フロンティアマーケットとは 【株式用語解説】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • フロンティアマーケット
  • [同義語 : フロンティア市場]

フロンティアマーケットとは、新興国(中国やインドなど)よりも、さらに発展途上の国々のことです。

下記の国がフロンティアマーケットと呼ばれる国々です。

▼フロンティアマーケットと一括りにされる国々

国名
アルゼンチン
バングラディシュ
クロアチア
エストニア
ヨルダン
カザフスタン
ケニア
クウェート
レバノン
モーリシャス
ナイジェリア
オマーン
パキスタン
カタール
ルーマニア
セルビア
スリランカ
ウクライナ
UAE(アラブ首長国連邦)
ベトナム

ちなみに、世界の株式市場を大ざっぱに区別すると、こうなります↓

  • 先進国(アメリカや日本など)
  • 新興国(中国やインドなど)
  • 途上国(フロンティアマーケット)

なお、新興国はエマージング・マーケットと呼ばれることがあります。

▼関連記事

MSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが東証に上場

上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCI-エマージング)(1681)のメリット

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする