参加者保証金

信認金

上場廃止は規定路線でしたが、ついに現実のものとなりました。とり急ぎご報告まで。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする