野村ジョイの「ジョイ・エクスプレス」が東証のアローヘッドに対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年11月、野村ホールディングスが、100%子会社でインターネット専業のジョインベスト証券と野村証券を合併させました。

ジョインベスト証券は解散し、提供している商品・サービスは野村証券の新しいネットサービス「野村ジョイ」として引き継がれました。

ジョインベスト証券には「ジョインベスト・エクスプレス」という株式トレーディングツールがありました。この「ジョインベスト・エクスプレス」ですが、ジョインベスト証券が野村ジョイに変わった際、「ジョインベスト・エクスプレス」から「ジョイ・エクスプレス」に名称が変わっています。

さて、ここからがこの記事の本題なのですが、野村ジョイが「ジョイ・エクスプレス(パソコン版)」を東証の新売買システム「アローヘッド」に対応させると発表しました。

以下、野村ジョイのウェブサイトからの抜粋です。

ジョイ・エクスプレスに新機能が多数搭載!

新機能で取引環境がパワーアップ!

2009年12月31日(木)より、ジョイ・エクスプレス(パソコン版)が最新版にバージョンアップします。

最新版に搭載される機能は、東証次世代売買システム(arrowhead)に対応したものをはじめ、売買制度の変更に対応したものなどが数多く盛り込まれております。

これらの機能により、投資情報の拡充や売買注文の効率性など、お取引の利便性が向上します(次世代システムに対応した情報は2010年1月4日(月)から表示されます)。

東証次世代売買システム(arrowhead)とは?

東京証券取引所が2010年1月4日から導入する新しい売買システムのことで、注文・約定処理の高速化に加え、取引注文の小口化、取引件数の急激な増加に対応できる、高速性、信頼性及び拡張性をもった売買システムのことです。

▼新機能のご紹介

注文画面の複数気配値が最大8本(上下16本)に増加

これまで株式の注文画面の複数気配値は5本(上下10本)でしたが、最大8本(上下16本)に増加します。気配値本数が増えることで、これまでよりも広い価格帯の注文動向が確認できるようになります。

株式銘柄では売り・買いの合計気配数量を表示

価格表に新しく「価格表(8本気配)」画面が搭載されます(株式取引、指数先物取引、指数オプション取引ごとに搭載)。「株式価格表(8本気配)」画面では、寄り前の成行注文数量((1)成行)の表示と、ザラ場での9本目以降の合計気配数量((2)売り、(3)買い)が表示されます(東証・名証・福証・札証のみ)ので、売り・買い全体の注文動向が把握しやすくなるので投資判断に役立ちます。

注文・約定処理が高速化されリアルタイムで反映

取引所の処理スピードが高速化され、注文の板情報への反映や約定処理がほぼリアルタイムで行われるようになるので、売買タイミングを逃さず素早い投資行動を取ることも可能となります。

寄り前気配情報が8時から確認可能

これまで8時20分からだった寄り前気配の配信時間が8時から(東証・名証・福証・札証のみ)になるので、これまでよりも早く寄り前気配を確認することが可能になるので、その日の投資行動を考える時間が増やせます。

ストップ高・ストップ安銘柄などの特別気配が引け後にも確認可能

特別気配でザラ場引けとなった場合でも、気配数量が配信(東証・名証・福証・札証のみ)されるので、引け後のストップ高、ストップ安銘柄の気配値の確認が可能になります。

条件付注文画面に銘柄の基準値を表示

条件付注文画面に新たに銘柄の基準値の項目が追加されます。基準値と比較して注文価格を決めたい場合に便利です。

注文画面に連続約定気配フラグが新たに追加

売買制度変更による新しい仕組みで、急激な価格変動を阻止するため、直近値段から更新値幅の2倍乖離した値段を超えて価格が動いた場合、注文画面に連続約定気配(「連」の文字)が1分間表示され、板寄せによる付合せをしてから取引が再開されます(東証・名証・福証・札証のみ)。この仕組みにより、激しい値動きが起きたときでも、投資判断をする時間的猶予が得られます。

注文画面に福証・札証のVWAP、売買代金を表示

注文画面や株価一覧画面に、福証・札証のVWAP(出来高加重平均価格)、売買代金が表示されます。VWAP等を投資判断に活用している場合にすぐに確認ができるので便利です。

ツール上で証拠金シミュレーションが利用可能

これまでウェブサイトの先物・オプション取引のみでご提供していた「証拠金シミュレーション機能」が、ジョイ・エクスプレスでもご利用可能となります。新規に注文(新規・決済)を行う際に必要となる必要証拠金や維持証拠金を、いつでも確認することが可能になります。

以前、当サイトの記事でもお伝えしましたが、ジョインベスト証券が野村ジョイに変わったとき、株式手数料は値上げされました。

しかし、「ジョインベスト・エクスプレス」は「ジョイ・エクスプレス」に変わった今でも、利用料が無料です。

また、野村ジョイの口座開設料と口座管理料も無料となっています。

▼関連記事

「マーケットスピードVer9.0」が2010年1月3日リリース 東証のarrowheadに対応

「マーケットスピードVer9.0」のフル板を使っての感想

カブドットコム証券、東証のarrowheadに対応 フル板ツールは2010年春リリース

マネックス、「フル板情報ツール」をリリース 東証のarrowheadに対応

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする