ジェイコム男BNF氏が「ジェイコム株の誤発注事件」に関してコメント 【2009.12.4のZAKZAKより】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月4日、みずほ証券の株式誤発注の民事訴訟で、東京地裁は東証に107億円の賠償支払いを命じる判決を下しました。

これに関連して、ジェイコム男BNF氏が2009年1月以来、久しぶりにメディアの取材に応えました。

以下、夕刊フジのインターネット版である「ZAKZAK」からの抜粋です。

10分間で20億円を荒稼ぎ!“ジェイコム男”に直撃

2009.12.04

~~~前略~~~

 B・N・F氏は今回の判決について「とくに感想はありません。私には関係のないことですが、個人が誤発注をしても誰も助けてくれないことに変わりはないので、私自身、これからも誤発注をしないよう気をつけるだけです」と語っている。

前回、BNF氏がメディアの取材に応えたのは、2009年1月13日発売の週刊東洋経済でした。このときの取材内容について興味がある方は、下記リンク先の記事をご覧下さい。

ジェイコム男BNFさん曰く、「トレードに焦りは禁物」 【2009.1.13発売の週刊東洋経済より】

1月の取材の時から、かなり時間が経ちました。その間、BNF氏はオリックスの大株主になったりもしています↓

ジェイコム男BNF氏、オリックスの第9位の大株主になる

オリックスの株をまだ保有しているのか、売却したのか知りたいところですが、今回のZAKZAKの記事には残念ながら、そこのところの情報はありませんでした。

※BNF氏について詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

▼参考記事

東証に107億円賠償命令、みずほ証券の株式誤発注訴訟・・・ブルームバーグ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする