楽天証券、「マーケットスピードFX」の無料ダウンロードを開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の10月に、当サイトで「楽天証券、自社開発のFX取引システムを2013年1月を目処にリリース。スマートフォン用FXアプリもリリース」という記事を配信しました。

「楽天証券が自社開発のFX取引システムを2013年1月にリリースする」という旨の記事でした。

楽天証券の新しいFX取引システムは2013年1月7日にスタートします。

現在、新しいFX取引システムは評価版しか運用されておらず、本番取引開始前となっています。

しかし、本番取引開始に先立ち 2012年12月12日に、新しいパソコン用のFX取引トレーディングツールである「マーケットスピードFX」がリリースされました。

windowsのパソコンを持っている個人投資家は、楽天証券のウェブサイトから「マーケットスピードFX」のプログラムをダウンロードし、インストールすることで、FX市場の情報閲覧が可能となります。

なお、2012年までは楽天証券において、マーケットスピードというトレーディングツールが株取引もFX取引も両方に対応していました。

しかし、2013年には、この従来から存在するマーケットスピードではFX取引ができなくなります(株は来年以降も取引可能です)。

来年には、パソコンのトレーディングツールでFX取引をしたい人は、マーケットスピードではなく、今回発表されたマーケットスピードFX」を利用しなければなりません。

株とFXのトレーディングツールが別々のものになるわけです。

▼関連記事

楽天証券、株取引の新手数料体系「超割コース」を12月に開始。 大口顧客の手数料を割引

マーケットスピードの無料利用条件の解説

楽天証券、信用取引の大口顧客の金利を引き下げ

GMOクリック証券、店頭FXのスプレッドを縮小 「豪ドル/円 1.0銭」

カブドットコム証券、店頭FXのスプレッドを引き下げ【ドル円0.5銭など】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする