資産50億円トレーダーcis氏はマーケットスピードを使っている その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年に当サイトで「資産50億円トレーダーcis氏はマーケットスピードを使っている」という記事を配信したことがあります。

2008年に、SBIマネーワールド主催の座談会で、cis氏マーケットスピードについて、下記のように語っていました。

■cis氏はPCを何台ぐらい使って、どういう画面構成でトレーディングをしているのか?

ひとつトレード部屋っていう10畳ぐらいのを作っている。そこにあるのはパソコンが3台と、モニターが7枚。しかし、今はひとつのパソコンはつけていない。画面は5枚とパソコン2台でやっている。

1台のパソコンは、モニターが1枚。それには日経先物と新興市場のマザーズ指数のチャートをずっと表示させて、先物とマザーズ指数と為替を表示させてあるだけ。

あとのもう1台のPCは4画面あって、楽天証券の「マーケットスピード」とかを起動させてあって、その1台がいわゆるメイン、メインというか、その1台でやっているようなもの。

そして、2009年の座談会で、cis氏はマーケットスピードについて下記のように語っています。以下、「cis座談会第2弾 第2回」からの抜粋です。

Aさん: 画面に常に出している情報は何ですか。

cis: 楽天証券のマーケットスピードの「ザラ場2」で30銘柄ずつを2つのモニタで、個別銘柄を1つのモニターで、合計61銘柄ぐらいを見ています。一銘柄につき、売りと買いの板が3つと現在値が表示されているのを見てます。

Eさん: チャートは?

cis: チャートは見てないですね。チャートがでると画面に幅取ってしまうので。チャート自体は大体頭に入っているんで。

Eさん: 頭の中で分足が描けているっていうことですか? 注文出す時も5分足を見ないで出している?

cis: 分足は見ないですね。描けているというか、直前の値動きはもう承知の上という感じなので。

Bさん: 60銘柄全部を毎日見ている?

cis: そうですね、ボーッと見ているのは大体300~400銘柄ぐらいなんですけど、その中から売買する可能性が高いのは60銘柄くらいで。少し入れ替えたりするんですが。

Aさん: 5分足を見てなければ、陰線になったとかは全部頭の中で判断してらっしゃる?

cis: 陰線がどうとかではなく、寄り付きの値段に対してどうか、という感じです。

ジェイコム男BNF氏は、以前に雑誌の取材で「マーケットスピードで600~700銘柄を監視している」と述べたことがあります。cis氏はマーケットスピードで300~400銘柄を観察し、よく見ているのは60銘柄程度ということです。

ちなみに、BNF氏はマーケットスピードを使って楽天証券で取引を行っています。cis氏はマーケットスピードで個別銘柄の板情報を見ていますが、株取引の発注はSBI証券で行っています。

なお、「cis座談会第2弾 第2回」では、cis氏がマーケットスピードの他にも、チャートに対する考え方などについて述べています。興味がある方はSBIマネーワールドにユーザー登録して読んで見て下さい。

SBIマネーワールドはSBI証券のユーザーなら誰でも利用可能となっています。ユーザー登録料は無料です。

▼関連記事

資産50億円トレーダーcisさん関連

資産50億円トレーダーcis氏の座談会(第2段)の記事が配信されています

株式トレーダーcis氏の資産が58億円に増加 【ダイヤモンドZAi2009年6月号より】

ジェイコム男BNF氏と資産50億トレーダーのcis氏が対談 【2007.8.21のZAiより】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする