リテラ・クレア証券のメリットとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リテラ・クレア証券を使うメリットは大きく言って五つあります。

▼メリット1 東京や大阪にあるトレーディングプラザ「リテラ」でサポートが受けられる

リテラ・クレア証券が展開する、東京・大阪の三カ所に店舗を構えるトレーディングプラザ「リテラ」では、初心者向けのセミナーやパソコン操作のサポートなどを行っています。

トレーディングプラザ「リテラ」では無料で投資に役立つ情報を学ぶことができます。東京は日本橋茅場町と西新宿、大阪は梅田に店舗があります。

「リテラ」店内では設置されたパソコンを自由に利用でき、オンライントレードができます。またパソコン操作や取扱商品をはじめとする利用方法等が分からない場合は、証券外務員資格を取得しているインストラクターがユーザーをサポートしてくれます。

ちなみに、西新宿にあるリテラ新宿プラザというお店は、2010年10月にオープンした新しい店舗です。新宿駅南口から徒歩7分です。新宿NSビルの1階にあります。

リテラ新宿プラザがある新宿NSビルの地図 (Googleマップ)

▼メリット2 iPad もしくは JCBギフトカードが当たるキャンペーン実施中です

リテラ新宿プラザがオープンしたことを記念して、11月30日までキャンペーンが実施されています。

リテラ新宿プラザ リニューアルオープン キャンペーン!です。

2010円10月18日~11月30日までの間に、リテラ・クレア証券の証券総合取引口座を開設して、口座に20万円以上の入金を行うと、抽選で5名にiPad、20名にJCBギフトカード1万円分が当たります。

以下、リテラ・クレア証券のキャンペーン ページからの抜粋です。

▼キャンペーン概要

キャンペーン期間中に、当社オンライントレード証券総合取引口座を新規に開設し、かつ20万円以上のMRFをお買付いただたいお客様を対象に、抽選で25名様にプレゼントを進呈いたします。

特賞 (5名様) A賞 (20名様)
iPad (Wi-Fi) 16GB

JCBギフトカード (10,000円分)

期間 平成22年10月18日(月) ~ 11月30日(火)まで
対象 キャンペーン期間中に、当社オンライントレード証券総合取引口座を新規に開設し、かつ20万円以上のMRFをお買付いただたいお客様

[ご留意事項]

  1. MRF口座開設のお客様は、ご入金後自動でMRFの買付となります。
  2. リテラ新宿プラザで口座開設されたお客様は、当選確率を2倍といたします。
     (郵送でリテラ新宿プラザ専用の口座開設申込書を送付されたお客様も当選確率2倍の対象となります)
  3. キャンペーン希望のお客様は、信用、FX、先物・オプション取引口座開設前のご入金をお願い申し上げます。信用、FX、先物・オプション取引口座開設後のご入金は、キャンペーン対象となりません。
  4. 抽選は、12月上旬に行い当選者にはオンライントレードのお取引画面のお客様へのお知らせ欄にご連絡申し上げます。
  5. JCBギフトカードは簡易書留で、iPadは宅配便にて発送いたしますのでご了承ください。
  6. 当該キャンペーンは、個人のお客様が対象です。また、他のキャンペーンとの併用は可能です。

retela201010_336280.gif

リテラ新宿プラザで口座開設したユーザーは、当選確率が2倍になるとのことです。キャンペーンの締切は2010年11月30日なので、興味がある方はお早めにどうぞ。

ところで、上の文章を読んで「MRFってなに?」と思う方がいるかもしれません。難しく考えず証券取引における普通の入金用口座と思っておいてください。

とりあえず、期間内に資料請求と口座開設をすませて、リテラ・クレア証券に20万円入金しておけば、キャンペーンに参加できるという要点を理解しておけばOKです。

MRFがなんなのか気になる方は、下記のリンク先をご覧下さい。

MRFとは 【株式用語解説】

▼メリット3 「会社四季報 最新銘柄レポート」を無料で利用できる

リテラ・クレア証券のユーザーは「会社四季報 最新銘柄レポート」を読むことができます。普通の会社四季報よりも情報が充実しているレポートです。

「会社四季報 最新銘柄レポート」は東洋経済新報社のウェブサイトだと、最新銘柄レポートを見るのに、銘柄1つにつき210円の料金がかかります。しかし、リテラクレア証券では利用料が無料となっています。

「会社四季報 最新銘柄レポート」は、会社四季報に掲載される東洋経済業績予想よりも最新の業績予想値(週次更新)が収録されています。それに売上推移や当期利益推移などのグラフも掲載されており、会社四季報より直感的に判りやすい内容になっています。

▼メリット4  約定代金20万円以下の株式手数料が105円と安い

リテラ・クレア証券では、株式の現物取引において1注文の約定代金が20万円以下の場合、手数料が105円と格安になっています。これはクリック証券と並んで業界最安値水準です。

約定代金20万円以下の手数料が安いので、ETFなどを買うのに適しています(ETFは最低売買代金が20万円以下の銘柄が多くある)。

定期的にETFを購入していきたいと思っている個人投資家にとっては、リテラ・クレア証券で株取引をすることを検討する価値があるでしょう。

▼メリット5  スクリーニング機能が充実

リテラ・クレア証券はスクリーニング(条件設定して銘柄を抽出する機能)が優れています。

ファンダメンタル条件(財務条件)では下記の項目を設定できます。単独決算と連結決算の両方でスクリーニングが可能です。

  1. PER
  2. PBR
  3. PSR
  4. BPS
  5. ROE
  6. ROA
  7. 売上高経常利益率
  8. 売上高純利益率
  9. 売上高伸率
  10. 株主資本比率
  11. 経常利益伸率
  12. 純利益伸率
  13. 売上高
  14. 経常利益
  15. 純利益
  16. 一株利益

テクニカル条件のスクリーニングでは下記の項目を設定できます。

  1. 株価
  2. 時価総額
  3. 株価位置
  4. 株価移動平均
  5. 移動平均乖離率
  6. 移動平均ゴールデンクロス
  7. 移動平均デッドクロス
  8. 出来高移動平均倍率
  9. RSI(12日)
  10. %K(12日)
  11. %D(3日)
  12. %slowD(3日)
  13. 信用倍率
  14. 証金貸借倍率
  15. ボリュームレシオ
    (12日)
  16. 対日経平均ベータ値
    (180日)
  17. サイコロジカル(12日)
  18. 月間騰落率
  19. 週間騰落率

このようにファンダメンタルズもテクニカルも条件を細かく設定できます。しかも、ファンダメンタルズとテクニカルで設定した条件を両方とも満たす銘柄を抽出することが可能です。

また、ファンダメンタルズのデータは、直近の本決算のデータだけでなく、来期予想のデータを参照することも可能となっています。

スクリーニング機能は無料で利用することができます。

▼リテラ・クレア証券 総評

リテラ・クレア証券は無料の投資情報が充実しているので、個人投資家は口座を開設しておきたい証券会社です。

特にスクリーニング機能が充実している点と「会社四季報 最新銘柄レポート」を無料で閲覧できる点が優れています。

「会社四季報 最新銘柄レポート」を無料で利用できる証券会社は、オンライン証券業界ではリテラ・クレア証券だけです。ファンダメンタルズ分析に興味がある方は、リテラ・クレア証券の口座を開設しておいた方がよいでしょう。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする