ジェイコム20億男「BNF氏」は楽天証券マーケットスピードを使っている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年2月28日、テレビ東京で「ガイアの夜明け」 激動!株式市場が放映されました。

ジェイコム株で20億円儲けた27歳の個人投資家B・N・F氏が出演していましたが、テレビの映像から楽天証券の口座を使っていることが判りました。トレーディングソフトのマーケットスピードも使っています。

「ガイアの夜明け」では残念ながら、B・N・F氏の詳しい投資法については、触れられていませんでした。B・N・F氏の投資方については、B・N・F氏の過去の「2ちゃんねる」への書き込みを読んだ方がいいですね。

下記リンク先をクリックしてみてください。「名前:B・N・F ◆mKx8G6UMYQ」となっている書き込みが、BNF氏本人の書き込みです。

2ch投資・株式板関連B・N・F氏のレス、まとめ@Wiki – デイ・スイング超短期売買技法研究会

■2ちゃんねるの過去ログを読んだ上で、B・N・F氏についての感想

まあ、とにかく「すごい短期トレーダー」の一言ですね。相場に対する考え方、判断力、注文の手さばき、どれをとってもとんでもないです。2ちゃんねるへの書き込みを読んで、彼の投資手法はすごすぎると思いました。

▼以下、2008年4月28日追記

資産180億円超の株式トレーダー「ジェイコム男BNF氏」は、楽天証券をメインの証券会社として使っています。下記リンク先のBNF氏のトレード環境を映した写真を見てください。

 BNF氏のトレード環境を映した写真

パソコンの画面に「黒をバックに赤や黄色の文字」が映し出されているのがわかると思います。これは楽天証券のマーケットスピードの画面です。

マーケットスピードについてはこちらのリンク先をご覧下さい→マーケットスピード

さて、楽天証券とは、どんな証券会社なのでしょうか。また、なぜBNF氏は楽天証券を使っているのでしょうか。今日はこのあたりについて解説したいと思います。

楽天証券・・・その名のとおり楽天の子会社で、インターネット専業の証券会社です。現在、口座開設数は70万件を越え、売買代金ではネット証券業界第2位となっています。

▼楽天証券の三大特徴

  • 手数料が安い
  • 逆指値が使える
  • リアルタイムトレーディングツール「マーケットスピード」が使える
  • ・手数料の安さ・・・イートレード証券と並んで業界最低水準の手数料になっています。詳細については、こちらのリンク先をご覧下さい→ネット証券 手数料比較表

    ・逆指値・・・損失を限定するのに便利な「逆指値注文」が使えます。

    逆指値を使うと「A株が10万円を下回ったら成行売り」といった注文を出すことができます。株価が変動して、10万円を下回ると自動的に成行売りの発注が出され、それ以上損失を拡大するリスクを抑えることができます。

    取引時間中の株価を見ることができないサラリーマンの方には重宝するサービスです。(用語解説:逆指値とは)

    ・マーケットスピード・・・楽天証券の口座を持つユーザーが使える個人投資家向けオンライントレーディングソフトです。デイトレーダーから絶大な支持を集める情報ツールの大御所です。

    完全リアルタイムの株価自動更新機能を備えているので、刻々と変動する株価や気配値をいち早く入手できます。専用ソフトならではの優れた操作性、多彩な機能を備えています。

    またニュースの情報量が充実しています。下記の情報を無料で見ることができます。

     ・ロイター・ニュース配信
     ・株式新聞速報ニュース
     ・日経テレコン21
     ・フィスコ市況
     ・ラジオNIKKEI
     ・会社四季報
     ・会社四季報速報

    あと、「新高値一覧」や「全市場の株価上昇ランキング」が見れるのもいいですね。

    なお、楽天証券の資料請求・口座開設費・口座維持費は無料です。

    マーケットスピードは新規に口座を開設後3ケ月間お試し(無料)で使えます。その後は手数料がかかる取引を3ケ月に一回行っていれば無料で利用継続が可能です。よって、3カ月に一度のペースでシーマのような安い株を売買していけば、費用をほとんどかけずにマーケットスピードを利用していくことができます。

    ▼BNF氏のトレード環境と楽天証券の関係について

    BNF氏が楽天証券を使う理由。それはマーケットスピードの存在が大きく関わっています。まずBNF氏のトレード環境をご覧下さい。

    ▼トレード環境(日本テレビ 16分で20億稼いだ男(2007.04.30)より)

    1. BNF氏は楽天証券マーケットスピードを使っている。液晶モニターに「黒をバックに赤や黄色の文字」が映し出されているが、これがマーケットスピードの画面。
    2. 液晶ディスプレイは全部で5台。机の上にまず3台置いている。また、机の上にスチールシェルフ(スチールラック)を置き、その上にディスプレイを2台置いている。基本的には全てのモニターにマーケットスピードを映している模様。
    3. 正面に置いてあるモニターは、三菱製の19インチ型液晶ディスプレイMitsubishi Display Monitors | RDT197V(BK)である。他の液晶4台もおそらく19インチ型。
    4. 左側に机を置き、その机の上にノートパソコンを1台置いている。ノートパソコンの画面にもマーケットスピードを映している。
    5. 取引時間中、外国市場の動きも観察している。リアルタイム世界の株価指数と為替というウェブサイトを見て、韓国株、シンガポール株、中国株などの値動きを観察している。中でも中国株が一番重要とのこと。
    6. キーボードは5台。マウスはおそらく4個。
    7. パソコン本体は机の下に置いている。
    8. 机の上に電波時計を置いている。電波時計のメーカーはSEIKO。

    また、BNF氏は楽天証券についてマネーの王道という雑誌で下記のように語っています。

    パソコンには600~700もの監視銘柄が登録されている。上場企業で4000もないのだから、驚くべき数字だ。何か特別な銘柄抽出ソフトを使っているわけではなく、楽天証券のマーケットスピードだけ。

       ~中略~

    「マケスピは登場したときから使ってるんで、視覚的に慣れてるんですよ。どれが買いか、なんとなく見えてくる。主要銘柄のチャートは頭に入っているので、すべてのチャートを見はしないけど、多い日だとリストを何往復もする。」

    BNF氏が楽天証券を使い続けてる理由ですが、手数料の割安さもさることながら、マーケットスピードの使い勝手のよさを重視していると思われます。

    私もマーケットスピードを使っていますが、マケスピは膨大な情報量を取り入れることが可能なのに動作が軽いのです。大量の銘柄を登録したリストを瞬時に切り替えられる機能が、BNF氏の機敏なトレードに貢献しているのでしょう。

    (イートレード証券のHYPER E*TRADEも優れたトレーディングソフトですが、マケスピと比較するとやや動作がもっさりしています。)

    ↓マーケットスピードの画面 (クリックすると画像が大きくなります)
    img_ms00_msgamen_01.gif
    img_ms00_msgamen_02.gif

    なお、楽天証券
    のマーケットスピードを利用したBNF氏の投資手法について詳しく知りたい方は、下記のリンク先の「ジェイコム20億男BNF氏の逆張りスイングトレード術」と「ジェイコム20億男BNF氏の順張りスイングトレード手法」をご覧下さい。

    ▼BNFさん関連記事

    記事下

    ▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

    私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

    • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
       また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

    • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

    • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

    • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
       2017年5月31日まで口座開設とFX取引で、現金3000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

    • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

    • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

     

    ※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする