BNPパリバ証券が株価操作の疑い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資系証券会社「BNPパリバ証券」が、ソフトバンク株【9984】をめぐって不正な取引をしていた疑いがあるというニュースが出てきました。

以下、読売新聞の記事からの抜粋です。

パリバ証券が株価誘導の疑い

 外資系証券会社「BNPパリバ証券東京支店」(東京都千代田区)が、株取引を成立させる意思がないにもかかわらず、ソフトバンク株の買い注文を大量に出し、ストップ高に株価を誘導していた疑いがあることが、関係者の話でわかった。

   ~~~中略~~~

 証券市場関係者によると、同支店は、顧客との契約に基づいてソフトバンク株を売買していたが、証券市場が閉じる直前、高値で1000万株以上の買い注文を出し、ストップ高にまで株価をつり上げ、取引を成立させなかった疑いが持たれている。その日の相場で売買の決済をすると、損が膨らむ恐れがあったため、値がつかないまま取引を終えることで、決済を翌日以降に延ばそうとしたとみられる。

ちなみに、BNPパリバ証券はアーバンコーポレーション株に関連する不適切な取引で、日本証券業協会から1億円の過怠金を科される予定となっています。詳細について興味がある方は、下記リンク先の記事をクリックしてみて下さい。

BNPパリバ、会員権6カ月停止へ=過怠金1億円-アーバン問題で日証協

私は今年で株式投資歴が7年になりましたが、相変わらず大手証券会社による株価操縦事件はなくなりませんね。下記リンク先の記事に出てくるような仕手集団もなくなりません。

早大投資サークルOBら3人、相場操縦容疑で逮捕 東京地検

個人投資家でデイトレーダーをやっている方は、こういった不正取引をやっている集団や、BNF氏のような天才トレーダーと同じ土俵で戦っているわけですから、なかなか大変な仕事だと思います。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする