岩井証券、中国株のインターネット取引サービスの提供を開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩井証券が11月30日から中国株のインターネット取引サービスの提供を開始すると発表しました。

岩井証券の中国株取引口座をインターネットを使って開設すると、「QUICKアジア情報Web」が無料で閲覧できるということです。「QUICKアジア情報Web」に興味がある方は、下記リンク先をクリックして下さい。

イワイ・ネットで口座開設いただくとQUICKアジア情報Webを無料でご覧いただけます・・・岩井証券ウェブサイト

以下、岩井証券の発表文からの抜粋です。

岩井証券

中国株式のインターネットでの取次ぎ開始について

 当社は、成長著しい中国に着目し、ベトナム株に加え中国株も売買できる利便性を投資家に提供すべく、6月29日(月)より中国株式の取次ぎを開始しました。

しかし、インターネット取引のお客様に対しても電話での取引サービスにとどまり、非常にご不便をおかけして参りました。今般、システムを構築し、11月30日(月)よりオンラインで取引できる態勢を整えましたのでお知らせいたします。

  記

■ 中国株式のインターネットでの取次ぎ開始日時
平成21年11月30日(月) 午前8時00分

■ 取次ぎ銘柄数(今後、必要に応じて増減)
香港証券取引所メインボード上場のうち374銘柄
(ハンセン指数採用銘柄、H株銘柄、レッドチップ銘柄を含む)

上海証券取引所上場のB株全銘柄 54銘柄
深セン証券取引所上場のB株全銘柄 55銘柄

【現在取引可能な銘柄数と変わりなくお取引いただけます。】

■ 取次ぎ手数料
国内手数料……いずれの市場も約定代金に対して一律0.3675%(税込)

※ 現地手数料、現地印紙税等は別途徴収
※ 手数料計算の根拠となる約定代金(円建て)、現地手数料、現地印紙税等は、香港ドル建て(香港株・深センB株)、米ドル建て(上海B株)の約定代金、現地手数料等を当社が定める為替レートで換算して求めます。

 【たとえば、香港株で約定代金100万円の国内手数料が7,780円(税込)から3,675円(税込)へ52.8%の大幅値下げ】

〔参考:これまでの手数料体系〕
※添付の関連資料を参照

■ 情報
リアルタイム株価やチャートはもちろんのこと、複数の銘柄登録(最大50銘柄)、最新の配当状況など有益な情報が満載です。特に、企業情報は充実しており、取引チャンスを逃しません。同情報については、株式会社QUICKから当社オリジナルの情報として提供を受けています。

今後も、お客様の利便性を追求すべく、コンテンツの充実に努めて参る所存です。

 情報についての詳しい説明については、下記のホームページをご覧下さい。
http://www.iwaisec.co.jp/investment/q_asia/index.html

 取引についての詳しい説明については、下記のホームページをご覧下さい。
http://www.iwaisec.co.jp/pr_se/product/china/index.html

今年は、日経平均株価より中国市場の株価の方が調子がいいので、岩井証券としては中国株に興味がある個人投資家を、今のうちに取り込みたいのでしょう。

▼関連記事

楽天証券、「中国株アナリストレポート」を無料公開

上証50連動型上場投資信託が大証に上場、売買開始

大証、中国株連動ETFを制度信用銘柄に選定

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする