「マーケットスピードVer9.0」が2010年1月3日リリース 東証のarrowheadに対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券にはマーケットスピードという株取引と日経225先物取引とFXに対応したトレーディングツールがあります。

マーケットスピードはジェイコム20億男B・N・F氏が愛用しているトレーディングソフトとして有名です。

また、資産50億円トレーダーのcis氏もマーケットスピードを利用しています。

さて、楽天証券が2010年1月3日に、マーケットスピードのニューバージョンver9.0をリリースしました。ver9.0は東証の次世代売買システムである「arrowhead」に対応しています。arrowheadとマーケットスピードver9.0についてより詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事をクリックして下さい。

ver9.0は「arrowhead」に対応することにより、板情報(気配値)が通常で上下8本表示されるようになっています。

また、ver9.0ではマーケットスピードの通常の利用料金とは別に月額2100円を払うことで、8本を超える全ての板情報を見ることが可能になります。

これまで機関投資家など証券会社勤務の人しか見ることができなかった全部の板情報(通称:フル板)を、個人投資家でも見ることが可能になりました。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■東証次世代システムarrowhead対応「マーケットスピードVer9.0」!フル板完全公開

楽天証券では、2010年1月4日(月)より、東証次世代システム"arrowhead"に対応したサービスの提供を開始いたします。

次世代システムの導入により、東京証券取引所のシステムは、約定処理の速度や信頼性において世界最高水準の取引所システムに進化します。また、連続約定気配の売買制度変更や板情報の本数拡充により、取引そのものがより活発になることが想定されます。

マーケットスピードver9.0では、次世代システム"arrowhead"に完全対応するとともに、新システムのパフォーマンスを実感できるインターフェースを提供いたします。

▼マーケットスピードVer9.0のコンセプト

「リアルタイム株価配信」と「簡便な操作性」を駆使し、「プロのディーリングルームを自宅に実現する」というコンセプトのもと、現在30万人前後の方にご利用いただいている最強のトレーディングツール「マーケットスピード」。2010年1月4日スタートする東証の次世代システム"arrowhead"の中核サービス「FLEX Full」(楽天証券サービス名 『フル板』)を実装します。

本対応により全銘柄のすべての注文情報(板情報)をリアルタイムで表示することが可能になり、一歩先を行くトレーディング環境を実現することができます。

また、「arrowhead」では東証の約定処理が飛躍的に向上し、マーケットスピードver9.0においても1000分の1秒単位で処理の高速化が実現します。
ミリセカンド(1000分の1秒)の世界をご体感ください。

▼マーケットスピードVer9.0の主な機能

■フル板(FLEX Full)

これまで、証券会社などでしか見ることができなかった全板情報(現在値、売り買い気配値、引け条件付き注文、売買高、売買代金)を個人投資家向けにリアルタイムで配信いたします。

また、マーケットスピードver9.0では、フル板を最大限に活用するため、表示方法のカスタマイズも可能です。ネット証券初となるまったく新しい板表示機能を搭載。3種類の板表示機能により、大画面パソコンやマルチディスプレイなど、あらゆる利用環境に対応します。

新機能

フル板画面では、豊富な情報をスマートに利用するため、3つの新機能を搭載いたします。

1・ 過去5分出来高機能

制度変更により、急激な価格変動が想定されるためティックを「上昇」「継続」「下降」の3種に分け5分単位で合算した出来高を表示いたします。これにより展開の早い場中の変化にすばやく対応することを可能とします。

2・板数量・板件数自動計算機能
板画面上にてマウスで範囲を選択するだけで、選択されたエリアに表示されている注文件数、注文数量をリアルタイムで自動計算します。

3・板検索機能
市況情報フル板画面上部にある「板検索機能」をご利用いただくと、上下何十本という板の中から、ご自身の発注した注文価格を指定するとワンクリックで表示することができます。また、最良気配の自動表示、中心値自動表示と併せて利用いただくことで、フル板情報を活用いただけます。

↓クリックで拡大

arrowheadフル板

■既存機能のさらなる進化

次世代システムにより、市況情報で通常表示される板情報も現在の上下5本表示から上下8本表示に拡大されます。

また、マーケットスピードの人気機能「ザラバ情報」に500銘柄登録可能な「フル板ザラバ情報」を追加。チャート・ニュース・フル板を一覧表示することができます。

また、マイページ画面にフル板画面を登録することで、ドラッグアンドドロップによる銘柄変更機能が可能、注文約定画面やランキング画面を同時画面表示することで、お客様専用の進化したトレーディング環境を構築することができます。

▼フル板をご利用いただくには

フル板をご利用いただくには、マーケットスピードver9.0をダウンロードしていただくき、「マーケットスピード」、「フル板」のご利用申請をおこなっていただく必要がございます。

■フル板ご利用料金












ご利用料金 1ヶ月あたり5,250円(税込み)
無料条件 前月の国内株式(PTS取引も含む)の約定回数が200回以上のお客様におかれましては、当月月初から月末まで無料でご利用いただけます。

最新の利用料金については、下記リンク先の記事をご覧ください。

マーケットスピードのフル板、利用料値下げ & 無料条件緩和

■利用申請方法

フル板サービスの申請方法は、2通りあります。また利用申請のお手続きは土日でも可能です。予めマーケットスピードのご利用申請を終了させてからお申込みください。

●ウェブからのお申込み
ウェブからログインしていただき、「口座情報」→「有料情報申込状況」画面より「申込」リンクをクリックしてください。

●マーケットスピードからのお申込み
マーケットスピードver9.0にログインしていただき、「投資情報」から「市況情報フル板」または「ザラバフル板」をクリックしてください。「フル板情報」画面より利用申請画面へ遷移してください。

▼サンプル画像(クリックで拡大)

↓ザラバ情報フル板 (クリックで拡大)

ザラバ フル板

↓市況情報フル板 (クリックで拡大)

市況情報フル板

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

マーケットスピードVer9.0」のフル板を使っての感想

マーケットスピード、利用料値下げ&無料利用条件が緩和

FX会社 & 証券会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

楽天証券、ワンショットコースの株式手数料を 値下げ SBI証券に対抗

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする