楽天証券、インド株ETFの取り扱い開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月6日、東京証券取引所が、インドの株価指数に連動するETFである「インドNIF」の上場を承認したと発表しました。インドNIFは、11月26日に上場します。インド株ETFの上場は国内初です。

上場するのは、野村アセットマネジメントが設定する「NEXT FUNDS インド株式指数・S&P CNX Nifty連動型上場投信」(略称がインドNIF)です。

銘柄コードは<1678>です。

インドNIFは、インド・ナショナル証券取引所上場の50銘柄で構成される株価指数「S&P CNX NIFTY」との価格連動を目指して運用されます。

さて、ここからが、この記事の本題です。楽天証券が11月25日から「インドNIF」の取り扱いを開始すると発表しました。11月25日の17時15分から注文が可能となります。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【11/26(木)上場予定】NEXT FUNDS インド株式指数・S&P CNX Nifty連動型上場投信の取扱いについて

楽天証券では、下記ETF1銘柄について、上場日の前営業日17時15分より、すべてのチャネルで注文を承ります。
なお、手数料は国内株式手数料を適用いたします。

【11月26日(木)上場予定】
NEXT FUNDS インド株式指数・S&P CNX Nifty連動型上場投信(略称:インドNIF 銘柄コード:1678)

NEXT FUNDS インド株式指数・S&P CNX Nifty連動型上場投信のパンフレットはこちら(東京証券取引所ホームページ)

▼NEXT FUNDS インド株式指数・S&P CNX Nifty連動型上場投信(略称:インドNIF 銘柄コード:1678)




















































取引方法 国内株式と同様にお取引いただけます。指値、成行注文の指定も承ります。
手数料 国内株式手数料と同じです。
注文受付予定日時 11月25日(水)17時15分から注文を承ります。(予定)
注文受付時間 国内株式と同じです。
取引チャネル web、MS、iSPEED、iモード、Yahoo!ケータイ、EZweb、PDA、電話、カスタマーセンター
受渡日 国内株式と同じです。
特定の指標 S&P CNX Nifty指数
売買単位 100口
計算期間 毎年8月11日から翌年8月10日まで

  • ※ただし、第1計算期間は信託契約締結日から2010年8月10日までとします。

分配金支払基準日 8月10日(計算期間終了日)
信託報酬 年0.9975%(税込)以内
その他のご注意

  • ※売買代金の受渡や配当金のお支払いはすべて円貨でおこなわれます。

  • ※特定口座(日本株)の対象となります。

  • ※信用取引でもお取引いただけます。また代用の評価対象となります。

  • ※外国証券取引口座の開設は必要ございません。



  • ※信用取引にて権利確定日を越えて買建をしている場合、信用建玉毎に1売買単位あたり52.5円の名義書換料(権利処理手数料)がかかります。

▼S&P CNX Nifty指数とは?

インドを代表する株価指数で、インド・ナショナル証券取引所に上場する銘柄のうち、時価総額、流動性、浮動株比率等の基準を用いて選定した50銘柄で構成されています。なお、当該指数対象銘柄の時価総額は、インド・ナショナル証券取引所の時価総額全体の65.34%を占めています。(2009年3月31日時点)

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

インドNIFは、信託報酬が年0.9975%と、ETFとしてはやや高めなのが難点ですね。

インドへ市場の長期投資を考えてる方には、中国・ブラジル・韓国・台湾・インド・ロシア等の新興諸国に投資できるETF「VWO (Vanguard Emerging Markets Stock ETF)」の方が長期投資に向いているかもしれません。VWOは信託報酬が年0.25%と安いので。

ただ、「インド市場にだけ投資したい」という人や「VWOのような日本円を米ドルに変えないと購入することができないETFに興味はない」という個人投資家にとっては、インドNIFは投資の選択肢の一つとなりうるでしょう。

▼参考記事

バンガード・エマージング・マーケット ETF (VWO)とは・・・ETF・インデックス投資を応援する 『わたしのインデックス』

バンガードの’新興国ETF’ VWOに投資しよう

▼関連記事

楽天証券とSBI証券、約47カ国に投資できる海外ETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)の取扱い開始

WTI原油価格に連動するETFが上場

楽天証券、ETFS社の貴金属ETF5銘柄取扱開始

マネックス、米国株&米国ETFの銘柄追加 ウォーレン・バフェットの会社にも投資が可能に

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする