マネックス証券とオリックス証券が合併、2010年5月めどに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券のマネックス証券オリックス証券が、2010年5月をめどに合併します。合併後の預かり資産残高は2兆1000億円超、証券口座数130万超と、オンライン証券業界で第二位になる見通しです。両社それぞれの親会社であるマネックスグループとオリックスが10月28日に合併の発表を行いました。

マネックスグループとオリックスによる証券子会社の統合および資本提携について(PDF)・・・マネックスグループのウェブサイト

まず、2010年1月17日に、オリックスが保有するオリックス証券株式すべてをマネックスグループに移転させます。同時にマネックスグループは受け取るオリックス証券株1株につき、自社株1.550株をオリックスに割り当て交付します。

これによりマネックスグループはオリックス証券を完全子会社にします。同時にオリックスはマネックスグループ株の22.5%を取得し、持分法適用関連会社にします。

下記リンク先のロイター・ニュースの記事で、マネックスグループの松本大社長が今後の手数料とシステム統合の時期について述べています↓

マネックスとオリックスがネット証券統合、中国ビジネスにも意欲

  ~~~前略~~~

マネックスグループの松本大社長は会見で、統合に関連し、現在マネックスより低いオリックスの手数料体系について、統合後2年間程度据え置く方針だが「どこかの段階での一本化を考えている」と語った。両社のシステム統合は、経営統合する2010年5月に完了する方針という。

また、合併を記念してか、マネックス証券が現金5000円プレゼントキャンペーンを開始すると発表しました。2009年10月28日~12月30日の間に新規に口座を開設し、5万円以上入金を行い、以下の商品のうち、いずれかひとつを1回以上取引すると現金5000円をもらうことができます。

・株式(現物)
・株式(信用)
・投資信託(MMF、MRFを除く ※1)
・FX(外国為替証拠金取引 ※2)
・中国株
・米国株(※3)
・債券
・先物・オプション

現金5000円プレゼントキャンペーンについて興味がある方は、下記リンク先のマネックスのページをクリックして下さい。

口座開設 5000円プレゼント キャンペーン・・・マネックス証券

私は、マネックスは最近、口座開設純増数が減っているので、いずれどこかの証券会社を合併もしくは買収するだろうと思っていました。

しかし、それがオリックス証券になるとは予想外でした。オリックス証券は今年、ジェット証券を吸収合併し、かざか証券を買収するというアグレッシブな動きを見せていたので、しばらくは独自路線を歩むと思っていたからです。

せっかくオリックス証券と合併するのだから、マネックス証券の手数料がオリックス証券並みに安くなればいいのですが、下記のマネックス証券の発表文を見るに、余り期待はできないようです。

マネックス証券とオリックス証券のウェブサイトに「合併についてのQ&A」が掲載されていたので、最後に、抜粋して載せておきます↓

マネックス証券株式会社 オリックス証券との合併に向けて

 ~~~前略~~~

上記ご案内に関するマネックス証券に口座をお持ちのお客様向けのQ&Aにつきましては、下記をご参照ください。

Q1. マネックス証券とオリックス証券の両社に口座がありますが、どうなりますか?(含むFX口座等)
A1. 合併によりどちらかの口座を存続させるか選択していただく必要がございます。改めて合併後にご案内させていただきます。

Q2. 合併にあたって、マネックス証券の口座に関して何か手続きは必要ですか?
A2. 両社に口座があるお客様以外は特別な手続きは必要ございません。

Q3. オリックス証券とは手数料率の水準も異なりますが、今後どうする予定ですか?
A3. 今回の合併により、マネックス証券の手数料率の変更は予定しておりません。

Q4. 2社合併による商品・サービスの拡充の方向性を教えてください。
A4. まずは双方のお客様に対し、従来提供されていなかった商品サービスを提供することを検討しますが、それに止まらず、両社のノウハウを活用して引き続き新たな商品・サービスを提供してまいりたいと考えています。

Q5. 合併に伴って廃止される商品やサービスはありますか?
A5. お客様に対する商品・サービスについては現在の商品・サービスを今まで通り継続いたしますので、ご安心してお取引いただけます。

Q6. オリックス証券に私の個人情報を提供しますか?
A6. システム統合等の目的以外にはお客様の個人情報は利用いたしません。

オリックス証券

マネックス証券株式会社との合併に向けてのQ&A

Q.合併にあたって、何か手続きは必要ですか?
手続き等は特に必要ございません。統合に係る必要な情報等は、郵送またはオリックス証券のホームページにて随時お知らせいたします。

Q.合併後、ウエブサイトの使い勝手は変わりますか?
システムについては合併時に一本化を図ることを想定しています。現時点においては、まだどちらのシステムに片寄せするか決定しておりません。お客さまに対する商品・サービス提供の観点からどちらに一本化するのが適切か慎重に見極めた上で実施してまいります。

Q.マネックス証券とオリックス証券の両社に口座がありますが、どうなりますか?(含むFX口座等)
合併によりどちらかの口座を存続させるか選択していただく必要がございます。詳細につきましては改めて合併後にご案内させていただきます。

Q.マネックス証券とは手数料率の水準も異なりますが、今後どうする予定ですか?
オリックス証券の株式(現物・信用)の委託手数料については、合併後約2年間程度従来の手数料体系を維持する予定です。その後については、現時点では決まっていません。

Q.2社合併による商品・サービスの拡充の方向性を教えて欲しい。
まずは双方のお客さまに対し、従来提供されていなかった商品サービスを提供することを検討しますが、それに止まらず、両者のノウハウを活用して引き続き新たな商品・サービスを提供してまいりたいと考えています。

Q.合併に伴って廃止される商品やサービスはありますか?
オリックス証券の商品・サービスについては極力現在の商品・サービスを継続される予定です。詳細は、今後詰めて行く予定です。

▼関連記事

ネット証券大手6社の口座開設数ランキング

オリックス証券、ジェット証券を吸収合併へ

オリックス証券、かざか証券のネット事業部門を買収 累計口座数で業界6位に浮上

松井証券は銀行の子会社になる予定なし 道夫社長のインタビューより

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする