カブドットコム証券、優待銘柄を簡単・便利に検索できる「株主優待一覧」ページの提供開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年3月15日、カブドットコム証券が自社のユーザー向けのウェブサイトで、株主優待銘柄選びをサポートする「株主優待一覧ページ」の提供を開始しました。

この「株主優待一覧」では、銘柄名、権利確定月、優待内容、投資金額等による銘柄の絞り込みができます。また、「一般信用取引空売りが可能な銘柄」を抽出できる機能が備わっています。

一般信用取引で空売り(売建)ができる銘柄は逆日歩が発生しないので、クロス取引を利用した「株主優待のタダ取り」をする際に便利です。

クロス取引を利用した「株主優待のタダ取り」について興味がある方は、下記リンク先の記事をクリックして下さい。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

2012年3月15日

優待銘柄を簡単・便利に検索できる「株主優待一覧」の提供
~ 銘柄名、権利月、優待内容、投資金額、一般信用売可能にて検索。利用料無料 ~

カブドットコム証券株式会社は、2012年3月15日(木)から株主優待銘柄選びを強力にサポートする「株主優待一覧」の提供を開始いたします。カブドットコム証券で口座をお持ちのお客さまは無料でご利用いただけます。

この「株主優待一覧」では、銘柄名、権利確定月、優待内容、投資金額等による銘柄の絞り込みができるだけでなく、一般信用売可能銘柄を選択しスクリーニングできる機能を実装しており、株主優待の検索のみでなく、株主優待取得時の一般信用売を活用したお取引を行う際にも便利にご活用いただけます。

●「株主優待一覧」の主なポイント
「株主優待一覧」では優待銘柄を銘柄名、銘柄コード、優待内容の入力、または権利確定月、優待カテゴリ、投資金額、一般信用売建可能銘柄の選択によりお客さまのご希望に沿った優待銘柄のスクリーニングが可能です。また、当月の優待利回りランキングTOP5の銘柄も表示しています。

個別銘柄の「主な優待内容」をクリックすると、別ウィンドウにて優待内容の詳細、画像、特色、必要獲得株数等をご確認いただけます。

さらに、この株主優待一覧から現物買、信用売注文画面へ遷移しており、検索後の当画面よりご希望の銘柄を発注いただくことも可能です。これまでにない高機能な株主優待検索を、ぜひ優待取得時にご活用ください!

kabucom_kabunushi_yutai_ichiran_01.gif

●「主な優待内容」より優待内容の詳細を別ウィンドウにて表示
「主な優待内容」よりリンク設定されている優待詳細ページでは、優待の特色、当該企業のHPへのリンク、優待を獲得するために必要な株数、その他備考が表示され、優待内容の詳細をご確認いただくことができます。

※当画面にて表示されている銘柄情報につきましては実際とは異なることがありますのでご注意ください。

※当ページの株主優待情報の作成にあたっては、各種の信頼できると思われる情報源から作成しておりますが、ご案内の株主優待の内容に関し、変更等が加えられる場合があります。最新の株主優待情報は各上場会社のホームページ等にてご確認ください。

kabucom_kabunushi_yutai_ichiran_02.gif

●「株主優待一覧」活用例
3月の株主優待時に25万円以内の予算で一般信用売を活用して、株主優待が食品の銘柄を検索したい場合、権利確定月⇒「3月」、優待カテゴリ⇒「食品・飲料品」、投資金額⇒上限を「25万円」、一般信用売建可能銘柄にチェックを入れることにより、上記条件を満たした銘柄の一覧を表示させることが可能です。

kabucom_kabunushi_yutai_ichiran_03.gif

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

私はカブドットコム証券の証券取引口座を持っているので、口座にログインして、この「株主優待一覧ページ」を使ってみました。

やはり、「一般信用取引空売りが可能な銘柄」を抽出できる機能があるのは便利だと感じました。

カブドットコム証券は「通常の一般信用取引」や、空売りの返済期限が短い「一般信用(売短)」というサービスがあるので、クロス取引を利用した「株主優待のタダ取り」をするのに便利な証券会社です。

今回、「株主優待一覧ページ」が始まったことで、より「株主優待のタダ取りができる銘柄」を見つけやすくなりました。

▼参考ページ

株主優待を一般信用で賢く獲得するテクニック【PDF】 – カブドットコム証券ウェブサイトより

▼関連記事

カブドットコム証券、株の現物取引の手数料を改定

カブドットコム証券のメリットとは

信用取引 手数料比較表

一日定額制 「信用取引 手数料比較表」

信用取引とは【株式用語解説】

制度信用取引とは【株式用語解説】

一般信用取引(無期限信用取引)とは【株式用語解説】

信用取引口座開設の際に収入印紙代が無料な証券会社

逆日歩のかからない空売りをする方法

売り建玉とは (株式用語解説 信用取引用語)

カブドットコム証券、一般信用取引の空売り可能銘柄を402社追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする