岡三オンライン証券のメリットとは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡三オンライン証券は、現在、オンライン証券業界の中で、株取引の手数料がかなり安い部類に入る証券会社です。岡三オンライン証券で株取引をするメリットは大きくいって5つあります。

  1. 株の現物取引や信用取引の手数料が安い
  2. 逆指値やOCO注文など多彩な注文方法が使える
  3. 株取引に対応したパソコン用のトレーディングツールの利用料が無料
  4. 株取引、日経225先物取引に対応したスマートフォン用アプリの利用料が無料
  5. 日経225先物と日経225miniの通常手数料が安い

メリット1 株の現物取引や信用取引の手数料が安い

岡三オンライン証券は、株の現物取引や信用取引の手数料が業界内でもかなり安い水準となっています。手数料の詳細については、下記リンク先をクリックしてください。

メリット2 逆指値やOCO注文など多彩な注文方法が使える

株取引において逆指値注文OCO注文など便利な注文方法が使えます。

↓以下、岡三オンライン証券の株取引において使える特殊注文の一覧です

名称
内容
逆指値注文

指定した価格(トリガー価格)以上または以下になると発注を行います。「トリガー注文」と呼ぶ場合もあります。

成行の場合、現在値が逆指値発動値を下回る、または上回ると成行注文を行います。

指値の場合、現在値が逆指値発動値を下回る、または上回ると、指定したTick幅の指値注文を行います。

OCO注文

2つの注文を出し、いずれか一方の注文が成立したら自動的にもう一方の注文が取消されます。

当社のOCO注文では、指値注文と逆指値注文を同時に出すことができ、現物保有銘柄(または信用建玉)の利益確定と損切りを同時に発注できます。

トレール注文
(トリガートレール注文)

逆指値の成行注文発動価格を、トレール注文発注後の高値・安値の動きに合わせて自動的に修正します。「トレーリングストップ注文」と呼ぶ場合もあります。

当社のトレール注文では、トレールの開始値を指定するトリガートレール注文も行えます。損失を限定し、利益拡大を狙う取引が可能となります。

IFDONE注文

もし(IF)ひとつめの注文が成立したら(DONE)、もう一方の注文が有効になります。「ステップ注文」「Uターン注文」と呼ぶ場合もあります。

買付注文約定時に売却注文が自動で発注されるよう、利益幅を事前に設定しての取引が可能です。

メリット3 株取引に対応したパソコン用のトレーディングツールの利用料が無料

岡三オンライン証券には、岡三ネットトレーダーというトレーディングツールがあります。

また、岡三オンライン証券には、岡三ネットトレーダーの取引環境をWeb上で実現した「岡三ネットトレーダーWEB」サービスがあります。

岡三ネットトレーダーWEB」は、株取引用のツールになります。「岡三ネットトレーダーWEB」の利用料は無料です。

メリット4 株取引、日経225先物取引に対応したスマホ用アプリの利用料が無料

岡三オンライン証券のユーザーは、日本株取引用のスマホアプリ『岡三株スマホ』を無料で利用できます。

「iPhone」や「Android搭載のスマートフォン」に『岡三株スマホ』をインストールして、株取引ができます。このアプリを使えば、リアルタイムの株価情報を最短5秒更新で表示することが可能です。

また、パソコン向けトレーディングツールである岡三ネットトレーダーと同等の配信数のニュースを、『岡三株スマホ』で閲覧することができます。ロイター・ニュース時事通信社のニュースを見ることが可能です。

ちなみに、岡三株スマホはスマートフォンだけでなく、iPadなどのタブレット端末でも利用することが可能です。

▼関連記事

また、岡三オンライン証券のユーザーは、日本225先物取引用のスマホアプリ「岡三ネットトレーダースマホF」も無料で利用できます。

▼関連記事

つまり、岡三オンライン証券のユーザーは、株も日経225先物も両方、スマートフォンから取引を行うことが可能なわけです。

メリット5 日経225先物と日経225miniの通常手数料が安い

日経225先物の手数料は一枚あたり片道315円、日経225miniの手数料は一枚あたり片道42円とかなり安くなっています。

▼まとめ

岡三オンライン証券は、株と日経225先物の取引手数料が安い会社です。

証券会社の中で1社だけ口座を開設して、株も日経225先物も、安いコストで取引したいという個人投資家におすすめです。

しかも、株取引でも日経225先物取引でも、携帯電話用の取引アプリがあるので、外出先で株や日経225先物を取引したい個人投資家にとっては、便利な証券会社といえるでしょう。

▼関連記事

岡三オンライン証券、制度信用取引の大口顧客の金利を引き下げ

岡三オンライン証券、信用取引の大口顧客の手数料優遇キャンペーン実施

岡三オンライン証券、岡三ネットトレーダーシリーズに四つの機能を追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする